2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 県境の花の寺“ツツジ編” | トップページ | 山王祭り・露店いろいろ »

2011年7月 7日 (木)

戸出七夕祭り

7月6日、高岡市の戸出七夕祭りへ出掛けてきました。
高岡市戸出地区は高岡市の南部にある旧街道沿いに発展した町です。昔の宿場町としての名残を残しているメインストリートに七夕飾りは飾られ、日本海側随一の七夕祭りと言われているそうです。

Dsc_4360_870x1280_10

通りには左右に七夕飾りが並び、七夕飾りのトンネルのようでした。

Dsc_4356_857x1280

今日は天気も良く、この七夕祭りも明日までとあり、七夕飾りを楽しむ方、露店を楽しむ方が大勢いました。この戸出七夕祭りには、家族連れや年配の方、子供さんを多くみることができ、昔ながらのお祭りの雰囲気が残っている素晴らしさがありました。まだまだ、こんなお祭りが残っている地区があることが嬉しかったです。

Dsc_4378_857x1280

少し話しはそれます。富山市の“山王祭り”(毎年6月1日、2日に開催)に毎年出掛けています。お祭り自体は昔から変りありませんが、近年、感じるのは“人が怖い”。人が多すぎるからではありません。いつ、どこかで暴動が起きそうな嫌な雰囲気を感じてしまいます。それに巻き込まれたくないとの意識が働いてしまい怖い。奇声が上がると、その方向へ周りの視線が集中します。これも数年前に起こった若者の暴動が今も影響しているんでしょうね。そして、それを自粛させようと警備している警官の数がやたらと多い。これは私だけの感情ではないようで、うちの奥さんも「怖いから帰ろう。」と言います。

Dsc_4388_857x1280

戸出七夕祭りに話しを戻します。暗くなってきたPM7:30に地元の女性による戸出音頭の街流しがやって来ました。ボーイスカウト(懐かしい)が整理する中、浴衣姿の女性と子供さんが踊りながら私の前を通りすぎて行きました。「唄いましょ・・・踊りましょ・・・戸出音頭・・・」 間違っていたらすいません。ユーモラスな歌とリズムに合わせて、ユーモラスな踊りの街流しでした。でも、ユーモラスな中に優しさが感じられる街流しでした。

Dsc_4432_857x1280

震災復興を願う飾り付けを多く見掛けました。
少しでも、天の川に皆さんの気持ちが届けばと思います。

« 県境の花の寺“ツツジ編” | トップページ | 山王祭り・露店いろいろ »

富山の祭り百選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576217/52138741

この記事へのトラックバック一覧です: 戸出七夕祭り:

« 県境の花の寺“ツツジ編” | トップページ | 山王祭り・露店いろいろ »