2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2日連続で海王丸パークへ | トップページ | 廻船問屋の残る古い町並み »

2011年7月20日 (水)

富岸運河の中島閘門

7月18日に2日連続で海王丸パークに向う途中に富岩運河の中島閘門(こうもん)に寄り道しました。

この中島閘門は昭和9年に富岩運河の上流の工場地帯からの物資の輸送に伴い設けられました。
中島閘門は富岩運河(全長5.1K)の中程(3.1K)の位置にあります。
二対の扉を開閉するパナマ運河方式で、上流と下流の水位の違い2.5mを調整します。
上流側扉と下流側扉の間の水位を調整して水のエレベーターで船を通します。
平成10年に昭和に建設されたものとして全国で初めて国の登録有形文化財に指定されております。


Dsc_4472_1280x856

私が到着して直ぐに扉が閉まり始めました。
通る船はいないようですが、サービスのデモンストレーションでしょうか。
右側に写っている操作所の中で男性の方が扉の操作をしておられました。
3分ほどで水の高さは上流側と同じ高さになりました。


Dsc_4485_1280x838_2
この写真の上流に富岩運河環水公園があります。中島閘門までは運河沿いに散策路が整備されており、散歩やランニングする方を見かけます。


残念ながら、この日は中島閘門を通る船を見ることはできませんでした。
現在は、物資の輸送はトラックに変わり、この閘門を通ることはないようです。
変わって富山県富岩運河環水公園から富山市岩瀬への観光水上ラインが、この閘門を利用しています。
富山市の新しい観光名所である富岩運河環水公園と漁師町・岩瀬の古い町並みのニヶ所を結んでいます。
失礼、この中島閘門も富山市の観光名所の一つでしたので三ヶ所の観光の名所でした。



皆さん、富岩運河環水公園にお寄りの際には、中島閘門の見学にお出掛け下さい。
又、お時間が許す方は、
富岩運河環水公園から運河を水上ラインで中島閘門を通って岩瀬カナル会館へ向い、漁師町・岩瀬の古い町並みを見学して岩瀬駅からLRTポートラムで富山駅北へ戻るコースはいかがでしょうか。
“運河の街・富山”を十分に満喫できると思いますよ。経験したことはありませんが。
今年5月には皇太子様も水上ラインに乗って中島閘門を視察されております。
7月30日(土)には、水上ライン就航2周年イベントが富岩運河環水公園で開催されます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

« 2日連続で海王丸パークへ | トップページ | 廻船問屋の残る古い町並み »

富山市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富岸運河の中島閘門:

« 2日連続で海王丸パークへ | トップページ | 廻船問屋の残る古い町並み »