2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 廻船問屋の残る古い町並み | トップページ | いたち川沿いの地蔵祭り »

2011年7月22日 (金)

富山市の岩瀬と新湊の内川

7月20日に富山市北部の岩瀬の町並みを訪れた際に岩瀬カナル会館周辺のボートの係留所を訪れました。

私の好きな風景として紹介させて頂きました「新湊の内川」との違いを確かめてみようと思いました。
どうして同じ港町なのに、内川のボートや漁船の係留している様子は素敵に見えるのでしょうか、何が違って見えるんでしょうか。


Dsc_4582_1280x857_3岩瀬カナル会館の後ろのボート係留場です。
台風6号接近中で空の雲の様子が
いつもと少し違って撮れています。


Dsc_4597_857x1280_9



8月12日に海王丸パークへ北前船「みちのく丸」が入港します。
14日には富山港に「みちのく丸」はやって来ます、又、岩瀬へ出掛けて来たいと思います。

残念ながら、岩瀬は、県内各地の港町で見掛ける係留場と同じでした。
今回、自分なりに解ったのは、内川の素敵は海や川や船ではなく、その周りの雰囲気が演出しているんでしょうね。
周りの建物の雰囲気と相まって一つの世界が出来ている。
そして、光の入り方や色合いがそれを更に演出しているのではないでしょうか




ある人は新湊・内川は、昭和レトロを感じさせてくれる場所といいます。
私には、なんだか日本映画や吉本新喜劇の舞台のようにも感じれます。
間違えた、私にとっては富山のベニスでした。







新湊内川の写真を4枚アップします、ご覧になって昭和を感じて下さい。

Dsc_3432_1280x856_4 
  Dsc_3439_1280x854_2

Dsc_4451_1280x857  Dsc_4454_1280x856

町の中心に川があって、その川は人々の生活に強い関わりを持っている。
そして、その川を誰もが大事に思っている、そんな町素晴らしいと思いますね。

そんな川を整備された新湊内川周辺の方々の情熱と努力に感動の念を抱きます。
・・・もちろん富山市岩瀬の方々の情熱も素晴らしいですよ。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

« 廻船問屋の残る古い町並み | トップページ | いたち川沿いの地蔵祭り »

富山市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山市の岩瀬と新湊の内川:

« 廻船問屋の残る古い町並み | トップページ | いたち川沿いの地蔵祭り »