2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« いたち川地蔵祭りもう一つの風景 | トップページ | 初めて見た内川の夜景 »

2011年7月30日 (土)

もうすぐ越中八尾おわら風の盆

今年もおわら風の盆の季節がやって来ます。


8月20日~30日が前夜祭、そして9月1日~3日が本番となります。

さて今年はどの日に八尾へ出掛けるか計画を立てないと。

昨年は、8月20日の西町
          28日の上新町
         30日の諏訪町の前夜祭に3
日間と、
本番は9月1日から3日までの全日出掛けました、出掛け過ぎでした。
行事協力金もたっぷり払わさせて頂きました。
でも協力金(数千円)以上の感動を十分に得ることができました。



Csc_0253_1280x852


今、県外の人に「富山県といえば何ですか」 と聞くと、
答える方の年代にもよりますが「おわら風の盆」 を上げられるようですね。
県外への出張の際にタクシーに乗って運転手さんと話しをすると、

「お客さん、どちらからおみえですか。」
「富山からです。」
「富山ですか。富山の八尾のおわらは良いですよね。行ったことありますよ。」

これまで何回か、そんな会話をしたことがある。
おわら風の盆は、富山に住む私達が思っているより県外の方にとっては
「富山県を著す代名詞になっている。」 ようです。


【昨年のおわら風の盆の日記を紹介させていただきます。】

H22年8月20日

おわら前夜祭初日、西町が今日の舞台でした。
この日は仕事終了後、会社の同僚2人と八尾に向いました。

井田川の横の駐車場に車を止め、禅寺橋を渡り坂道を登りました、西町は坂道を登りきった場所にあります。

Dsc_0186_855x1280_2


Dsc_0182_1280x832

前夜祭初日というこもあって、西町の通りは公民館前を中心に大勢の方が通りの両端を埋め尽くしていました。


Csc_0197_1280x853_3

現代っ子も編み笠を被ると本当に美しく見えます。

Csc_0243_1280x852_2

西町公民館前での和踊りです。見物客が何重にもなり取囲んでいました。

Dsc_0143_1280x857_2

鏡町では、おたや階段下で練習をしておりました。鏡町は女性の踊り手さん不足に悩む町内です。

SILVIAおじさんが、おわらに参加する11町内で一番好きなのは、実は鏡町です。
鏡町は、八尾が栄えた昔、お茶屋さんがいくつもあった花街だった町内です。


・・・続く。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

« いたち川地蔵祭りもう一つの風景 | トップページ | 初めて見た内川の夜景 »

越中八尾おわら風の盆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ越中八尾おわら風の盆:

« いたち川地蔵祭りもう一つの風景 | トップページ | 初めて見た内川の夜景 »