2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 初めての金沢21世紀美術館 | トップページ | 高知から八尾までよく来られました »

2011年8月23日 (火)

金沢ひがし茶屋街を歩くと・・・

6月5日に金沢へ出掛けた際にひがし茶屋街を見学しました。
金沢にはひがし茶屋街、にし茶屋街、主計町と3箇所の茶屋街が現在も残っています。
今回訪れたのは、その中で最も知られている ひがし茶屋街です。
近くには、浅野川が流れており情緒ある雰囲気を持つております。

Dsc_3673_854x1280
百万石まつり開催中で赤い提灯が軒下に吊るされていました。
皆さんもご存知の通り、金沢は観光都市です。
加賀百万石、前田家の歴史の名残が多く残っています。
金沢は加賀藩の歴史と文化、そして現代の文化が調和している素的な街です。

Dsc_3651_843x1280

東茶屋街見学中に聞こえた関西からのおばちゃん話しです、
「なんや祇園みたいやな?そやけど、この通りだけやわ。」
  
「ほんまやな、ちょっと横入ったら普通の家が続いとるわ!」
(全部関西弁ですよ。イントネーションは自分でお願いしますね。)

Dsc_3661_1280x829
そうなんですね、以前から感じていましたが、
京都と比べると金沢の観光箇所は何処も内容が浅いんです。
にし茶屋街は新しい町並みですし・・・。
長町の武家屋敷跡も歴史を感じさせる・・・?。
やっぱり京都と比べると見劣りしてしまいます。
「祇園と比べたらあかんわ、関西のおばちゃん!」 独り言です。
金沢にお住まいの方には大変失礼なこと言ってすいません。
でも兼六園はミシュランガイド三つ☆だけあって素晴らしいですね。

Dsc_3672_1280x855
東茶屋街で一番目立っていた“コールドパーマ”です。茶屋街のお姉さまの髪結いを一手に引き受けているんでしょうね。
ミシュランガイドの調査員の方は、本当に良く見て金沢に観光都市二つ☆付けているんですね、さすがです。
富山にはガイドに載るような観光地はありませんので☆は、全くありません。
最後に、
香林坊や片町の賑わいぶりは人口50万人以下の都市の中心部としては十分に発達していて、そんなに人口の変わらない富山市民からは羨ましく思います。
残念ながら、富山市は、広~く薄~く発達していて、何処が中心部なのか皆目判りませんもんね!

« 初めての金沢21世紀美術館 | トップページ | 高知から八尾までよく来られました »

県外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金沢ひがし茶屋街を歩くと・・・:

« 初めての金沢21世紀美術館 | トップページ | 高知から八尾までよく来られました »