2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« やっぱり素敵だった内川の夜 | トップページ | おわら風の盆(番外)「見逃した」 »

2011年8月 2日 (火)

幻想的で静かなお祭り風の盆

8月1日記事“おわらに恋した千葉の男性”の続き

H22年9月3日

おわら風の盆の三日目でした。
SILVIAおじさんは、奥さんと八尾に出掛けました。
今年前夜祭から6回目の八尾入りでした。
「そんなに“おわら”が好きなら八尾に引越したらいいのに。」 と奥さんは呆れています。
でも考えてみたら、うちの奥さんも今年3回目の八尾入りですね。
そうだね・・・。」 でも、そんなことはできません。


夜に演じられる“おわら”は三味線や胡弓の音、唱と踊りが相まって幻想的な哀愁の世界が堪能できます。

Dsc_0305_857x1280_2

 Dsc_0188_1280x857

9月3日夜に、
御旅屋階段下の踊り場で撮影しました。
大好きな鏡町の最高の見せ場を目の前で撮影しました。



  Dsc_0291_1280x857_2

昨年、“城端のむぎや祭り”を初めて見学する機会がありました。
“むぎや”も富山を代表する民謡の一つですので想像していた以上に楽しませて頂きました。
でも、規模や運営面で全国区の“おわら”と地方区の“むぎや”を実感したのも事実でした。
おわら風の盆を未だ見たことのない方にSILVIAおじさんは、
「おわらは、人生終わるまでに一度は見ておくべきだよ、それぐらいの価値があるよ。」 との話しをします。

  Dsc_0445_857x1280

下新町の八幡社境内前のステージで撮影しました。

Dsc_0443_857x1280

皆さんは、お祭りは「華やかで賑やかしい」ものを想像されると思います。
でも、おわら風の盆は「静寂な中で踊る幻想的なお祭り」なんです。
おわら風の盆の他に、こんな祭りが全国の何処かにあるでしょうか。
私は、きっと他には何処にも無いのではと思います。
だから、これだけ全国から観光客が来られるのではないでしょうか。


富山県を代表する風景であり風物詩であるのは間違いないと思います。 

終わり。                              H22おわら風の盆(番外)へ続く。 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

« やっぱり素敵だった内川の夜 | トップページ | おわら風の盆(番外)「見逃した」 »

越中八尾おわら風の盆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幻想的で静かなお祭り風の盆:

« やっぱり素敵だった内川の夜 | トップページ | おわら風の盆(番外)「見逃した」 »