2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 文豪達が愛した城崎は素敵だった | トップページ | 立山信仰の山間の町にある神社 »

2011年8月16日 (火)

下駄の鼻緒が痛かった外湯巡り

「文豪達が愛した城崎を訪れて」の続き

城崎温泉と言えば外湯巡りが有名です。
宿泊した旅館で、借りた外湯巡りセットを持って出掛けました。
旅館の浴衣と下駄で外出しましたが、下駄に慣れていませんので歩きにくかったこと。
「下駄の歯が高いよ、雪駄でいいのに!」 と思いながら歩いていました。
途中まで来た所で、カウンターに置いてあった外湯入湯チケットを
取って来るのを忘れたことに気が付き・・・・・・疲れた!(。>0<。).

Dsc_0278_905x1280

城崎温泉には七つの外湯がありました。
最初に訪れたのは、城崎温泉の街の中心にある「一の湯」でした。
一の湯は一番に入るべきと勝手に思いました。二の湯があるわけではありません。

Dsc_0380_1280x857

一の湯さんです。城崎温泉街の最も目に付く場所にあります。

一の湯のお湯は熱くはありませんでした。
入浴中の方は話し方や言葉から、関西圏からの観光客と思われる方が多く入っておられました。
城崎温泉が、関西の奥座敷と呼ばれているのを思い出しました。

Dsc_0363_1222x879_3

湯上り後に橋の上で涼む女性です。
やっぱり女性の浴衣姿は絵になります。( ^ω^)おっおっおっ。
こっそりと後ろ姿を撮影させて頂きました。

Dsc_0291_855x1280

城崎温泉では、七つの外湯を全部訪れると記念品が貰えるそうです、頑張りましょう。
でも、既にそんな体力は残ってはいませんでした。
「一の湯」の次に向ったのは「御所の湯」でした。


Dsc00378_1280x959_4


翌日の朝に撮影した御所の湯です。平成17年に新築されたそうです。

御所の湯は建物も新しく人気の外湯のようで混んでいました。
入口の履物のお世話の方は、
お客様の浴衣を見て片付けてあった、お客様の旅館の下駄を出してきます。
その手際の良さが職人を感じさせました。(*^ー゚)bグッジョブ!!

最後に「まんだら湯」を訪れました。
その頃には、もの凄い眠気に襲われており、
履き慣れない下駄の鼻緒が既に痛くなっておりました。
「まんだら湯」を最後にすることを決めました、残念。
まんだら湯では、時間が遅かったこともあり、
近くのお店の方も入って来られ地元の方々の話を、
こっそりと楽しませて頂きました。


天橋立と城崎温泉の一泊二日の旅でしたが、
一度はこの地域を訪れてみたいと以前より思っていた満足行く旅でした。
この地域は富山からだと、もう行けない所かもしれませんね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

« 文豪達が愛した城崎は素敵だった | トップページ | 立山信仰の山間の町にある神社 »

県外」カテゴリの記事

コメント

この夏に 行こうと思ってましたが 交通の便悪くて時間かかるので あきらめました

行きたいなあ!!城崎 いいですよね

本当ですよね ここまでは ナカナカ 行けませんよね。
でも、SILVIAおじさん この先の 松江や萩、津和野に 一度は行ってみたいんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下駄の鼻緒が痛かった外湯巡り:

« 文豪達が愛した城崎は素敵だった | トップページ | 立山信仰の山間の町にある神社 »