2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 彼も行っていた東新町前夜祭 | トップページ | 飛騨高山は夜も朝も早いんです »

2011年8月26日 (金)

雨の高山は最高に素的だった

8月20日、岐阜県の高山へ一泊二日の旅に出掛けました。
飛騨古川に立ち寄ったあと高山を目指しました。
雨が降っていましたので、宿泊先のホテルに直ぐにチェックインしました。
雨が小降りになるのをホテルの中で待って、午後4時過ぎに古い町並み観光へ出掛けました。

高山へはもう何回来ているでしょうか。
年に2回を20年で40回、もう少し多いかな50回以上でしょうか。この町が好きなんですね。何度来ても飽きませんし、何だか高山へ来るとほっとします。

Dsc_4951_1280x856

朱色の橋「中橋」です。
今日はライトアップの予定ですが、この雨で予定通り行われるのでしょうか。

高山へは50回以上来ていますが、高山に宿泊するのは今回が2回目になります。
高山から富山市内へは1時間30分ほどで帰れますので、宿泊を考えることはなかなかありません。
もっと近い観光都市の金沢には、一度も宿泊したことはありません。
いつも日帰りで来ておりますので、午後4時過ぎには高山を出発して行きますので、夕暮れの古い町並みを見るのは今回が初めてでした。

Dsc_4955_841x1280_2
そして雨の高山も今回が初めてだと思います。
天気予報を見て出掛けて来ますので、雨の日には来ることはありませんでした。
でも雨の高山の古い町並みも本当に素的でした。

Dsc_4941_1280x837_2
Dsc_4942_1280x867
いつもは大勢の観光客と観光客が利用するお店で賑わう古い町並みですが、今日は、営業を終了しているお店や閉店の準備をしているお店で古い町並みは雨と合わさって静かでした。古い町並みに明かりが入ってきて素的さが増してきました。

Dsc_4936_1280x852
Dsc_4952_857x1280_2
閉店準備をしていた若い女性に聞いてみました、
「閉店時間は何時ですか?」
「この辺(へん)は、だいたい、このぐらいの時間で皆さん店閉めますよ。」


Dsc_4964_1280x857
驚きました、何かと言うと、
「この辺(へん)は」 これは富山弁だと思っていました。高山でこの言葉を聞くとは思いませんでした。
昔、富山から高山へ運ばれた塩ブリと一緒に方言も入ってきたのでしょうか。
「この辺は」 の意味がお解りになりますか、「この辺りでは」 これが一番適当かと思います。(でも全国で使われている言葉なのかな?)

Dsc_4958_1280x856
もう一つは「だいたい、この時間・・・。」 閉店時間は決まっていないのでしょうか。
それに、今は5時半過ぎで、少し早くな~い。

Dsc_4966_1280x855
6月に来た時には工事中だった鍛冶橋ですが、完成した鍛冶橋には新しいモニュメントがありました。「さるぼぼ」でしょうか?

Dsc_4967_1280x856
高山ラーメン店の「鍛冶橋」です。いつもは大勢の方が店の前で列を作ります。
ホテルの食事の時間になりましたのでホテルへ戻ることとしました。
今日から八尾で“おわら風の盆”の前夜祭が始まっていました。・・・続く。

« 彼も行っていた東新町前夜祭 | トップページ | 飛騨高山は夜も朝も早いんです »

県外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の高山は最高に素的だった:

« 彼も行っていた東新町前夜祭 | トップページ | 飛騨高山は夜も朝も早いんです »