2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 月見のおわらへ行きました(その壱) | トップページ | 月見(その参)フラッシュ男に叱ってやりました »

2011年9月26日 (月)

月見のおわら(その弐)これは見世物おわら

9月23日に月見のおわらへ出掛けた記事を書かさせて頂いております。

各町内の町流しがスタッフの誘導で始まりました。
SILVIAおじさんの周りの観光客は、八尾を訪れるのも、“おわら”を見るのも初めてではないようでした。
そう言えば、曳山会館でツアーのスタッフが言っていましたね、「第14回 月見のおわら開催します」と・・・。
SILVIAおじさんは、2回~3回目と思っていましたが。
いつのまに、そんなに回数を重ねていたのでしょうか!



Dsc_1557_1280x846

Dsc_1560_1280x848
ツアーの中には月見のおわらしか見たことのない人もいるでしょうね。遠くから来てカワイソウに!
「皆さん、本祭と月見のおわらを一緒だと考えてはいけませんよ。」
と大きな声で叫びたいくらいでした。

この月見のおわらは、風の盆とは明らかに違います。
これはツアーに参加された観光客におわらを見せるだけの
「見世物おわら」でした。

Dsc_1595_1280x848
確かに「踊り出発点」と書かれていますし、スタッフが「何時から踊ります。」と説明して回りますので、
踊りを見ることが出来なかったとの苦情はでないでしょうね。

Dsc_1599_1280x848
でも決められた出発点から終わり点まで、決められた時間に移動しているだけでした。
情緒なんか、どこにもありませんでした。
でも周りの人からは

「やっぱり情緒があっていいね。」との会話が聞こえます。
SILVIAおじさん「何処に?」と聞いてみたかったです。

Dsc_1628_1280x848
参加していた踊り手や地方衆の人数は本祭と変わりありませんでした。
でも、地方衆は若手が・・・大御所は目に付きませんでした。
やっぱり各町内会も気合の入り方が違うのでしょうね。

月見のおわらは、観光客への
「ニセモノおわら」・・・間違いました「見世物おわら」でした。
来年は・・・行くことはないでしょうね。 ・・・続く。

« 月見のおわらへ行きました(その壱) | トップページ | 月見(その参)フラッシュ男に叱ってやりました »

越中八尾おわら風の盆」カテゴリの記事

コメント

SILVIAおじさんさま
今、八尾ではこんな催しが有るのですか!!
Merit有るんでしょうかねぇ~?

今晩は、メリットは、さて何でしょうね?
地元には良い収入源でしょうね。
でも見ていて、「おわらはこんなものか」と誤解されないかと思いました。

今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月見のおわら(その弐)これは見世物おわら:

« 月見のおわらへ行きました(その壱) | トップページ | 月見(その参)フラッシュ男に叱ってやりました »