2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 天満町の踊りは評判通りだった | トップページ | 踊り好きな郡上八幡のおじさん »

2011年9月 5日 (月)

福島の2日目最後の踊り見ました

前記事「天満町の踊りは評判通りだった」の続き、
9月2日になります。
天満町を後にして、もう一度、坂の町を目指しました。心の中では「無理だろうな」と分っていながら、自分の目で確認しないと気が済まないSILVIAおじさんでした。今町の聞名寺を過ぎたとこで確認できました。何もやっていません。今、登ってきた坂を戻りましょう。午後11時半が過ぎていました。
坂を下り終えて福島の公民館の横を通った時に公民館から出て来る地方衆を発見しました。

今から本日最後の踊りをするそうです。なんと偶然!そして、なんとSILVIAおじさんの運の強いこと自分でもビックリ!勿論、一番最初に気が付いたSILVIAおじさん一番前の位置をキープしました。

Dsc_1141_1280x848
静かな踊りの中にある躍動感ある所作をうまく撮影できました。
公民館下の駐車場での踊りでしたが素的でした。こんな雨の中、2町内を見れるなんて思いませんでした。

Dsc_1139_848x1280
最後はSILVIAおじさんが好きな唄の「浮いたか瓢箪軽そうに流れるる、行き先知らねや、あの身になりたや。」 で終わりました。車を出発させたのは午前0時20分でした。 終わり。

« 天満町の踊りは評判通りだった | トップページ | 踊り好きな郡上八幡のおじさん »

越中八尾おわら風の盆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島の2日目最後の踊り見ました:

« 天満町の踊りは評判通りだった | トップページ | 踊り好きな郡上八幡のおじさん »