2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 犀川から見る金沢片町方面 | トップページ | 有峰林道は今年も素晴らしかった »

2011年11月 1日 (火)

室生犀星記念館を見学する

先日、金沢の西茶屋街を見学したあと、10分程歩いて千日町の室生犀星記念館に向かいました。室生犀星は金沢の三文豪の一人です。SILVIAおじさんは室生犀星の小説は読んだ事もありません。赤川次郎や山村美紗、西村京太郎の小説がSILVIAおじさんは好きです。
SILVIAおじさん推理小説・・・大好物です。秋の夜長、読書に耽るのも良いですね。


室生犀星記念館は犀星の誕生の地にあります。犀星は明治22年、この地で生まれました。生まれてまもなく、この近く犀川大橋のたもとにある雨宝院にもらわれたそうです。

Dsc01501_1280x960
長町高等小学校へ通いますが4年で卒業のところを2年あまりで退学。12歳で金沢地方裁判所に就職、雑用のような仕事に付いていました。

Dsc01490_1280x935_2
17歳の時、犀星のペンネームを使い始めています。20歳で裁判所勤めを辞め、明治43年に21歳で上京。

Dsc01496_1280x960
29歳で詩集「愛の詩集」と「抒情小曲集」を出しました。「愛の詩集」を出すとすぐ、文通していた金沢の女性 とき子と結婚しました。

Dsc01491_1280x960
30歳で「中央公論」に初めての小説「幼年時代」が掲載されました。大正12年に関東大震災に遭い家族とともに帰郷

Dsc01493_1280x960

昭和10年、46歳の時に連載した「あにいもうと」で第1回文芸懇話会賞を受賞。翌年、映画化されました。

Dsc01494_1280x959
昭和32年、68歳で連載「杏つ子」で第9回読売文学賞を受賞。

Dsc01497_1280x934
SILVIAおじさんが生まれる前の昭和37年3月26日に死去されました。(記念館で頂きました略年譜より掲載しました。)最後に犀星が生後まもなく貰われた雨宝院前にあった、お地蔵様の写真を掲載します。

Dsc01487_1280x959
お地蔵様は立派な鉄の屋根付でした。珍しい!コンデジ撮影の写真を、ご覧頂き有難うございました。

« 犀川から見る金沢片町方面 | トップページ | 有峰林道は今年も素晴らしかった »

県外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 室生犀星記念館を見学する:

« 犀川から見る金沢片町方面 | トップページ | 有峰林道は今年も素晴らしかった »