2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 城端の古刹 城端別院 善徳寺へ | トップページ | 宇奈月のトロッコ列車を撮影に行く »

2011年11月 6日 (日)

越中の小京都 城端の風景

10月29日に城端へ立ち寄りました。
城端で食事と考えていましたが、どこに入ればいいのか分りませんでした。結局、見付けたスーパーでおにぎりでも買って食べることにしました。お寿司コーナーや惣菜コーナーで三角おにぎりを探しましたが置いてありません。「城端の人は三角おにぎり食べないのかな?」 勤め先に城端の人が何人かいますので小さい声で・・・。スーパーの前にあったローソンにすれば良かったかなと少し後悔。(´;ω;`)ウウ・・・。特売していた298円のサラダ巻き寿司を2個買って車の中で、奥さんとお昼にしました。



城端の中で見付けた素的な風景を写真に撮りました。宜しかったらご覧下さい。


  Dsc_2061_1280x848_2
1枚目は以前も紹介しました坡場の坂の前から見える風景です。長野の小布施の景色に似ているように見えます。この屋根は蔵のようですが、周囲を見て来ましたが何の蔵か判かりませんでした。


  Dsc_2058_1280x848_2
城端別院 善徳寺の本堂です。井波の瑞泉寺本堂に比べて、かなり小さめでしたが立派な本堂でした。


  Dsc_2044_1280x848_1280x848
今回見学して初めて分かった事があります。3枚目写真の蔵回廊は素的な風景が残っていると思っていました。でも、違っていました。ガッカリです。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。曳山会館のコンクリートの建物の裏側を回廊風にデコレーションした風景でした。(つд⊂)エーン。

むぎや祭りの時も、皆さんあまり、ここでは写真撮っていませんでした。皆さん、知っていたのですね。そう言えば、コンクリートの部分が板の部分に比べて、やけに白かった!

Dsc01532_1280x909
JR城端線の終着 城端駅です。「城端インフォメーションだそうです。

« 城端の古刹 城端別院 善徳寺へ | トップページ | 宇奈月のトロッコ列車を撮影に行く »

南砺市」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
立派な蔵は、曳山用ですか?
北陸方面へは、あまり行ったことがありませんが、歴史的な町並みが多いですね!

シギーさん、有難うございます。一枚目の写真の蔵は曳山とは関係なさそうです。
絹工場という人や、醤油工場という人もいますが分かりませんでした。
富山県は元々が加賀前田藩100万石だった地ですので歴史あるものが県の西側に多く残ります。
逆に東側は、どちらかと言うと東日本の影響を受けています。
同じ県で東側と西側で文化が大きく違うんですよ。
食べ物の味付けも東側は関東系の濃い口ですが、西側は関西系の薄口です。
県の中で味付けを分けるラインがあるんですよ。SILVIAおじさんは東側に住んでいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 越中の小京都 城端の風景:

« 城端の古刹 城端別院 善徳寺へ | トップページ | 宇奈月のトロッコ列車を撮影に行く »