2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 越中の小京都 城端の風景 | トップページ | 四季彩館前の赤と黄のコントラスト »

2011年11月 7日 (月)

宇奈月のトロッコ列車を撮影に行く

11月6日、宇奈月温泉へ向いました。
出発する時には富山市内は小雨でしたが、高速道路を進むにつれて雨の勢いが強くなってきました。降水確率90%です、天気は最初から諦めていました。雨でも、霧と紅葉のコントラストを撮影するのも悪くないとプラスに考えましょう。それよりも目標がありました。


宇奈月温泉街に入っても雨は降り続いていました。当分は上がりそうにはありませんでした。(最初の一枚のみデジイチ撮影です。後は雨の為、コンデジに切替ました。(´;ω;`)ウウ・・・。)

Dsc_2076_1280x821
とちの湯の駐車場から撮影しましたが、黒部川に水がありませんでした。何度も来ていますが、こんな事は初めてです。工事をやっているんですね・・・残念!

Dsc01594_1280x959

Dsc01598_1280x959

移動して黒部ダムから宇奈月温泉街の方向を一枚。出来たら次回は、ゆっくりと温かい湯船に浸かりたいものです。

Dsc01599_1280x943
何時も、このトンネルを通って温泉街へ向います。トンネルの入口には「クマ注意」の看板が・・・いつも置いてありますね。

Dsc01614_1280x960
何時もは、トンネルの中に人がいますが、今日は天気が悪いからか誰もいませんでした。クマさんが雨宿りしていないよう祈りながら、大きな声を出して進みました。

Dsc01613_1280x960
修理が完了した山彦橋でしたが、山彦橋とトロッコを撮影するカメラマンも一人もいませんでした。

Dsc01606_1280x960_2
富山地方鉄道の宇奈月温泉駅前にやって来ました。温泉噴水に手で触れると冷たくなった体を少し温めてくれました。

Dsc01607_1280x960
温泉街の中の休憩所にあった足湯で体を休めると足元から体全体がポッカポッカしてきて・・・元気が戻ってきました。では、トロッコの写真を撮りに来た道を戻りましょうね。

Dsc01601_1280x941
トロッコの駅前には、沢山の観光バスが・・・20台以上は止まっています。団体客さんはキャンセルは、なかなか出来ませんね。遠くから来られて、この天気は本当に申し訳ない。見たバスで一番遠くから来ていたのは宇都宮ナンバーでした。でも、中国語or韓国語の団体がいましたので、もっと遠いですね!天気が良かったら最高だったのにね。

Dsc01609_1280x960
12時50分発の欅平行きのトロッコです。カッパを着てトロッコに乗り込んでいる団体客さん、トロッコからの写真撮影は、とても無理ですね!風邪を引かないで下さいね!
「きっと、終点の欅平周辺は霧で何も見えませんよ!」
雨の中の宇奈月温泉街周辺の紅葉見学でしたが、3年連続で紅葉見物に訪問することができ、一応目標は達成できたと満足感がありました。
最後に、今年の宇奈月温泉周辺の紅葉は、正直よく分かりませんでした。

« 越中の小京都 城端の風景 | トップページ | 四季彩館前の赤と黄のコントラスト »

黒部市」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
あいにくの天気だったようですが、1枚目の写真は、霧の筋が幻想的でいい雰囲気ですね~
宇都宮からも観光客が来られているんですね。
ちなみに、宇都宮も日曜日は雨でしたね~

シギーさん、宇都宮からはバスだと何時間掛かるんでしょうね?
宇奈月温泉の場所は黒部市で、黒部ダムへの憧れもあるのでしょうか
沢山の観光客で賑わいます。でも、トロッコに乗っても、ダムへは行けませんよ。
この近くに新幹線の駅が建設されます。東京駅からは1時間40分で到着するそうですよ。
本当に東京が近くなります。でも、今も飛行機で1時間以内ですが・・・
富山から東京出張は日帰りしか認めてもらえません。(´Д⊂グスン

トンネルで 熊注意って・・・。こわい!

宇奈月は いったことないんです
富山にいたのにね・・・。私って・・・。とほほ
1回行ってみたいです  雪見温泉いいかも

県西部の方にとって温泉というと庄川温泉郷ですね。
庄川温泉では、夢つづりがいいですよ!
宇奈月温泉はお勧めしますよ!温泉街が近付いて来るとワクワクします。
黒部峡谷の小さな地域に温泉宿が集中していて温泉街の雰囲気満載です。
最高級は延対寺荘になります。社長さんの名前が延対寺さんです。
高岡出身の方ですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇奈月のトロッコ列車を撮影に行く:

« 越中の小京都 城端の風景 | トップページ | 四季彩館前の赤と黄のコントラスト »