2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« となみ散居村ミュージアムへ行く | トップページ | 夜高行燈が飾られていました »

2011年12月 6日 (火)

ますのすしミュージアム

平成の大合併で、もの凄く大きくなった富山市は実質的には、北部地区/中央地区/南部地区に分かれているように感じます。
中央地区の少し南側に住んでいますが、自分が住む地区以外については殆ど知りません。
北部地区や南部地区の小学校の名前や町名を言われても・・・知りません、聞かれても・・・分かりません。
同じ富山市の方に「富山市の○○町です。」と挨拶されても、「それは何処ですか?」と聞いてしまいます。
・・・ゴメンなさい。



先日、寺家公園へ紅葉を撮影に行った帰りに立ち寄りました。
富山市の南部地区にあります「ますのすしミュージアム」です。

何回かここを訪れたことがあります。
富山では、ますのすしでは最大手の源さんが運営されています。
中にはレストランや直売所が併設されており、県外からの観光客の方のお食事処になっています。

Dsc01659_1280x960
Dsc01658_2

Dsc01654_1280x960  Dsc01655_1280x960_3

Dsc01650_1280x960_2
ミュージアムの中では駅弁の歴史や昔の弁当箱が展示されていました。
ガラス越しに“ますのすし”の製造工程を見ることができます。


Dsc01651_1280x951
実は学生時代にアルバイトで、ますのすしの製造の仕事をしたことがあります。
木で出来た器に笹を引き、酢メシを入れます。次に調理済みのますを載せて笹で包みます。
木の蓋をしてゴムで止めて、重りで押し込んで完成です。
担当したのは、ゴムで止めて重りをのせる係りでした。
でも、結構大変な作業でした。


Dsc01652_1280x960
以前から思っていましたが、富山の特産品“ますのすし”をPRするのに富山市のまちなかに“ますのすしロード”を整備してはどうでしょうか!きっと大勢の観光客が訪れますよ。良い案だと思いますが・・・。

« となみ散居村ミュージアムへ行く | トップページ | 夜高行燈が飾られていました »

富山市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ますのすしミュージアム:

« となみ散居村ミュージアムへ行く | トップページ | 夜高行燈が飾られていました »