2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ますのすしミュージアム | トップページ | ヒスイ海岸と北陸道の難所・親不知 »

2011年12月 7日 (水)

夜高行燈が飾られていました

夜高は砺波地区の春に行われる田祭りです。
夜高行燈を男達が激しくぶつけ合い、壊し合うことから、「喧嘩祭り」としても知られています。
砺波市の出町地区、砺波市の庄川地区、南砺市の福野地区、小矢部市の津沢地区で行われています。
ここには南砺市福野地区の行燈が飾られていました。

地元の方は、この夜高に男も女も子供も熱狂します。
紙で作る行灯は壊れてもいいように何台も作ります。
地区によってはヨ~タカと呼ぶそうです。
そして、ぶつけ合うことを「喧嘩」と言います。
夜に浮かび上がる行燈の灯かりが綺麗だそうです。
近年は電球からLEDライトへ切り替えられているそうです。

Dsc01656_960x1280
残念ながら、夜高は一度も見たことがありません。
まさか、ここで見たことが無かった夜高行燈を見れるとは思ってもいませんでした。
でも、思っていたほど大きな山車ではありませんでした。

Dsc01661_1280x960_2
庄川の水記念公園の施設にあった夜高行燈です。
これは子供が曳く子供行燈だと思います。でも見たことはありません。


機会を作って夜高を見に行きたいと思いますが・・・。何処の夜高がいいでしょうか!
津沢地区が素晴らしいとの話しを聞いたことがありますが・・・
来年も呉西地区へ出掛ける機会が増えそうです。

« ますのすしミュージアム | トップページ | ヒスイ海岸と北陸道の難所・親不知 »

富山市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜高行燈が飾られていました:

« ますのすしミュージアム | トップページ | ヒスイ海岸と北陸道の難所・親不知 »