2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 夏の風物詩「たてもん祭り」 | トップページ | クリスマスには田尻池の鴨 »

2011年12月23日 (金)

千光寺へ続く階段とお釈迦様

以前撮影しました写真で今週は魚津市を紹介しています。
魚津市の小川寺で撮影しました。真言宗の「千光寺」へと続く階段です。この階段を上がった先には〇〇石像が鎮座しています。写真を撮影しましたがHDDに残っていませんでした。きっと、皆さん驚くと思いますよ、機会がありましたら是非一度ご訪問下さい。観音堂には金銅千手観世音菩薩立像が安置され、17年に一度開帳されています。

Dsc_2519_857x1280
昔、千光寺は16の宿坊を有していました。天文20年(1551年)、長尾景虎(後の上杉謙信)が魚津城を攻めた際に魚津城城主が千光寺に逃げ込んだところを攻撃し13の宿坊が焼失しました。存続しているのは観音堂のほか、心蓮坊、光学坊、蓮蔵坊の三坊です。
滅ぼされていなければ、きっと周辺地域を含めて「魚津の寺町」として注目されていたでしょうね!
千光寺の近くで見掛けましたお釈迦様です。道路を歩きながら塀越しに見えたお姿を撮影しました。

Dsc_2515_857x1280
お釈迦様の足元で手を合わせる二人の老女の姿が印象的です。

話しは変わりますが、
先日、仕事中に魚津市から富山市に転居を考えている若い男性に質問されました。
「富山市内に住むのは何処がいいでしょうか!」

「それは最低でも環状線の内側だね。できたら街中か、その周囲が便利で暮らし易いよ!」
「でも富山の街中は土地が高いじゃないですか!どうしても郊外を考えてしまいます。」

「環状線の外側は郊外に行くほど不便な生活になるよ!それに山沿いになると熊が出るよ!」 
・・・ちょっと冗談言い過ぎたかなと思ったら、
「魚津は何処で熊が出るか分かりませんから、それは気にしません。」 と返って来ました。
彼は、何処に住宅を新築するのでしょうか!
「海沿い」、「街中」、「郊外」と「山沿い」で全くライフスタイルが異なってしまうほど大きな富山市です!

今週は魚津市を紹介しました。魚津には訪れたことのない素的な路地や商店街が、まだまだ沢山あります。

« 夏の風物詩「たてもん祭り」 | トップページ | クリスマスには田尻池の鴨 »

魚津市」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今も昔も争いごとはだめですね~
どこの国も戦争で失ったものは、大きいですよね~
タリバンによるバーミアンの遺跡の破壊も記憶に新しいですよね!

こんばんは。
バーミヤンの遺跡は残念ですね。壊すのは本当に一瞬ですからね。
越中は上杉謙信が京に進む重要地点でした。
上杉軍によって落ちた魚津ですが、やがて秀吉に攻められ魚津城で篭城し重要な家臣を失います。
上杉には南にいる武田の動きや、治めた越後の動きが脅威で援軍を出すのが遅れたようです。
SILVIAおじさん、昔から思っていましたが、
謙信が京に上るのは距離があり、難所があり、難敵がおり、最初から無理だったと考えます。

ほんとですね
ライフスタイルが 変わってしまうから、住居は慎重に決めたいですね♪

自分のライフスタイル大事ですよね!
本当に富山市は大きすぎです。同じ富山市でも5割以上が知らない所になります。
5っ程の区にでも分けてもらいたいです。仕事で役所の出先周りが大変です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千光寺へ続く階段とお釈迦様:

« 夏の風物詩「たてもん祭り」 | トップページ | クリスマスには田尻池の鴨 »