2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 出初式で見た消防団の勇姿 | トップページ | 「森家」の床の間の鏡餅 »

2012年1月10日 (火)

座るとこが少ない洒落たバス停

今週と来週は富山市を紹介する予定でしたが、不思議なほど富山市の写真がありません。
近くですので撮影に出掛けながらの紹介となりますので、お休みを入れての2週間です。

富山市のいろいろな場所で撮影した写真を一枚紹介します。

いろいろ写真その1は「富山市の街なかのバス停」を紹介します。
富山市役所前の富山地鉄バスのバス停の写真です。

Dsc_5377_1280x857
街なかのメインストリートのバス停が、お洒落に整備されました。
街なか再生の一つでしょうね!既に街なかの多くのバス停が生まれ変わりました。
このガラス張りのバス停ですが高いでしょうね!一箇所で百万円はするでしょうね?エッ、それ以上!
お洒落で魅力的な街に生まれ変わるんなら、ドンドン税金を使えば良いと思いま~す。
市街地に住む人はSILVIAおじさんと同じ考えと思いますよ!
でも市街地を外れるとバス停は鉄の案内板が置いてあるだけです。

« 出初式で見た消防団の勇姿 | トップページ | 「森家」の床の間の鏡餅 »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

だんだんバス停もかわっていかないと、車が普及して乗客が減るし、公共施設に頑張ってもらわないとね!あ、地鉄だったけ。高岡は 加越能だったよね。
頑張って、ほかのバス停もキレイにしてってほしいですね

同感ですね。車だよりの生活から抜け出したいよね!
高原 兄さんがテレビで毎日「車の使い方考えんまいけ!」と言っていますが
そんなこと考えている人はいないですね。
このバス停も、北陸新幹線開業に向けた街なか整備ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 座るとこが少ない洒落たバス停:

« 出初式で見た消防団の勇姿 | トップページ | 「森家」の床の間の鏡餅 »