2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« おわらの里の雪景色 | トップページ | 左義長まつりへ行きました »

2012年1月14日 (土)

ご無沙汰の桜木町を撮影

先日開催された富山市消防団の出初式に出掛けた際に朝の「桜木町(ちょう)」を撮影しました。

いろいろ写真その4は「富山市の歓楽街」です。
SILVIAおじさん、かなりの期間「桜木町」は、ご無沙汰しております。
富山城址公園の向かい側の区画で、松川を挟んで富山市役所の南側に桜木町はあります。


Dsc_5347_1280x857
料亭、割烹、旅館、バー、スナックなどが700軒以上も軒を連ねる富山県内一の歓楽街です。
以前、Wikipediaで桜木町を調べた際には、狭い地域に飲食店の密集度は日本海側最大と
書いてありましたが、現在は、その文書は消えていました。


Dsc_5348_1280x856
不況ですよね・・・閉店する店、無くなったビルは後を絶たず・・・
無くなったビルの跡地に時間貸しのパーキングが多くできました。
駐車場が極端に少ない富山市の街なか、これはこれで便利になりました。

Dsc_5346_856x1280
SILVIAおじさんの同級生もオーナーママさんをやっていますが、厳しいそうです。
彼女、昔と比べて「桜木町」は変わってしまったと言います。(近所のスーパーでの会話です。)


Dsc_5426_1280x849
最後の写真の左側にあるのは、本店が金沢にある桜木町の昭和4年創業の料亭「金茶寮」さんです。
京都市内にもお店を構える老舗の料亭です。
SILVIAおじさんも、昔は年に何回か利用させて頂きましたが、10年以上、後無沙汰になります。


江戸時代に富山藩第10代藩主・前田利保公が豪壮な隠居所「千歳御殿」を、この地に建築したそうです。
御殿が安政2年の大火で焼失し、跡地に散在していた遊廓や妓楼を集めて「桜木町」と命名したそうです。

« おわらの里の雪景色 | トップページ | 左義長まつりへ行きました »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

歓楽街の昼は、どこでもちょっと寂しい風景ですね。賑やかでしたですね。

歓楽街は、やっぱり夜ですよね!
ネオンの街に、いろいろ風景がありますよね。
見送りに出て来たところを一枚最高ですね。
でも、それは恐ろしく勇気がいることですよね!

SILVIAおじさん さま
この周辺、小生平成7年から11年まで高岡勤務の時に何回か?接待とか会合で利用しましたが、
大分不景気で廃業したり破産したりしたようですね。
小生が利用した某(E亭)も確か破産しましたよね。
バー クラブ、スナックも利用しましたが、記憶が薄れてきました。

輝ジィ~ジ様
私も記憶が薄くなるくらい桜木町は利用していません。
E亭さんは大好きでしたが・・・E亭さんを利用するのは、何だか誇らしく思っていた時がありました。
今、桜木町は店を利用しないで、歓楽街にたむろしている若い方がいます。
食事は、他へ食べに行って、又、桜木に戻って来る意味が分かりませんね。
でも、その話しも、もう3年ほど前のことです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご無沙汰の桜木町を撮影:

« おわらの里の雪景色 | トップページ | 左義長まつりへ行きました »