2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 音の無い夜の上市駅 | トップページ | 「行く年来る年」で全国放送 »

2012年1月 7日 (土)

寂しい町のイルミネーション

SILVIAおじさん、1月2日の夜にイルミネーション撮影に連日、上市町へ出掛けました。

場所は上市町と立山町の中心部です。
最初は、「上市町の西中町商店街」のイルミネーションです。
上市の中心部には「市」の名を持つ町内もあり、昔は商店街も賑わっていたそうです。
場所は旧カミール前の広場です。
カミールは上市町の商店街の拠点として平成2年に誕生しました。
でも現在は、空きビルになっています。(3、4階は会議室やホールとして使用しているそうです。)

Dsc_2360_848x1280
オープン時には、何度か来た事がありました。
中には1階にスーパー等があり地元の方で賑わっていましたよ。
エスカレーターがあり、小さなデパートの雰囲気がありました。
一時、上市町の商工会さんが入居されていた時もありました。

Dsc_2355_1280x848
現在は入居するテナントも無く、寂れた商店街の象徴のようです。
上市町にもロード店が幾つか出来ました。(そのロード店の撤退の噂も聞こえてきます。)

小さな町の商店街を維持していくのは限界かも知れません。
華やかなイルミネーションで飾られており、商店街の方の意欲は十分に感じ取れますが誠に残念です。

Dsc_2354_1280x849
イルミネーションは、とても素的でした。見に来ている人が誰もいないイルミネーションです。
地元商店街が寂しい状況なのは隣町の
立山町も同じです
ロード店と言うよりも、富山市の商業圏拡大の影響が大きいと言った方が正解ですかね!

富山市東部地区の商業圏が広く大きくなり、上市、立山の両町に近付いて来ました。

Dsc_2363_1280x848

上の写真のイルミは西中町商店街です。
車で富山市へ入る新しい橋や道路が整備されました。富山市の市街地に大変入り易くなりました。
新しい道路の富山市側にのみ沢山のロード店がオープンしました。
両町からは、毎日 大勢の方が富山市に働きに出て行きます。仕事帰りに富山市で買物して帰ります。
新しく橋が架かり、道路が繋がり、交通の便が良くなり、多くの方が富山市へ買物に出掛けます。

朝夕の渋滞は緩和しましたが、逆に急速に両町の中心商店街が寂しくなりました。
(SILVIAおじさん、県内の全ての市町村に出掛けますが、今は両町が最も元気が無く、寂しいと感じます。)

Dsc02099_1280x960

上の写真のイルミは商店街の中にある「立山町商工交流館」の建物です。
立山町にも五百石商店街という、昔、賑わった商店街がありました。
現在、五百石駅周辺で元気創造館を建設中ですが商店街の賑わい創出に繋がりますでしょうか?

富山市の東部地区の商業圏が、もう少し大きくなると・・・厳しい将来が待っているような気がします。

立山町で開催される「布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)」が未来遺産に登録されました。
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟の第3回「プロジェクト未来遺産」に県内で初めて登録されました。
以前書きました布橋灌頂絵の記事です。宜しかったらご覧下さい。
http://silverman1022.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-ae34.html

« 音の無い夜の上市駅 | トップページ | 「行く年来る年」で全国放送 »

上市町・立山町・舟橋村」カテゴリの記事

コメント

せっかくの イルミなんだから もっと 人に みてほしいよね
でも 夜は 寒いし、雪の 季節は 夜に出たくない気持ちは わかる・・・・。う・・・・ん・・・・

そうだよね、このイルミは何の為にやっているんだろうと思ってしまいました。
午後6時過ぎには、全ての店は閉店しているでしょうね・・・結構、通る車がいましたよ。
通り過ぎる・・・町。

同感ですね。人通りが多くあるといいけどこれでは、ちょっと力が入りませんね。でもこれがなかったら夜はは真っ暗になり、これより寂しいことになる。何とかしようとしてがんばっているのでしょうね。
私の田舎でも、あの広域合併で、寂しくかつ、不便になって行きますが、止めれないようです。

平成の大合併の弊害が7年経って出てきていますね!地域格差が進んでいますよ。
富山市は旧市街地の開発は積極的にやっていると思います。
それ以外では、人口が増えている旧婦中地区は開発が目に見てとれますが・・・その他の旧町村は沈滞する一方です。
所詮、最初から、こんな大きな市を開発や管理すること事態が無理ですね。
将来は、もっと地域を絞りこんだ開発に移行して行き、更に地域格差が進むのではと思います。
それが富山市が目指しているコンパクトシティの正体でしょうね。

こんばんは。
そういえば、イルミネーション見ていない・・・
イルミが、あったらあったで電気がもったいないな~と思いますが、無くなったら、不景気な世の中になったもんだな~と感じ、心配&悲しい気持ちになっちゃいます。
各自治体で、無理をしない範囲でがんばってもらいたいものです!!
派手でなくとも、何か寒い冬に気持ちがあったまるものですよね~

シギーさん、
実は、富山市のホワイトイルミネーションの「ひとり一灯運動」一口1000円に協賛しています。
毎年楽しませて頂いていますので協賛しました。協賛者の名前が掲示されているようです。
多くの方が協賛していますよ。そろそろイルミの撮影再開しようかな!

カミールは今年の春先に、中心市街地の買い物難民対策として
食料品店を核とした幾つかのお店がテナントに入り、リニューアル
オープンするそうですよ。
今は中心市街地にスーパーが全くない異常事態ですから
上市町は、ほかの町内よりもなお寂れているように見えるのでしょう

上市人さん、ありがとうございます。上市町に住む方からコメント頂き嬉しく思います。
カミールがリニューアルオープンするのは喜ばしいことですね。
富山市の中心市街地に住んで時折訪れる両町への現在の印象です。<(_ _)>なさい。
上市町中心部には、まだ復興できるチャンスはあると思いますよ。立山町は難しいかも知れませんね。
ただ、現在私の勤め先がある県西部の方たちは、両町に対してもっと厳しい言葉で表現しますよ。
ここには書かないでおきます。また、コメントお願いします。

はじめてコメントします。
上市住人です。

富山の中心街にお住まいですか。
なにかと移動に便利な場所ですね。
それは多くの人がわかっているでしょうし、
印象が悪くなってしまうのでご自慢はほどほどでお願いします(汗)

さて、上市もそうですが立山も舟橋も
もともと富山が近くて通う人が多いわけですが、
富立大橋の開通でますます短縮されてますね。
距離だけでいえば、大山や大沢野や八尾が富山市に合併するなら
上市立山舟橋も合併していてもおかしくなかったかもしれません。

新相ノ木駅もほとんど上市町が財政出動しましたから
富山市に合併していたら実現してなかったんじゃないかと
思ったりしました。
長々と失礼しました。

waiwaiさん、初めてのコメントありがとうございます。
何から書こうかと思いましたが、私とwaiwaiさんの共通している「思い」を最初に書きます。それは「上市町は良いところ。」だと思っているところです。
富山市と合併しないで大正解だと思います。合併を選んだ大山地区を見て下さい。隣接する月岡地区から南はコンパクトシティ構想の狙い通りの寂しい結果になっています。

私が住んでいるところをお褒め頂きありがとうございます。
大山地区とは逆にコンパクトシティに上手くあたりまして、我が町内があります辺りは以前よりも格段に便利になりました。町内の住民は鼻高々なのも事実です(怒らないでね)。

住人は「街の人達」ですので強い弱いはありますが我がままな人ばかりですよ。
面白いのは我家のように父の代に町内に転入してきた人と、ここ5年以内に入ってきたお金持ちの人達の貧富の差が激しいことですね。

昔から富山市の人達には「街を向いて生活している。」の言葉があります。それは自分達が暮らす富山の街が大好きだということです。もっと発展して更に便利になって欲しい思っています。これからもヨロシクお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寂しい町のイルミネーション:

« 音の無い夜の上市駅 | トップページ | 「行く年来る年」で全国放送 »