2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の26件の記事

2012年2月29日 (水)

正力・小林記念館

射水市の写真5は射水市にある「正力・小林記念館」です。
場所は、射水大門総合会館の1階にありました。

正力松太郎氏はご存知ですね。お名前ぐらいは聞かれたことありますよね。
正力松太郎 1885年(明治18年)4月11日 – 1969年(昭和44年)10月9日

Dsc02350_907x1280
読売新聞社の経営者として部数拡大に成功、「読売中興の祖」として大正力と呼ばれたそうです。
プロ野球の父、テレビ放送の父、原子力発電の父とも呼ばれていた富山が生んだ偉人です。

Dsc02347_951x1280
富山県射水郡枇杷首村(現射水市)に土建業を営む父・正力庄次郎、母・きよの次男として生まれ、
雄神小学校、高岡中学(現富山県立高岡高校)から、東京帝国大学(現東京大学)に進みました。

Dsc02346_1280x959
警察官僚を経て1924年(大正13年)に読売新聞の経営権を買収、第7代社長に就任。
1934年(昭和9年) 大リーグ選抜チームを招聘、巨人軍創立。
1949年(昭和24年)プロ野球初代コミッショナーに就任。
1952年(昭和27年)日本テレビ初代社長に就任。

Dsc02343_1280x960
1955年(昭和30年)衆院議員に当選。1955年と57年に国務大臣に2度就任。
1965年(昭和40年)高岡市名誉市民、大門町名誉町民となる。
1969年(昭和44年)国立熱海病院で死去する。享年84歳。

Dsc02342_1280x956
凄い、こんな人が富山から誕生していたとは、申し訳ありませんが知りませんんでした。Σ(゚д゚;)。
殆どがSILVIAおじさんが生まれる前のことで正力松太郎氏が富山出身とも知りませんでした。
高岡では、読売新聞が強いと言われる由縁はここに有るのだと勉強させて頂きました。∑(゚∇゚|||)。

でも、「正力・小林記念館」の小林さんは誰だろう!

2012年2月28日 (火)

まろやかなブラック「めん八」

射水市の写真4は太閤山の千成商店街さんです。雪が多く、中央広場には雪が積み上げられていました。
千成商店街さんの奥には七福神や千成地蔵がありますよ。
千成商店街には19軒のお店があります。
化粧品店、理容店、美容室、ラーメン店、焼肉屋、新聞販売店、本屋・・・割烹さんもあります。

Dsc02311_1280x960
千成商店街さん一番の人気店はラーメンの「めん八 本店」さんです。
昼はラーメンとライスのみ。夜は居酒屋さんに変身です。
お昼時間は、お店の外で待つ方を見かけます。夜の居酒屋さんには出掛けたことはありません。
SILVIAおじさん、以前「めん八」さん系列のブラックラーメンは全店食べさせて頂きました。
でも、「めん八」さんのラーメンを、その頃はブラックラーメンと呼んではいなかったと思います。
まろやかなスープで柔らかいチャシューが入った美味しいラーメンと評判でした。
黒いスープのラーメンをブラックラーメンと呼ぶようになったのは、まだ近年のことです。


Dsc02312_1280x960
SILVIAおじさんのように、
富山市街地に住む者にとって、ブラックラーメンと言えば誰に聞いても「大喜」さんで間違いありません。
ラーメンと言えば大喜であったのが、いつ頃からか、そのラーメンがブラックラーメンと呼ばれ、
富山ブラックラーメンや元祖ブラックラーメンとして全国に知られるようになりました。
でも、私達にとってはブラックラーメンは子供の頃から、いつも食べていた普通のラーメンです。
高校卒業する頃まで、ラーメンは塩辛い食べ物と思っていました。本当です。(*^-^)。
京都に進学して関西系のラーメンを食べた時は衝撃で、何回も同じお店に足を運びました。


Dsc00248
「めん八」さんのブラックにはパンチが効いた塩辛さはありません。
初ブラックの方や、塩辛いのが苦手な方には「めん八」さんブラックが合うかもしれません。
強烈なパンチが効いた塩辛いブラックを望むのなら「大喜」さんです。
SILVIAおじさん、ブラックいろいろ食べ歩きましたが、結果的に今は「大喜」さん一本です。

ラーメン関連記事が近頃多くなっています。ラーメン王国・富山だから仕方が無いかな。
SILVIAおじさん、そば屋さん、うどん屋さんはお店に食べに行くことはありません。
でも、ラーメン(カップ麺入れて)は毎週8食から、多い時は10食は食べるからね!

2012年2月27日 (月)

総栄通りは美味しい通り

2月26日、小雪降る中、富山市街なかのグランドプラザに出掛けました。
街なかイベントはネットで毎週チェックしています。
グランドプラザでは24日~26日まで「SNOW GARDEN」が開催されていました。
北海道のアーティスト 小川智彦氏によるSNOW ARTを楽しみにしていました。
でも、見に来るのが遅すぎた。寒くても雪は融けてしまいます・・・アートなのか何だかよく分かりません。
知らずに通る人が、アートを踏みつけて行きます。(ρ_;)。
だって、屋根から落ちてきた雪のように見えます。(/□≦、)。

Dsc02337_1280x959
PM3時なると、ラヂオ体操踊る3人娘が現れました。
地球をイメージしている不思議な帽子被っていました。


Dsc02340_1280x836
この日は、「とやコン」が開催されていたようで大勢の若い人達が集まっていました。
富山史上最大!総曲輪・中央通り・西町を舞台に「とやコン」開催だそうです。
250人-250人の街コン 食べて!飲んで!出会いをお楽しみ下さい!・・・羨ましい。


Dsc02339_1280x959
総曲輪通りから離れ、北側にある総栄通りに移動しました。(セピア色にしました。)
この通り界隈には昔懐かしい居酒屋さんや寿司屋さん、スナックがあります。
子供の頃は、なんだか近寄りがたい雰囲気を持っている通りでした。
でも、この界隈には美味しい食べ物を出してくれるお店があることに大人になって気が付きました。
今では一番利用する通りになりました。富山東別院さん南側です。
近くには富山の大衆居酒屋の「両国」さんもあります。


Dsc05481
一度だけ「両国」さんを訪れたことがあります。結構、いいお値段の大衆居酒屋でした。

2012年2月26日 (日)

今年最後のイルミ撮影

2月24日に今年最後のイルミネーションを見に出掛けた記事です。
場所は、富山駅北の環水公園。イルミネーションは2月29日まで行われています。
週に何回も環水公園には出掛けて来ますが、イルミの撮影を行ったのは今シーズン初めてでした。
さすがに、この時期にイルミの撮影に来ている人は誰もいません。
今回は2台のデジイチを持参していました


Dsc_2392_848x1280_3
今回は天門橋よりも周りの景色(雪)を中心に撮影しました。

Dsc_2376_1280x848_2
スタバの環水公園店も空いていました。
金曜日の夜、仕事帰りに歓楽街へと繰り出す方が多かったです。


Dsc_2389_1280x848_2
時間はPM8時45分過ぎでした。
最後の写真はデジイチを持ち替えました。
アシスタント(うちの奥さん)が持っていたカメラに切り替えました。
SILVIAおじさんのクロスフィルターはサニークロスです。
8本の光りが飛びます。飛びすぎでしょうか!

Dsc_5572_1280x857
寒くて帰りに富山市掛尾にある「ばたやん」さんで博多ラーメン食べました。
SILVIAおじさんは、いつも“ばりかた”で替玉(120円)です。
ラーメン食べながら富山市街地に何軒の博多ラーメン屋さんあるのか調べてみたい気持ちでした。
富山はブラックと言われていますが、博多ラーメンと店舗数は同じ位かも知れません。
急激に博多ラーメンが押し寄せて来ています。

2012年2月25日 (土)

昔からの友人と再会

昨日は、友人(自分の母親のような年代の方です。)の家を約10年振りに訪問しました。
小、中学校の同級生(女性)のお母さんです。同級生は結婚して神奈川に住んでいるそうです。
当時、仕事の関係で同級生のお母さんと友人になりました。
でも、その後SILVIAおじさん仕事を変わりましたので長い間、疎遠になっていました。
友人は10年振りに訪れるSILVIAおじさんに昼食を準備してくれていました。
懐かしく嬉しい時間でした。

夕食後、奥さんを連れて今年最後のイルミネーションを見に行きました。
富山駅南の富山スノーピアードは終了しましたが、富山駅北では2月29日までイルミやっています。
今年最後のイルミネーション見学です。

Dsc_2395_1280x848
宴会帰りの集団に遭遇しました。KNB放送ビル横から撮影。

Dsc_2398_1280x848
カナルパークホテル。

Dsc_2397_1280x848
このディスプレイはいつも注目しています。

Dsc_2402_1280x848
駅北オーバードホールとアーバンプレイス。

Dsc_2403_848x1280
奥に見えるのはインテック111ビル。
友人にはSILVIAおじさんが結婚する時にもお世話になりました。
うちの奥さんの着付けを担当してくれました。
今では、同級生よりも長い付き合いになった友人、現在75歳です。
友人の次女、同級生とは既に25年近く、合っていません。
友人とは10年振りに合いましたが変わっていませんでした。いつまでもお元気でいて下さい。

2012年2月23日 (木)

垣根の芸術

写真で紹介する射水市のいろいろ写真3は、垣根の芸術です。
射水市内の戸出・小矢部線沿いにある民家です。
車が跳ね上げた融雪用の水が飛ばされ、凍って氷の芸術のようになっていました。

Dsc02262
この日は、この通り沿いの垣根はどこも芸術と化していました。
氷爆とまでは行きませんが、大雪がもたらした氷の造形でした。
今日は一日雨の予定、少しだけ気温も高く、どんどん雪解けしてほしいと思います。

2012年2月22日 (水)

ツウインクルイルミネーション

写真で紹介する射水市ですが、射水市のいろいろ写真2は小杉駅周辺のイルミネーションの写真です。
(知人Mさん買ったばかりのSONYのコンデジで初の夜景撮影写真です。)
「あなたのハートで冬の夜空をツウインクルさせてみませんか」がテーマだそうです。

Dsc00124
下条川千本桜散策路、駅前、商店街など小杉地区内を約5万5000個の電球で飾ります。
1月31日で今冬のイルミネーションは終了しております。

Dsc00134
小杉駅前広場にシンボルオブジェ、駅南広場に杉の木オブジェ、下条川河川公園にみこしオブジェ、
美しく多彩なイルミネーションが盛り沢山です。花見橋と新伝馬橋はイルミネーションブリッジとなります。

Dsc00120
電球のイルミネーションはLEDと違って光り鮮やかです。
もう、電球イルミを行っている場所は少なくなりました。
樹木を痛めないで節電を考えたLEDイルミネーションが多くなりました。

ツウインクルは何のことか知りませんが、小杉のイルミネーションが一番綺麗と言う知人がいます!

2012年2月21日 (火)

ブラウンVSホワイト再決戦

2月19日出掛けた、入善ラーメンまつりの続きの記事になります。
「かおり食堂さん」で五目ラーメンを食べたあとメイン会場の「うるおい館」へ向いました。27店のラーメンブース、どこも凄い人・・・最後尾が分かりません状態です。これだけの長蛇の列ですとラーメン食べれるまで相当の時間係りそうです。

続きを読む "ブラウンVSホワイト再決戦" »

2012年2月20日 (月)

入善ラーメンまつりへ出掛ける

2月19日に入善ラーメンまつりへ出掛けました。
朝から快晴の良い天気でした。でも、気温が低くて・・・この日の富山市内は午前6時でー4.5℃でした。早目に出発するつもりでしたが、道路状況を考えて気温が+になったのを確認してから家を出ました。出発したのは午前10時30分過ぎ、気温は+0.2℃、積雪79センチでした。

続きを読む "入善ラーメンまつりへ出掛ける" »

2012年2月19日 (日)

万葉線の新旧・越ノ潟

今週と来週の2週間は射水市を紹介します。
撮影に出掛けながらの紹介となりますので、お休みを入れての2週間です。
射水市のいろいろな場所で撮影した写真をご紹介します。
射水市いろいろ写真1は「万葉線の新旧」です。
撮影は、知人のMさんです。


Img_9842

Img_9863
撮影場所は、越ノ潟駅です。
万葉線の新湊の最終駅が越ノ潟になります。
赤いトラムが新湊・高岡の街なかを疾走する姿は、とても斬新です。
でも、このトラムは・・・名前は何って言ったっけ!
レッドトラム?・・・トラムとは呼ばないんだったかな・・・万葉線だよね!

2012年2月18日 (土)

寒波襲来26年振りの大雪

また寒波がやって来ました。
広範囲で大雪警報が発令されましたが、その雪の降り方は尋常ではありませんでした。
朝9時の富山市内の積雪は50cmでしたが、午後11時の積雪は95cmになりました。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
富山湾上空に氷点下39℃以下の寒波が居据わっていたようで、市街地だけにまとまった雪が降りました。
富山市は26年振りの大雪となりました。富山市の積雪が初めて魚津市を抜きさりました。(;д;)。
積雪1mが秒読み段階です。恐ろしい。(;´д`)トホホ…。

Dsc02275_1280x935
市街地で、これだけの雪が降るとそれは大変です。
それも朝から降り出したから尚大変でした。除雪車が出動していないから尚更大変!

短時間に想定する以上の雪が降り積もると、それは超大変。
凍った雪で道路はガタガタ、スリップ事故多発、パトカーを何台見たことでしょうか。
市街地の国道41号線で大型トラックが横転・・・大渋滞。渋滞避けて脇道に入って動けなくなった軽四。
軽四のFFでは車体が軽いからコントロールが効きません。怖くて運転したくありません。
市内電車もストップ、バス停で待つ人達、バスは待ってもやって来ません。歩いた方が早いよ!


Dsc02277_1280x960_2
神通川上流の細入地区の写真ですが、不思議と郊外では雪はあまり降っていませんでした。
27日午後から富山市と岐阜県の県境近くに出掛けましたが道路は快適でした。
最も、この地区は融雪が道路に行き届いていて凍らない限りは大丈夫です。

雪国の富山県の県庁所在地の富山市ですが、街なかは雪に弱いと思っていましたが、その通りです。
大渋滞が避けられない主要幹線、脇道には高く積み上げられた雪の山、雪の壁で道路が細くて危ない。
道路に融雪が完備しているのは郊外や山沿いの市町村の方が格段に充実しています。

同じ富山県でも砺波平野にお住まいの方は雪に強いよ!w(゚o゚)w。
多少の雪は気にしない。雪を楽しむ気持ちを誰もがお持ちですね。
長く暖冬が続いて、雪国なんだと言う事を忘れかけていた富山市民に神様からの贈り物かな。

2012年2月17日 (金)

アピアさんで驚きました

富山市稲荷町にあるショッピングセンターのアピアさんへ所用で行きました。
稲荷町周辺は富山県で最も住宅が密集している地区です。それだけ人も多くお住まいです。
アピアさんは、富山県のショッピングセンターの老舗と言ってもいいかも知れません。
規模的には中型のショッピングセンターではないでしょうか。
1階、2階がショッピングゾーンで3階にはスポーツクラブがあります。
マックやスタバはありません。全国展開している店舗は入居していません。
地元の方が経営するお店ばかりです。アピタさんとは関係ありません。
でも、このアピアさん、地元の方に本当に愛されています。


Dsc125_3
平均年齢が少し高めのお客様がいつも沢山買物に来ておられます。
個性のあるお店もあり、ここでしか手に入らない商品もあります。
取り扱い商品も年齢的に高めの方々に合わせてあるように感じます。
(アピアさんのホームページにあった写真です)

2月15日のお昼前に訪れたアピアさんは驚きでした。∑(=゚ω゚=;)
平日にも関わらず、日曜日よりもお客様が倍近くおられます。
駐車場も車を停める空きスペースが無いほどで、駐車するのに20分以上待ちました。
お客様の年齢層はいつも通り高め・・・今日は何が合ったのでしょう!Σ(゚□゚(゚□゚*)。
オープン喫茶のカウンターには、70歳を越えていると思われるメンバーが並んで珈琲タイム中。
特設のワゴンコーナーでは、押すな押すなのバーゲン状態。
キャッシュコーナーには20人程の高齢の方が列を作っています。
ショッピングセンターで、こんな光景見たことがありませんでした。
次から次へと高齢の方が入口から入って来ます。
「これは、一体何なんだ!Σ( ̄ロ ̄lll)」。

Dsc_5298_1280x856
買物した酒屋さんの奥さんに聞いたのですが、お年寄りの給料日だそうです。

15日は年金の支給日だったんです。
下ろした年金でショッピングセンターでお買物・・・凄い!お年寄りパワーもの凄い。
今夜は、すき焼きでしょうか!お肉屋さんで高そうなお肉を買い求めのお年寄り夫婦。
お買物を終え、大きな袋を持って帰るお年寄りの嬉しそうな顔!

皆さん、15日のアピアさんはもの凄いよ!嘘だと思ったら出掛けて自分の目で確かめて下さい。
巣鴨の原宿には遠く及ばないけど・・・結構、強烈ですよ!
(。>0<。)。

2012年2月16日 (木)

瑞龍寺ライトアップ

今日はお休みの予定でしたが、知人Mさんから素敵な写真が届きましたので急遽の変更です。
2月12日に彼が出掛けた国宝 瑞龍寺のライトアップ写真です。
彼がプレゼントしてくれた写真、どれも力作でしたが3枚選びました。

Img_3575_2

Img_3388

Img_3504
金剛力士像が訪れる者を睨んでいます。
瑞龍寺を高岡を災いから守るように・・・。

2012年2月15日 (水)

夕暮れ時の環水公園

先日、富山駅北の環水公園を夕暮れ時に訪れました。
この大雪の中でも多くの人が出掛けて来ていました。

SILVIAおじさん、実は環水公園は結構訪れます。
大雪の駐車場に無理やり車を入れて出れなくなること何回も・・・駐車場の除雪お願いします。

Dsc_5543_854x1280
環水公園のイルミネーションも2月29日までです。

Dsc_5545_1280x854
まだ、イルミネーションを見ていない方は、お早くお出掛け下さい。

Dsc_5553_1280x857_2
でも、こんな大雪の中でイルミネーションどころではありませんよね!

Dsc_5555_1280x857
会社から帰れば除雪、除雪しないと近所から白い目で見られるし・・・。

Dsc_5554_1280x831
考えたらSILVIAおじさんも、富山のイルミネーションの撮影は途中で放り投げてしまいました。

Dsc_5564_1280x847
環水公園のイルミもまだ見ていないのを忘れていました。

Dsc_5562_1280x857
でも、この日は奥さんの買物に付き合わなくてはなりません。寒がりの奥さんが横で震えています。
最終日までに、もう一度出掛けて来ることにします。
家では、お腹を空かせたJr君も待っていますので・・・食べ盛りはとっくに過ぎていますが・・・。
環水公園のスターバックスは、いつも満員です。
横を通ると年配の集団の中、特徴のある男性が満面の笑顔でした。
休日に年配の方の合コンでしょうか!
あの年でシングルにはなりたくないなと勝手な想像をするSILVIAおじさんでした。
今週末は入善町で開催される入善ラーメンまつりへ出掛けます。

2012年2月14日 (火)

おわらの歴史に触れる

2月11日、八尾の町並みを見学した際に訪れました。
坂の町・八尾の東町にある「八尾おわら資料館」です。


近くには北陸銀行などの金融機関や八尾小学校などがある坂の町の中心部に位置します。
「風の盆」の際には、シャトルバスの降り場近くで地元の方の露店が並ぶ腹ごしらえ場所です。
八尾には、ここ数年「風の盆」を含めて年間に20回近く訪れますが、資料館は初めての訪問でした。
パンフレットには、
「体感してください。八尾ルネッサンス」 の素敵なコピー・・・。
入口には、八尾の町屋が復元?ではなく再現されていました。

Dsc_5518_1280x853

Dsc_5519_1280x856

Dsc_5520_1280x837
漆喰仕上げの美しい町屋のたたずまいが迎えてくれます。
こんな町屋に住んでみたいと思わせました。

Dsc_5491_1280x857
大型スクリーンで幻想的なおわらが紹介されています。
12分間の放映でしたが魅力一杯の映像でした。

Dsc_5493_1280x857
SILVIAおじさん大好きな「鏡町さん」も登場しました。
50席以上のホールでしたが見てたのは二人だけでした。

Dsc_5495_1280x857
1階の展示室には川崎順二(壺中庵)先生にまつわる資料が展示されています。
「八尾四季」を詠んだ小杉放庵さんとの交流についても、詳しく展示されていました。

Dsc_5513_1280x835_2
2階には、おわらの歌詞や浴衣が展示されています。
モニターを熱心に見ているのは、初登場のSILVIAおじさんの奥さんです。
真面目な人で・・・テレビを見るのが大好きです。

Dsc_5511_855x1280
壺中庵先生が叙勲されていたことを初めて知りました。
この先生なくて、現在の八尾のおわら文化は無かった・・・間違いないですね。

Dsc_5510_857x1280
県外から風の盆に出掛けて来て、踊りを見れない方も大勢いるそうです。
仕方なく、おわら資料館を見学して帰られるそうです。
そんな資料館も風の盆の際は超満員で諦める方も沢山います。
SILVIAおじさんも、資料館に入るのを諦めた一人です。
おわら資料館の中には「越中おわら節」が流れていました。
SILVIAおじさんに早くもビンビンと刺激を与え続けてくれました。
頭から唱が消えていかない・・・まだ半年以上先なのに!
おわら・・・こんな素晴らしい文化は他にはないよ!

2012年2月13日 (月)

八尾冬浪漫・雪山登れません

今年も「越中八尾冬浪漫」が開催されました。
坂の町をライトアップする「夢あかり」は、それは幻想的な風景を見せてくれます。

雪が多く初回は撮影を断念しました。25日、26日に行われる次回に再チャレンジしたいと思います。
昨年の2月6日撮影の「夢あかり」を、ご覧下さい。

Dsc_0844_1280x803
でも、昨年も八尾の雪は多かった。
井田川沿いの道路の脇には1m以上の雪が積み上げられており、その上に登って撮影しました。
凍った雪を登りますが、凍っていても雪が体重に耐えれるには限界があります。
足が雪の中に沈んで動けなくなります。ファインダー覗いていたら腰まで体が沈み込んで行きました。

Dsc_0877_1280x829
三脚の脚も・・・倒れてカメラが雪の中に・・・最悪でした、八尾の駐車場の横で遭難した気分でした。
シャッター押す指も凍えて冷たい、感覚が無くなりました。川沿いの寒さは想像以上でした。
雪山の下で見ていた、うちの奥さん呆れて車に引き上げてしまいました。
今年の井田川の沿いの道路脇の雪山は、それ以上です。
自分の身長より高い雪山に登るのは冬山登山と同じく思えます。

Dsc_5523_1280x857
この容赦なく積み上げられた手前の雪山、この上がベストポジションですが・・・とても登れません。
写真の左方向では小柄でホッソリした男性が、既に登ってカメラ2台を三脚にセットしていました。
この男性、翌日の地元新聞の記事に写真が出ていました。もの凄く珍しい者のように!w(゚o゚)w。
身長173cm体重77KgのメタボのSILVIAおじさんでは、とてもとても無理で~す。(;´д`)トホホ…。
スコップで雪山に階段と自分が立つ場所を1時間ほど掛けて作る必要があるでしょうね。(´;ω;`)ウウ・・・。
この程度の雪山登るのに恥ずかしいけどフル装備で出掛けて来ましょう!

2012年2月12日 (日)

春まだ遠い八尾

昨日から「雪の八尾」を訪れた記事を書いております。

今日は、鏡町、上新町通り、曳山会館周辺の写真が10枚あります。
宜しかったら、ご覧下さい。
鏡町の「おたや階段」近辺です。
鏡町の踊り場に下りる階段ですが半分だけ除雪してありました。

Dsc_5456_1280x851
おたや階段の降り口にある地蔵様、この雪にも関わらずお花が供えてありました。
上の雪も落として軽くしてあげたらいいのにね!

Dsc_5461_1280x857
八尾に来ると、よく通る脇道ですが除雪はされていませんでした。
富山市街地の歩道や車が通らない脇道は、こんな状態です。

Dsc_5466_857x1280
上新町通りです。
上新町通りはの商店の中には、冬場は営業しないお店があるようで商品は片付けられていました。

Dsc_5454_1280x834
手打ちそばの「高野」さんです。
お店はとても小さいそば屋さんですが、いつも沢山のお客様がやって来ます。

Dsc_5455_1280x857
SILVIAおじさん、八尾では高野でしか食事をしたことはありません。でも、この日は持ち合わせが・・・。
仕方なくコンビニのお握りに・・・残念!
美味しいそば、是非とも食べにまた来ます。

Dsc_5469_1280x857

Dsc_5475_1280x857
曳山会館前の蔵回廊です。

Dsc_5483_1280x857


Dsc_5485_1280x857
三階の屋根に隣家の屋根に雪が落ちないようガードが取り付けてある事に気が付きました。

Dsc_5474_1280x857
ご覧頂き有難うございました。
通りを歩いていると家の中から三味線の音が聞こえてきました。
もう今年の練習が始まっているんですね。
待ち遠しい「おわらの夏」・・・。でも、春まだ遠い!

2012年2月11日 (土)

雪の八尾は新鮮だった

SILVIAおじさんが撮影した写真で富山県内の市町村を紹介して参りましたが富山市が長すぎた。
富山市の紹介は、そろそろ終了したいと思います。

今日、八尾に出掛けて来ました。先日、知人のMさん撮影の八尾の諏訪町通りの写真を掲載しました。
自分でも、冬の八尾の町並みを撮影してみたく、雪の合間に出掛けて行きました。
2回に分けて冬の八尾の町並みの写真を掲載させて頂きます。
今日は「諏訪町通り」の近辺の写真が9枚あります、宜しかったらご覧下さい。

Dsc_5433_837x1280

Dsc_5436_1280x853

Dsc_5439_1280x857
今年は富山市街地でも積雪が2月10日に80cmを記録しました、80cmは16年振りだそうです。
でも大雪も峠を越えたようで2月11日には50cm程度となっています。
八尾は富山市街地とは雪の量が違いました。1m20cmは越えているのではないでしょうか。

Dsc_5442_1280x857

Dsc_5438_1280x857_2

Dsc_5437_1280x857_2

全国道百選に選ばれている諏訪町通りには雪はありませんでした。
通りに面する町家に住んでおられる方々の努力の後です。
でも、脇道の雪の量や屋根雪は・・・もの凄かった!
絵になる「雪の八尾」、写真撮っていても楽しくなる風景ばかりでした。

Dsc_5443_1280x857


Dsc_5446_1280x857

Dsc_5447_1280x857
2月11、12日、そして25、26日と八尾では「越中八尾冬浪漫」が開催されます。
県外の民謡を招いての「越中おわら節」との民謡セッションが行われます。
又、「夢あかり」として坂の町のライトアップが行われます。
夢あかりは前年に撮影しておりましたので、今年は明るい時間に訪れました。だって寒くて!

2012年2月10日 (金)

街なか離れ症候群

富山駅南口の地下街です。
人がいません。みんな何処へ行ってしまったのでしょうか!
富山市のいろいろ写真24は「駅前の地下街」写真です。
富山駅前の須田ビル跡にできたCICビルの地下街です。

Dsc02238_1280x959
富山駅南口の正面に1992年にCICがオープンしました。
オープン時に何回か出掛けて来ましたが沢山の人がいました。
CICはテナントの撤退などがあり2002年に民事再生法の適用を受け再生を目指しています。
本当に、どうしたのだろう!綺麗な地下街なのに!
直ぐ近くに大きなショッピングセンターがオープンしたわけでもありません。
街なか離れ症候群、重症で治療の効果が見込めない。

2012年2月 9日 (木)

駅南のLUCKYさん

富山市のいろいろ写真23は「駅南のスナップ」写真です。
エスカレーターを降りた先がパチンコ店「B.1 LUCKYさん」でした。
B.1はB級のことだろうか?地下1階のことだろうか?

Dsc02240_1280x959
SILVIAおじさん、昔は会社帰りに毎日パチンコ店へ立寄っていました。
このパチンコ店「ビーワン ラッキーさん」にも何回か来たことがあります。
でも、パチンコはゴルフを始めて一切縁を切っていました。
たまにはストレス解消にパチンコでもやってみるかな!近頃、ストレス溜まっているし。
撮影後、「ビーワン ラッキーさん」にお邪魔いたしました。15年振りのパチンコでした。
やらなきゃ良かった!

2012年2月 8日 (水)

憧れの街なかマンション

ブログを始めた頃にも記事にさせて頂きましたが、SILVIAおじさん富山市街地のとても便利な場所に住んでいます。
富山市の街なか地区とドーナツ化によるロード店街の中間に偶然のように誕生した便利な場所にいます。
富山市内でも便利性においては3本の指に間違いなく入るのではないかと町内会の方も自慢しています。
SILVIAおじさんが選んだのではなく、父親に先見の明があった・・・今、考えると凄いことです。

そんな便利な場所に住むSILVIAおじさんでも憧れを抱く建物が建設中です。
富山市のいろいろ写真22は「高層マンション」です。
街なか地区の中心商店街に建設中の高層マンションです。
マンションの正面入口は中央通りのアーケードの中になります。
18階建てのマンションですが、以外と大きくありませんでした。
このマンションは「完売御礼!」 だそうです。

Dsc02272_960x1280
この街なか周辺では、高層マンションが既にいくつあるでしょうか!
建設計画を含めると10棟以上が整備されそうです。一番高いマンションは25階建てだそうです。
1階~3階程度がテナント、その上が居住区となります。中心商店街からマンション街へと変わります。

SILVIAおじさん、高層マンションに憧れはありますが、街なか地区は今住んでいる場所よりも確実に不便。
そんな地区へ転居することは考えれないですね。冬場だけ住めるような、お金持ちじゃないしね!
「街なかに住まうことがステータスになる。」とのコピーでしたが、どんな方が入居するのでしょうか。

2012年2月 7日 (火)

中教院の想い出

いたち川に架かる雪見橋を訪れたあと中央通り方面に向いました。

富山市いろいろ写真21は「中教院」です。
中教院については、いろんな方が記事を書いておられます。
東京に大教院があって、地方に中教院、小教院が置かれた。富山の中教院は、昔は富山一番の繁華街であった・・・。
SILVIAおじさんも今回、「富山市郷土博物館の博物館だより」で中教院について勉強させて頂きました。
富山市郷土博物館のサイトはこちらから http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/ どうぞ!

ある方は、「この祠が全国で一番小さい。」と書いていますが、真実は分かりません。

Dsc02269_960x1280_2
SILVIAおじさん、子供の頃は夏に行われる「中教院の夜店」に毎年出掛けて来ておりました。
親に連れて行ってもらった想い出の場所NO.1は「中教院の夜店」のような気がします。
富山市街地に住む、同年代の方は同じ想い出をお持ちだと思います。
SILVIAおじさんが子供の頃は、富山市内電車の不二越線が走っていました。
中教院前の電停を降りると、“いつもの通り”の“いつものお店”が眩しく感じる世界が待っていました。
遠い昔の想い出になりました。
ペットショップで「カブトムシ」を買って貰うのが夏の楽しみでした。

Dsc02274_1280x909
もう一枚の写真は
「ハッピー食堂さん」になります。
父親に連れて行ってもらった懐かしのお店です。父も好きだったのか年に何回も出掛けて来ました。
SILVIAおじさんが大好きだったのは「焼きそば」でした。
今でも、あの「焼きそば」が目をつぶると思い出せます。
少し油濃い、あの味は他では味わえません。赤の蒲鉾が入っていたような・・・記憶違いかもしれません。
富山市街地に住む方の想い出の味かも知れませんね!
今度、是非とも食べに行きたいと思います。40年振りになります。
現在では、マンション街となってしまった中教院通り。
そう言えば「タイヨー」と言うデパートがありましたね。
中央通り側の入口から入って中教院通り側が裏口でした。裏口近くが食料品のコーナーでした。
今でも入口の様子や店内のエスカレーターや階段の位置が思い出せますよ。

2012年2月 6日 (月)

雪見橋から撮影してみた

昨日は、少しだけ気温が上がりました。富山市では氷点下になることはありませんでした。
車で市街地を周りましたが、除雪している方の姿を沢山見掛けました。
既に雪を持っていく場所が無いようです。一度積み上げた雪を道路にもう一度戻すのは止めてください。
あなたが道路に捨てた雪で事故があったら、あなたの責任になりますよ!


富山市いろいろ写真20「雪見橋から」です。
いたち川に架かる「雪見橋」と言う素敵な名前を持つ橋があります。
周辺には「雪見荘」と言うビジネスホテルもありました。
場所は、先日記事にさせて頂いた「石倉延命地蔵尊」がある泉橋の一つ下流の橋になります。


Dsc02266_1280x960
橋の上には、歩道にも関わらず沢山の雪が・・・橋の欄干に近付くことは出来ませんでした。
橋の上に自転車が通ったタイヤの跡が残っています。
こんな大雪の中で自転車には乗らないよう取り締まれないのでしょうか!(無理でしょうね。)


Dsc02267_1280x960
雪見橋は雪見通りに架かっています。現在の橋は昭和50年に造られたそうです。
江戸時代に藩主が参列に通る「表ノ橋」と言われ、城下町では最大の橋で「大橋」と言われたそうです。
江戸時代に画家・池の大雅がこの橋のたもとで、橋に浮かぶ「雪の立山連峰」を描いたそうです。


昔、雪見橋という風流な名前が付けられた橋ですが、
SILVIAおじさんは雪見橋から見る「雪のいたち川」が素晴らしいのだろうと以前から思っておりました。
雪見橋と「ここから見る立山連峰」が結び付くとは思っていませんでした。
こんな「街なか」で、それを想像できる方は現在では少ないのではないでしょうか。
風流な世の中では無くなりましたね!

2012年2月 5日 (日)

屋根雪よ早く落ちてくれ

昨日は富山市内の大雪も、やっと小康状態となりました。
SILVIAおじさん家の屋根には50cmほどの雪が載っています。
気温が低く屋根から落ちない雪、時々家が「ミシミシ」と音を出します。
2階の屋根の雪が1階の屋根の上に「ドスン!」と地震のようです・・・でも「ミシミシ」の音は止まりました。


富山市のいろいろ写真19は「呉羽山の長慶寺」さんになります。
撮影は、知人のMさんです。Mさん、写真いつも有難うございます。今日の写真も素晴らしいですね!


Dsc00665
長慶寺さんの本堂です。

Dsc00666
階段を登った先に五百羅漢像がありますが、大雪の中です。

Dsc00632
階段も途中で道が無くなっています。

Dsc00672_2
呉羽山と言えど山は山です。積もっている雪は平地よりも多くなります。
Mさんは、きっと雪の中から顔を出す五百羅漢様を撮りたかったんだと思いますが、とても無理です。
SILVIAおじさん家の墓も春まで雪の中ですね!春分の日の墓参りはとても無理ですね。
大雪は、富山市街地よりも市の郊外(山沿い)で雪がとても多くなっています。
大沢野、大山、八尾地区では1mを超えていて、生活にも影響が出て来ていると思われます。

8日頃からは次の寒波がやって来ます。まだまだ遠い春です。
桜の第一回開花予想が発表されました。富山市は平年より3日遅い、4月8日だそうです。
立春を過ぎ、日の入りの時間が少しだけ遅くなったように感じれます。

2012年2月 3日 (金)

富山市ファミリパーク

今週も撮影に出掛けながらと思っていましたが長く続く大雪の為、撮影どころではありません。
富山市の市街地は60cm以上の積雪となっています。もう除雪でクタクタです。
SILVIAおじさん家は自宅前の用水に雪を捨てていますが、毎日、会社から帰ると30cm以上積もっています。

いろいろ写真その18は知人Mさんから届いた「富山市のファミリーパークの写真」です。
富山市ファミリーパークは、富山市古沢に昭和60年に開園した動物園です。
かわいい動物の写真が5枚あります。宜しかったら、ご覧下さい。

Img_2204

Img_2240

Img_2276

Img_2282

Img_2369
敷地内には遊園地もありますが、開園30周年の平成26年に遊園地を廃止して、自然体験ができる施設を再整備するそうです。
それにしても、この大雪なんとかなりませんかね!56豪雪並みかもしれません。
富山市街地は、山のように積み上げた雪の壁で車の運転が難しくなって来ています。道もガタガタです。
歩道は歩けるとこが殆どありません。そんな中、自転車に乗っている 「あなたは命知らずですか!」

2012年2月 2日 (木)

海沿いの岩瀬も雪の中

今週も撮影に出掛けながらと思っていましたが長く続く大雪の為、撮影どころではありません。
一昨日は富山市の最低気温がー5.3℃(午後10時54分)でした。
この日は午後10時~11時の時間に富山県内全域で気温が急激に下がりました。

富山気象台の過去の最低気温は1947年1月29日のー11.9℃です。
SILVIAおじさん生まれる、ずっ~と前のことです。


富山市のいろいろ写真17は、「雪の岩瀬」になります。
この写真は知人のMさんが1月30日に撮影したものです。6枚の写真があります、ご覧下さい。

Img_2953

Img_2950
昨日、海沿いの滑川市へ出掛けましたが、道路の脇に積み上げられた雪は車の高さを超えています。
会社の車は軽四のFFですので運転していても恐ろしい。路面が悪いと反対車線に飛び出しそうです。
後ろに、高性能の4WD車がやって来ると性能が違い過ぎますので道を譲ります。
でも、雪が沢山あり過ぎて道を譲る場所がありません。(´;ω;`)ウウ・・・。


Img_2843

Img_2920
SILVIAおじさんもSUBARUの高性能AWDに乗っていますので雪道でも車の挙動は乱れません。
でも車間距離しっかり空けて運転しています。早目のブレーキを心掛けています。
そんなSUBARUの横を追い越して行く軽四さん、あなたの車は、そんな高性能じゃありませんよ!


Img_2745


Img_2719
SILVIAおじさんのSUBARUですが、アンチロックブレーキ(ABS)が掛かったのは購入して1回だけです。
でもスタッドレスタイヤが減り気味なのと大雪で、今年の冬はABSが掛かりました。
久しぶりのABSでした。SILVIAおじさん、ブレーキペダルから足を外してしまいました。Σ(゚д゚lll)アブナッ !

岩瀬の町の屋根の雪は、海沿いの町ですのでSILVIAおじさんの家よりも少な目です。
これだったら雪おろしは心配しなくてもいいですね。
そんな雪が気温が低いので氷のように固くなって屋根に載っています。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »