2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 八尾冬浪漫・雪山登れません | トップページ | 夕暮れ時の環水公園 »

2012年2月14日 (火)

おわらの歴史に触れる

2月11日、八尾の町並みを見学した際に訪れました。
坂の町・八尾の東町にある「八尾おわら資料館」です。


近くには北陸銀行などの金融機関や八尾小学校などがある坂の町の中心部に位置します。
「風の盆」の際には、シャトルバスの降り場近くで地元の方の露店が並ぶ腹ごしらえ場所です。
八尾には、ここ数年「風の盆」を含めて年間に20回近く訪れますが、資料館は初めての訪問でした。
パンフレットには、
「体感してください。八尾ルネッサンス」 の素敵なコピー・・・。
入口には、八尾の町屋が復元?ではなく再現されていました。

Dsc_5518_1280x853

Dsc_5519_1280x856

Dsc_5520_1280x837
漆喰仕上げの美しい町屋のたたずまいが迎えてくれます。
こんな町屋に住んでみたいと思わせました。

Dsc_5491_1280x857
大型スクリーンで幻想的なおわらが紹介されています。
12分間の放映でしたが魅力一杯の映像でした。

Dsc_5493_1280x857
SILVIAおじさん大好きな「鏡町さん」も登場しました。
50席以上のホールでしたが見てたのは二人だけでした。

Dsc_5495_1280x857
1階の展示室には川崎順二(壺中庵)先生にまつわる資料が展示されています。
「八尾四季」を詠んだ小杉放庵さんとの交流についても、詳しく展示されていました。

Dsc_5513_1280x835_2
2階には、おわらの歌詞や浴衣が展示されています。
モニターを熱心に見ているのは、初登場のSILVIAおじさんの奥さんです。
真面目な人で・・・テレビを見るのが大好きです。

Dsc_5511_855x1280
壺中庵先生が叙勲されていたことを初めて知りました。
この先生なくて、現在の八尾のおわら文化は無かった・・・間違いないですね。

Dsc_5510_857x1280
県外から風の盆に出掛けて来て、踊りを見れない方も大勢いるそうです。
仕方なく、おわら資料館を見学して帰られるそうです。
そんな資料館も風の盆の際は超満員で諦める方も沢山います。
SILVIAおじさんも、資料館に入るのを諦めた一人です。
おわら資料館の中には「越中おわら節」が流れていました。
SILVIAおじさんに早くもビンビンと刺激を与え続けてくれました。
頭から唱が消えていかない・・・まだ半年以上先なのに!
おわら・・・こんな素晴らしい文化は他にはないよ!

« 八尾冬浪漫・雪山登れません | トップページ | 夕暮れ時の環水公園 »

越中八尾おわら風の盆」カテゴリの記事

コメント

なんか、実家の座敷に似てる!なつかしいなぁ~。最近は畳が恋しい!!

SILVIAおじさんも、畳の上で寝たのは・・・記憶にないです。

SILVIAおじさんさま
何事も先人の歩まぬ努力が有ってのことですね。
あの町屋が無いと矢張りしっくりしませんね。

輝ジィ~ジ様
私財をおわらに注ぎ込んだ川崎先生なくして、現在の八尾のおわら文化は無かったですね。
曳山会館前の川崎先生の銅像、大雪の中でも周りはキレイに除雪されていました。
輝ジィ~ジ様、「水の音、風のささやき、胡弓の調べ」心を震わす風の盆です。
風の盆がある富山に生まれて良かった。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おわらの歴史に触れる:

« 八尾冬浪漫・雪山登れません | トップページ | 夕暮れ時の環水公園 »