2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 寒波襲来26年振りの大雪 | トップページ | 入善ラーメンまつりへ出掛ける »

2012年2月19日 (日)

万葉線の新旧・越ノ潟

今週と来週の2週間は射水市を紹介します。
撮影に出掛けながらの紹介となりますので、お休みを入れての2週間です。
射水市のいろいろな場所で撮影した写真をご紹介します。
射水市いろいろ写真1は「万葉線の新旧」です。
撮影は、知人のMさんです。


Img_9842

Img_9863
撮影場所は、越ノ潟駅です。
万葉線の新湊の最終駅が越ノ潟になります。
赤いトラムが新湊・高岡の街なかを疾走する姿は、とても斬新です。
でも、このトラムは・・・名前は何って言ったっけ!
レッドトラム?・・・トラムとは呼ばないんだったかな・・・万葉線だよね!

« 寒波襲来26年振りの大雪 | トップページ | 入善ラーメンまつりへ出掛ける »

射水市」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
トラムは、路面は走らないのでしょうか?
広島では、路面へも乗り入れていました。
新型車両はかっこいいですが、黄色の車両は、後世に残して欲しいですね~

正月に帰ったときに見たよ~♪赤いトラムはドイツ製なんだって?キレイだね。
雪の多いとこで低床なトラムはどうか・・・と思ったけど、結構、乗車率も上がったとか。
白い雪の高岡を赤いトラムの姿・・・、懐かしいです。

ニュートラムじゃなかったでしょうか?

大阪にも、ニュートラムという路線がありました(南港ポートラム線)

シギーさん
このトラムは街なかでは路面を走ります。
赤のトラムと歴史都市の高岡の街は不思議にマッチングしています。

まぶちょんさん
高岡のトラムは最初の頃、脱線事故が何回かありました。
現在は改善されているようですが・・・高岡の人に聞いたのですが、子供のころ
「どんなに大雪になっても万葉線はストップしない。」と親から言われたそうです。

R.Ptarmigan
初めて聞きました。ニュートラムですか、新しい万葉電車を現したネーミングですかね!

はじめまして。宝塚在住の「なりひら」です。この2年ほどの間に、仕事の関係で、高岡、旧新湊に3度出張しました。万葉線にも乗車しましたが、なかなか快適でした。料理やで「しらえび」を食べましたが、なかなか行けました。もちろん「銀盤」も。妻の両親が笹津ということもあり、富山県には愛着があります。

なりひらさん、有難うございます。
奥様が富山県出身なんですね!富山良いとこですよ。春になったら是非、遊びにお越し下さい。
私は、学生時代と就職して数年は京都に住んでいました。
私の砺波市にある会社の事務所ですが男4人中、私を入れて3人が京都で学生時代を過ごしていました。
富山から進学で関西に行く子供達結構います。

奥様はご存知と思いますが、富山県は富山市にある呉羽山を境に呉東と呉西に分かれます。
加賀百万石のお膝元の呉西と関東の都市圏の影響を受ける呉東ですが、
華やかな文化と実用性の文化に分かれます。食べ物の味付けも違いがありますよ!

SILVIAおじさん さま
小生、新旧車両乗ったことあります。
越ノ潟、子供の頃は海水浴の序でにシジミも採りましたよ。歴史も有る懐かしいところです。

万葉線のトラム 新車両、富山のLRT、ともに製造は旧 新潟鉄工 会社更生法後設立の
現 新潟トランシスと言う会社で製造されました。

輝ジィ~ジ様
私、実は万葉線には一度も乗ったことありません。今度、記念に乗ってみます。
越ノ潟の一つ前の駅に中新湊ショッピングセンターがあったのは憶えています。
素敵な場所でしたが、今はマンションに変わりました。
トラムは新潟で製造されたのは知っていました。やっぱり新津の工場ですかね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万葉線の新旧・越ノ潟:

« 寒波襲来26年振りの大雪 | トップページ | 入善ラーメンまつりへ出掛ける »