2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の23件の記事

2012年3月31日 (土)

ここは何処でしょう!

写真は「飛騨高山」にあるお気に入りの喫茶 バグバイプさんでした。
何回もお茶したことがあります、素敵なお店です。

今日も写真1枚です。フィルム撮影画像です。
忙しいのにフィルム画像をスキャナーで取り込みました。(^-^;。


Photo

さて、ここは何処でしょう!

2012年3月30日 (金)

この場所は何処でしょう!

間もなく3月も終了。4月1日からは新年度がスタートです。
年度末から新年度の初めは超忙しい仕事をしております。
暫らくの間、過去画像の写真1枚のみを掲載させて頂きます。


Dsc_3949_1280x857

さて、この場所は何処でしょう!

2012年3月28日 (水)

富山中央植物園の桜

先日の記事で富山県内で一番綺麗な桜を見る事が出来る場所として
「舟川べりの桜」を紹介致しました。
今日は、もう一つ県内でソメイヨシノが綺麗に見える場所を紹介致します。
今年の花見の参考にして下さい。
 

その場所は、富山県中央植物園になります。
場所は富山市婦中町の上轡田にあります。
平成元年から整備を進め、平成5年10月に屋外展示園を開園。
展示温室やサンライトホール等を整備して平成8年4月から全面公開しています。
植物の観賞、育成、保存と植物の調査・研究を行っており、
植物園に必要な機能をすべて備えた、日本海側初の総合的な植物園です。


Dsc_0254_1280x872

平成22年4月9日撮影

植物園の桜の木ですので、専門家がソメイヨシノの管理にあたります。
綺麗な花を付けて当たり前と思われるかも知れません。


Dsc_0269_1280x883

平成22年4月9日撮影

富山中央植物園では桜の期間中にライトアップが行われます。
大勢の見物の方がライトアップの花見に訪れます。
植物園の桜の木は地面近くまで枝が伸びています。
花の密集度は古城公園や松川の桜とは違います。
植物園で行う花見、素敵ですよ!

2012年3月27日 (火)

春未だ遠い内山邸の梅園

3月25日、富山県民会館分館の豪農の館 内山邸に出掛けました。
先週末に梅が見頃を迎えると一週間前のニュースで言っていたのを覚えていました。
見頃を迎えていると・・・でも先週、梅の開花が進むような暖かい日があったっけ・・・
そう思いながら、時折、あられ降る中を富山市の石坂に向かいました。

駐車場には同じニュースを観た人でしょうか1台以上の車が停まっていました。
楽しみにしていた梅は・・・開いているではないですか!
紅梅が咲いています、それも結構、花が開いています。・・・でも、2本ほどだけです。
見頃どころか一週間前と変わりありません。(先週も来ていました。)

春まだ遠い内山邸の写真をご覧下さい。NIKON D7000撮影。


Dsc_2469_1280x848
Dsc_2439_1280x848
Dsc_2453_1280x848_2
Dsc_2459_848x1280

Dsc_2468_1280x848
Dsc_2432_1280x848

Dsc_2446_1280x848

Dsc_2462_1280x848

大阪城公園の梅林は見頃を迎えているようだけど、
富山の梅は、昨年より2週間以上遅れているのではないでしょうか。

27日から気温も上がるようだけど、4月1日に、又、雪マークが出ているよ。
富山の春は、未だ未だ遠い・・・こんなの記憶に無い・・・ありません。
甲子園の高校野球観ていても、寒いので球春が伝わって来ません。

2012年3月25日 (日)

富山の桜のお勧めは

先週あたりからブログに桜の記事を書いている方を目にするようになりました。
皆さん、桜が待ちきれないようです。SILVIAおじさんも同じ気持ちです。
さて、富山県内で一番綺麗な桜を見る事が出来る場所は何処でしょうか!
あくまでSILVIAおじさんが県内のソメイヨシノを自分の目で見て選んだものです。
でも、今年の花見の参考にして下さい。
 

富山市街地に住むSILVIAおじさんですので「松川の桜」を選ぶと思われるかも知れません。
「松川の桜」は確かに綺麗です。(桜百選に選ばれているのですから当然です。)
でも、「松川の桜」はビル街の中に咲く桜として、
そして松川を運行している遊覧船と桜がコラボするから、
全体が素敵な風景として、より綺麗に見えるのではないかと思います。
 

毎年、県内のほとんどの桜の名所を見て周ります。
富山県内の各地で見ることが出来るソメイヨシノですが一番お勧めしたいのは・・・


私がお勧めするのは、朝日町

Dsc_0049_1280x856
2010年4月18日撮影

「舟川べり」は、チューリップや菜の花と同時に見ることが出来る桜として知られています。
でも、「舟川べりの桜」は桜の木自身も元気で、若木を越え成熟した木々達です。
桜の花の密集度が古城公園や松川の桜とは違います。

Dsc_2448_1280x843
2011年4月16日撮影

舟川べりは川沿いの道路や川縁がコンクリート舗装されていません。
雨を地面が十分に栄養として吸収しています。
川縁に植えられた桜の木も栄養を得て、とても元気な花を付けます。
「舟川べりの桜」を、管理しておられる方の努力にも頭が下がります。 
 

昨年まで、3年連続で満開の頃に舟川へ出掛けています。
昨年は2週続けて週末に出掛けていました。
いつも圧倒的な満開の桜並木が迎えてくれます。
「舟川べりの桜」を見たことのない方、良かったら出掛けてみて下さい。

2012年3月24日 (土)

高岡古城公園の梅林

富山の桜の開花の発表がありました。また開花時期が遅くなりました。
今年の桜の開花予想は4月10日だそうです。
桜の開花に合わせて休みを入れていましたので休みの変更が必要になりました。

今年初めて、高岡の古城公園へ出掛けました。
花が開き始めた梅林を撮影して来ました。コンデジ撮影です


Dsc02381_1280x959
立派な案内板が梅林前の通路に付いていました。ピカピカの看板でした。

Dsc02394_1280x946
朝陽橋の近くで行われていた遺跡調査も終了していました。
遺跡調査で被われていた青いシートも取払われ、調査の後も綺麗に整備されています。


Dsc02386_1280x960

今週末、見頃を迎えると今朝のニュースで言っていましたが、まだまだ寂しい梅林です。
次回は桜の満開の頃に必ず訪れたいと思う古城公園です。
 

ここ2年連続で桜の満開の頃に古城公園に来ていますが、
園内の桜の木は年を取ってしまったのか、絶景と言うまでは行かないように感じます。
桜の花の密集度が薄くなっているように見えます。
子供の頃に見た古城公園の桜は、もっと綺麗だったように想い出します。

これだけ沢山の木が有ったら桜の木だけ管理する訳に行かないから仕方無いかな!

2012年3月23日 (金)

わらじ寺の大わらじ

サムスンのコンデジ見てたら、日本のコンデジには無いような機能が付いていました。
液晶がカメラの前面にもう一つ付いていたり、
カメラが縦に半分になって液晶が180度回転したり、自分撮り用だって。
やっぱり自分を磨くのにお金を惜しまない韓国の方達、納得できます。
新湊にある義常教会(わらじ寺)の大わらじを紹介します。ネタ不足です。
場所は射水市の八幡町にあります。
昭和27年に大わらじが製作され、地元では「わらじ寺」として親しまれています。

Img_2229

Img_2225


先日も書きましたが、
何度も新湊に出掛けて来ますが、「わらじ寺」も何処にあるのかよく分かりません。
内川ばかり撮影していて新湊の素敵なところ見逃しているようです。
美味しいところも見逃しているようです。

2012年3月21日 (水)

富山市広報の素敵な表紙

今日の写真は、先日も記事にしました富山市の春の風物詩チンドンになります。
実は、この写真は、「広報 富山」の3/20号の表紙に使われていた写真です。
素晴らしい写真でしたので、全国の皆さんにも見て頂きたいと思い使わせて頂きました。
富山市さんゴメンなさい。撮影された方、本当にゴメンなさい。ネタ不足です。
でも、本当に素敵な写真です。


Dsc02374_1280x978
撮影日は平成22年4月10日と書いてありました。
撮影場所は松川に架かる華明橋の上から西側を撮影しているようです。
女性チンドンマンの素晴らしい笑顔と衣装が「松川桜」と本当に綺麗にコラボしています。
小さく撮れている遊覧船が、もう少し大きかったら、尚最高でしたね。

2012map
もう一つは、ネットで見付けた松川MAPです。
そして、これが富山市の「街なか」です。何処が「街なか」の中心なのかは分かりません。
でも、中央に書かれている富山市役所の周辺が「街なか」の最中心部なんでしょうね。
「街なか」で暮らすのは格好良いけど、生活するのは、いつも書いているけど大変だよ。
スーパーもコンビニも極端に少ないんだから!皆さん何処へ買物に行くんでしょうね。

日本100選に選ばれている「松川桜」、両岸のソメイヨシノ450本は本当に綺麗です。
松川遊覧船から見る桜は一見の価値があります。
ヒートアイランドの影響で「松川桜」は富山市の桜の開花宣言前に咲き始めます。
今年も「全日本チンドンコンクール」に最高の舞台を演出してくれるはずです。
そして富山に春の到来を告げてくれます。

2012年3月20日 (火)

新湊 専念寺の傘松

新湊の専念寺の傘松を紹介します。ネタ不足です。
場所は射水市の本町にあります。
とても面白い写真でしたので紹介します。

Img_0219

Dsc_25648


何度も新湊に出掛けていますが専念寺が何処にあるのかよく分かりません。
歩いて何回か近くを通っていますが専念寺にも傘松にも出会えていません。
道が一本違うのでしょうか!

2012年3月19日 (月)

大京都店「今年の漢字」

3月18日、富山大和6階で毎年開催されます大京都店に出掛けて来ました。
特設会場の入口には年末に京都の清水寺で発表されます「今年の漢字」が展示されていました。


Dsc02368_1280x954
その年の世相から決められる一文字です。
2009年は「新」、2010年が「暑」、そして昨年は「絆」。
記憶力が悪いのか「新」と「暑」は憶えていません。

大京都店の会場はジェイアール京都伊勢丹1階の土産品販売コーナー並みの大混雑。
狭い通路は、なかなか前に進むことが難しいほどの人混みです。
富山から京都まで車で3時間半ほどで行けるのに、この人手は凄い!


Dsc02371_1280x926_2
“生八橋”“漬物”“エクレア”・・・美味しそうな物が沢山あります。
漬物コンビニショップ「西利」さんには、いつものように沢山の試食品・・・もう少し種類も出してほしいな。
試食漬物、「こんなに小さく切らなくてもいいのに!」と箸で摘んだ瞬間に思います。

今日、テレビ見てたら高速バスに新規業者参入だそうで、その価格が驚き!
富山⇔東京 片道2980円だそうです。驚いたでしょう!

2012年3月17日 (土)

ラストラン寝台特急「日本海」

3月16日、本日ラストランの寝台特急「日本海」の勇姿を富山駅で見て来ました。

「日本海」は1950年運行を開始、ブルートレインとして大阪ー青森間を約15時間掛けて走行しています。
2012年3月17日のダイヤ改正において、利用客の減少・車両の老朽化に伴い定期運行が終了します。

自宅を出発したのが21時30分、富山駅を「日本海」が出発するのが22時20分でしたので時間的には十分の余裕がありました。
でも週末、そして歓送迎会の時期の富山駅周辺の混雑状況は以前にも体験したことがありますので余裕を見て出掛けました。
想像していた通り、富山駅周辺の人出は凄かった。日中よりも人が格段に多い。
居酒屋前で列をつくる仕事帰りの飲み人達、交差点は信号が黄色に変わっても車を進めれません状態です。
コインパーキングも満車状態・・・4件目の大型パーキングでやっと空いていました状態です。
飲み人達が歩く中をデジイチ持って移動するのは恥ずかしい状態です。
駅前広場の屋台ラーメンの横を抜け仮設富山駅の構内へ、入場券(140円)を数十年振りに購入。誰かの新婚旅行のお見送り以来ですね。
この時間でも改札口は、お姉さんなんですね。好感度アップです。
「日本海」が到着する6番線ホームは改札口から260m先、こんなに遠いとは思わなかった。
こんな時間に到着する列車から降りる乗客の多いこと、皆さん何処へ出掛けていたの!

6番線ホームに、やっと到着したのは22時05分前後でした。
ホームには人が少ない、以外でした。でも、整理の為か警察官が数人待機しています。
やっぱり沢山の鉄ちゃんが来るんだろうな。
先頭車両の到着位置まで行くつもりはありませんでした。
到着予定時間が近付いてくると、カメラ持った連中が10人ほどでしょうか現れました。
小学生を連れた家族連れ、年配のご夫婦・・・でも想像していたほどではありません。
「富山に鉄ちゃんは少ないのかな!」と思い始めていたところに「日本海」到着のアナウンス!

SILVIAおじさん、動く列車を撮影する経験は殆どありません。
それも夜の撮影は経験ありません。
Sモード1/20(一応連写)で一枚に賭けることにしました。
そして撮影したのが、この一枚。シャッター押すのが早過ぎました。(。>0<。)。


Dsc_5635_1280x780
仕方が無い、先頭車両へ行ってヘッドマークでも撮影しますかね。
こんなに空いているんだから一人締めと・・・
今までホームにある待合室の影で見えていなかった方へ移動しました。

そこには、恐ろしい光景が・・・


Dsc_5638_857x1280
“100人近い富山の鉄チャン達の大群が・・・アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!”

SILVIAおじさん到着前から場所取りして静かに待っていたんです。
警察官が警備に来ている訳です。待合室の影で彼らが見えて無かった。
なんとか撮影しましたが、鉄ちゃん達の撮影の嵐に、これ以上「日本海」の正面に行けません状態です。


Dsc_5652_857x1280
ほんの2分ほどの停車で列車は動き始めてしまいました。
列車撮影に慣れていないSILVIAおじさん、何処を撮影すればいいのか分かりません。
途中で撮影は諦めました。列車内から手を振る乗客達に手を振って見送ることにしました。

「ありがとう!」 の声がホームで上がりました。

本当に有難う「日本海」。
長い間、お疲れ様でしたと心の中でSILVIAおじさんも声を懸けていました。

でも、一度も「日本海」には乗車したことありませんでした。
「日本海」を見たのも、この日が初めてでした。
ただ以前から、列車のラストランの場面に遭遇したかっただけです。

2012年3月16日 (金)

金沢の絢爛豪華な結納品

富山も春近しですが、仕事が忙しくて撮影に出掛けてません。
今日の写真は金沢の武家屋敷跡で撮影された婚礼儀式の品です。
撮影は知人Mさんです。(大分昔の写真です。)

Img_1081

さすが、加賀百万石の歴史ある金沢です。最上級の結納品の数々です。
富山県の結納品について調べてみました。
元々は加賀藩であった富山県ですので金沢と大きく変わりはないそうです。
ただ、大きく違うのは県東部では結納品を木の台に載せることはしないそうです。
県東部は結構なんでも簡素に済ませます。無駄な?豪華なことはしないようです。

2012年3月15日 (木)

中央通り商店街の守り猫

先日、所用で会社を休みました。用事を午前中に済ませ午後から撮影に出掛けました。
今日は写真1枚です。
撮影場所は、平日の富山市街なかの中央通り商店街になります。


Dsc02354_1280x933
中央通り商店街を歩いていたら、真ん中辺りで洋服店から白い猫が現れました。
写真に撮るのを止まって待ってくれていた様に、洋服店へと消えて行きました。
人が沢山歩いていた頃は、猫君が通りの真ん中でポーズを取ってくれることは考えれませんでした。

2012年3月14日 (水)

なごり雪舞う富山市中心部

富山市の大手町にあるANAクラウンプラザHOTEL富山です。
冬場は地鉄バスを乗り継いで専門学校へ通学しているJr君を迎えに出掛けました。
バス到着までの時間、セブンイレブンの駐車場で待っている間に撮影!


Dsc02367_943x1280

HOTEL前の城址公園前交差点は富山市の最も中心部と言っても良いと思います。
歓楽街が近くセブンイレブンを利用するお客様の客層も郊外店とは随分と違います。

疲れて会社から帰ってきて、更にJr君迎えに行くのはシンドイです。
でも、大好きな“街なか”だから喜んで迎えに出掛けてしまいます。
でもJr君、ここから歩いても自宅まで10分係らないんだよ!

2012年3月13日 (火)

旧8沿いの秘宝館

今日は写真1枚です。撮影場所は、富山市水橋になります。
仕事で滑川に出掛けた際に車の中から一枚です。
近頃、テレビやネットで紹介されているのを見掛ける「日本海食堂」さんです。
R.Ptarmiganさんも3/11のココログに日本海食堂さん紹介しておられます。
是非、訪問してみて下さいね。
現在のマスターの趣味で集めたコレクションが店内に沢山あるそうです。
お店の前に置かれたパトカーも有名になりました。


Dsc02360_1280x879
「日本海食堂」さんは、
旧国道8号線沿いにあるドライブインで、昔は長距離トラックなどで賑わっていました。
でも、国道8号線が別の場所を通り、現在は裏通りに面するお店となってしまいました。

日本海食堂さんのホームページを発見!
≪食堂は私設博物館?あなたの青春、思い出噛んで噛んで、噛みしめて下さい≫と書かれていました。
昭和を売りにして頑張る元気な「日本海食堂」さん、今度は店内のコレクション見に出掛けます。勿論、食事も致します。
SILVIAおじさん、「日本海食堂」さんを20年以上前から知っていましたが一度も入ったことありません。当時から不思議に見えた食堂でした。

2012年3月11日 (日)

震災復興チンドンコンクール

富山市はチンドンの街です。
「全日本チンドンコンクール」が2年振りに開催されます。
昨年は震災の影響で開催中止、SILVIAおじさん生まれて始めてのことでした。
全日本チンドンコンクールは今年で第58回目を迎えます。
チンドンコンクールには、
プロの部には宮城、秋田から長崎までの30組のプロのチンドンマンが出場します。
素人チンドンマンも北海道から岡山まで33組が富山に集結します。
チンドンマンが満開の桜の下、クラリネットやサックス、太鼓を鳴らしながら賑やかに練り歩きます。

Dsc_5609_905x1280
富山市総合体育館では、プロチンドンマンたちが日本一の座をかけて競い合います。
富山の春の風物詩「全日本チンドンコンクール」、もう直ぐです!
「全日本チンドンコンクール」は、こちらからどうぞ 
http://www.ccis-toyama.or.jp/toyama/cin/top.html

Dsc_5598_887x1280
子供の頃、春のチンドンコンクールが本当に楽しみでした。
当時は、車を使った大きなデコレーションしたチンドン屋さんがとても好きでした。
今は、車を使うチンドン屋さんはいなくなりましたが、派手な衣装と化粧で鳴り物ならす姿は人気の的です。
富山市街地を明るく彩る「松川の桜」と「チンドン」・・・誰もが笑顔になる春の富山の象徴です。

昨年中止となったチンドンコンクールでしたが、富山の大道芸人達が自主的に集まりました。「こんな時だからこそ!」「震災復興を願って」・・・(。>0<。)。

Dsc_1812_1280x857

SILVIAおじさんも彼らの意思に感動し2日間とも撮影に出掛けました。
彼らが伝えたい気持ちが撮影していてもレンズを通して感じ取れました。


Dsc_1817_857x1280
出掛けて行って良かった!見物の方の飛び入り参加があったり・・・
笑いの渦が震災と言う辛い現実を忘れさせてくれる時間でした。


Dsc_1760_1280x857
昨年、開催中止になった分、今年は街なかのポスターやノボリが、もの凄く目に付きます。
街の人も、早くチンドンが始まらないかと楽しみに待っています。
2年振りだから、その気持ちは尚更です。
そして震災からの復興を願って全国からチンドンマンが集結してきます。

2012年3月10日 (土)

老舗喫茶「小馬」さん

今日の写真は、富山駅周辺の喫茶店の階段からの一枚です。
店内に昭和の雰囲気が残る喫茶店、昔ながらのお店です。
喫茶「小馬」さん。富山駅南口のビルの2階にある喫茶店です。


Dsc_5597_1280x857

昔から、今の場所にありSILVIAおじさんも何回も利用しております。
深夜1:00迄営業していて、ここで会社の深夜会議を開いた想い出があります。
仕事熱心な連中で、平日にも関わらず福井や金沢から10名ほど集合してエンドレスの会議です。
彼ら富山泊りと思っていたら高速で帰って行きました。真冬のことでした。
会議にも使える、とても落ち着く富山の老舗の喫茶店さんです。オムライスが自慢です。

もう一枚は、先日紹介した「富劇飲食街」です。先日は、お昼の写真でしたが夜の写真になります。


Dsc_5596_835x1280
ここの昭和の食堂街も歩く人はいませんでした。
近くには、新しい居酒屋さんが沢山あります。若い方はどうしても・・・。

先日、富山駅周辺を散策して感じたのは、素敵な路地やお店が沢山ありました。
自宅から富山駅まで車で5分程度なのに、長い間、ただ通り過ぎていた街。
出掛けて来なかった10年の間に、昔のお店は少なくなり、新しいセンスの良いお店に替わっていました。
郊外店では味わえない魅力たっぷりです。時間を掛けて巡ってみたい。暖かくなったら、又、出掛けます。

2012年3月 9日 (金)

ミラーレスカメラ持つおじさん

3月6日、所用で会社を休みました。用事を午前中に済ませ撮影に出掛けました。
出掛けた場所は、大好きな新湊の内川を選びました。
この日は、朝から全国的に気温が高く、富山でも最高気温が13.6℃まで上がりました。
春らしい陽射しはありませんでしたが、町行く人達も上着を脱ぎ春の装いでした。
でも、今週末からは、又、氷点下の気温が予想されています。本当の春の訪れはまだ先のようです。



Dsc_2419_1280x848_6Dsc_2420_1280x846_7

以前にも書きましたが、内川はSILVIAおじさんが大好きな日本の原風景です。
今年も機会があれば内川を撮影に出掛けて来たいと思います。
人々の生活と共にある水の風景はとても素敵です。

仕事を終えた若い漁師さんが船の上で集まって談笑中。
この後、風呂入って、一杯やりに行くのかな!でも、そんな店も少ないように感じたけど・・・



Dsc_2428_1280x848_5Dsc_2424_1280x823

橋の上から内川を撮影する男性を見掛けました。
男性は数枚の写真を撮っては車で橋を移動していました。

この男性、ミラーレスのカメラを持っていたんですよ。
SILVIAおじさんもミラーレス欲しいよ!
今年は、デジイチからミラーレスに切り替えたカメラマンとイベントでお会いするだろうな!
そろそろミラーレスが安くなって来たから買い時かな!勿論、ニコン1を選びます。
V1かな・・・J1でもいいかな・・・発売前だけどCOOLPIX P310も欲しいカメラで~す。

Dsc_2427_848x1280
地元の方のように、内川が見せる四季の光景を写真に残したいものです。
でも「内川は夜に撮影した方が綺麗だよ!」と元地元の方に教えて頂きました。
夜の内川と新湊大橋を撮影に出掛けて来たいと思います。

2012年3月 8日 (木)

富山電気ビルデイング2

昨日に引き続き、富山電気ビルデイングの写真を掲載します。
富山の昭和初期の建物遺産ですが、タイル張りの外装がとても素敵な建物です。

テレビドラマ「不毛地帯」第1話のロケの地元新聞記事をネットで見付けました。山崎豊子さんのベストセラー小説を原作に、10月から放映される連続ドラマ「不毛地帯」の富山ロケが2日、富山市桜橋通りの富山電気ビルで行われた。主演の唐沢寿明さんは「壮大なスケールのドラマにしたい。富山の皆さんにもぜひ見てほしい」と語った。


Dsc_5586_1280x857
富山ロケには、唐沢さんと地元のエキストラ約30人が参加。主人公が初めて商社に出社する場面を撮影した。富山電気ビルは、昭和30年代の大阪の商社という設定で使われた。会社に向かって桜橋を歩くシーンに臨んだ唐沢さんは「ビルのたたずまいが原作の時代背景にぴったり」と話していた。

Dsc_5587_1280x857
ドラマは、シベリア抑留から帰国した元エリート軍人が主人公。戦後の荒廃から社会が立ち直ろうとする激動の時代を背景に、総合商社でビジネスの世界に身を投じた30年間を描く。柳葉敏郎さんや和久井映見さん、小雪さん、佐々木蔵之介さんらが共演する。(2009年08月03日 北日本新聞)

SILVIAおじさんが、電気ビル横の松川縁でロケの様子を見たのは第30話の撮影でした。2009年11月27日の事でした。当日は沢山の見物の方で周囲は大変混雑していました。富山に映画やドラマのロケを誘致する活動は、ここから始まったようです。

最後の写真は、電気ビル玄関にあった館内専用ポストでしょうか!
電気ビルデイングはHOTELとして宿泊客を受け入れた時代がありました。


Dsc_5583_852x1280_4
上に伸びる黒い金属のパイプは、2階より上で投函した郵便物がパイプを通って落下する仕組み?
宿泊客専用だったのかも知れません。今では使われているか分からないポストですがピカピカでした。天井や壁の装飾は豪華ではありませんが重厚で落ち着いた造りです。電気ビルレストランさんのオムライスがとても美味しいと評判です。後世に残したいと思う、富山の建物遺産です。

フジテレビ系で放送され人気沸騰だった「不毛地帯」ですが、SILVIAおじさんロケは見に行きましたが、ドラマは一度も見ていません。・・・p´□`q)゜o。。。山崎豊子さんの小説は難しいです。

2012年3月 6日 (火)

富山電気ビルデイング

今日の写真は、富山電気ビルデイングです。
以前に富山の建物遺産として「富山県庁舎」を紹介させて頂きました。今回の建物はもう一つの昭和の建物遺産の「富山電気ビルデイング」です。


Dsc_5578_1280x857
富山電気ビルデイングは、富山市桜橋通りにあります。
1936年4月に竣工し、富山市内では富山県庁舎とともに第二次世界大戦以前の貴重な建築物です。正式名称は「ビルデイング」であり、「ビルディング」ではないそうです。富山市の方は「電気ビル」と呼びます。

Dsc_5581_1280x857
外観はタイル張りの鉄筋コンクリート製の建物で、地上5階・地下1階の構造となっています。1945年8月1日の富山大空襲の戦災にも耐え建築当時の外観が現在も保たれています。昭和初期の富山の象徴となっています。(ウィキペディアより)

フジテレビ・木曜劇場の唐沢寿明主演の『不毛地帯』のロケ地として使用されました。全国に歴史あるビルが少ないそうで、近畿商事の本社ビルとして登場していました。
SILVIAおじさんはエキストラで・・・(u_u。)。当日は、松川縁で行われていたロケを見に出掛けていました。唐沢さんと和久井さんが前を通りましたが、その頃は残念ながら写真撮影は趣味ではありませんでした。

2012年3月 5日 (月)

富山の昭和「シネマ食堂街」

一昨日の夜、富山駅周辺に食事と撮影に出掛けました。
昔は、会社帰りに富山駅周辺によく出掛けて来ましたが、仕事が変わると、そんな事は無くなりました。通勤する場所や業種によって、こんなに歓楽街が遠くなるとは想像も付きませんでした。

富山駅周辺には、新しいお店が沢山オープンしていました。
食事場所に選らんだのは「餃子会館」さんでした。富山駅近くの老舗の中華料理店です。
小さいお店の中に、丸テーブルの相席で男性客が10人程が食事中でした。酒を飲みながら、餃子を食べながら、話しに夢中になっておられました。注文したのは、たん麺(塩味)と餃子1人前・・・ボリュームがあり、結構、満腹になりました。

写真は、富山駅の前にある「シネマ食堂街」です。
先日、この地区の再開発計画が新聞に掲載されていました。ホテル東横インを中心に生まれ変わります。シネマ食堂街の写真が7枚あります、よろしかったらご覧下さい。

Dsc_5591_1280x857_2
Dsc_5588_1280x821
Dsc_5589_856x1280

周辺には新しくできたHOTELが、幾つもあります。
近代的なHOTELと懐かしい食堂街のアンバランスが余計に魅力をアップさせていました。

Dsc_5594_1280x837_2
Dsc_5590_1280x835
後、数年で取り壊されるであろうシネマ食堂街。
富山駅周辺から、懐かしい昭和が消えます。

Dsc_5595_836x1280
Dsc_5593_857x1280
近隣周辺には、赤や黄色のネオン輝く平成のお店が沢山あります。
土曜日と言うこともあり、富山駅周辺には若い方が沢山繰り出していました。でも、昭和の食堂街には誰も歩いていませんでした。

2012年3月 3日 (土)

大門の「いっぷくや茶」さん

射水市の写真6は射水市大門の「いっぷくや茶」です。
昨年、「いっぷくや茶」さんにお邪魔した際の写真です。

街なかの空き店舗を利用した、街なかサロンが憩いの場所として各地に整備されています。
大門の「いっぷくや茶」さんは、そんな中でも綺麗に整備されている人気のスポットではないでしょうか!
大門の中心商店街の中町さんに「いっぷくや茶」さんはありました。


Dsc01433_1280x960

美味しい珈琲(100円・お菓子付き)を出しておられ、常連さんで賑わっていました。
居心地の良さそうな場所で、もう一度訪れてみたいと思う人気のサロンです。


Dsc01432_1280x960

壁や天井には大門の凧が飾られています。
毎年、五月第三の土、日曜日に大門では大凧まつりが開催されます。


Dsc01429_960x1280

今年の大門の凧まつりは、5月14日、15日に開催されます。
近くを流れる庄川の河川敷で全国からの持ち寄った5000の凧が空を舞うそうです。


Dsc01430_960x1280

今年、天気が良ければ出掛けて見たいイベントの一つです。

Dsc_0235288
でも、凧上げの写真撮影は難しいだろうな!風しだいで~す。

2012年3月 2日 (金)

雛人形を撮る・・・難しい

富山市内の某所に飾ってあった雛飾りです。20体以上の雛壇が飾られており圧倒されました。
SILVIAおじさん家には、女の子はいませんので雛飾りはありません。
飾ってあった雛飾りは個人所有の物を集めたようでしたが、中には82年前の物をありました。
年代を重ねた雛人形達ですが、古さ感じさせる事はありません。
むしろ、その時代の人形の方が作った方の気持ちが入っているようで見事でした。
持参していたコンデジでの撮影です。

Dsc02316_1280x960

Dsc02332_1280x984

Dsc02336_960x1280_2
室内で、それも夜の撮影、しかもコンデジでフラッシュなしです。
綺麗に写し撮ることは出来ませんでした。残念!
デジイチ持ってもう一度撮影したいけど、遠慮しておきます。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »