2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 中央通り商店街の守り猫 | トップページ | ラストラン寝台特急「日本海」 »

2012年3月16日 (金)

金沢の絢爛豪華な結納品

富山も春近しですが、仕事が忙しくて撮影に出掛けてません。
今日の写真は金沢の武家屋敷跡で撮影された婚礼儀式の品です。
撮影は知人Mさんです。(大分昔の写真です。)

Img_1081

さすが、加賀百万石の歴史ある金沢です。最上級の結納品の数々です。
富山県の結納品について調べてみました。
元々は加賀藩であった富山県ですので金沢と大きく変わりはないそうです。
ただ、大きく違うのは県東部では結納品を木の台に載せることはしないそうです。
県東部は結構なんでも簡素に済ませます。無駄な?豪華なことはしないようです。

« 中央通り商店街の守り猫 | トップページ | ラストラン寝台特急「日本海」 »

県外」カテゴリの記事

コメント

わたしも ここへは行った事があります。
金沢では、今でも行われている風習です。
娘達の結納式を、思い出しました。

左に掛っているのは「 花嫁のれん」ですね~。
花嫁が家紋のついた、友禅染ののれんを持参し、
婚家先の座敷にかけて、それをくぐって、その家の嫁になったことを示します。
この風習は少なくなってきているようです。

りりさん
「花嫁のれん」ですか始めて聞きました。
後世に残したい風習ですね。
加賀水引といい金沢の雅の世界ですね。
調べてみましたが9品目を送るのは最上級のようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金沢の絢爛豪華な結納品:

« 中央通り商店街の守り猫 | トップページ | ラストラン寝台特急「日本海」 »