2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« チンドンが笑いを運んで来た | トップページ | 富山はチンドンの聖地 »

2012年4月 8日 (日)

チンドンコンクール本戦

昨日の写真は長野安曇野にある大王わさび園横の風景でした。
富山から信州へのバス旅行となるとコースに入りますね。
会社何回か変わりましたので、慰安旅行で3度ほど出掛けました。
黒澤明監督の映画『夢』のロケ地としても知られています。


前日の全日本チンドンコンクール予選に引き続き4月8日に行われた本戦を見に出掛けました。
富山市駅北の総合体育館に到着したのは本戦開始予定の午前10時半に少し前。
会場は既に沢山の見物の方、前日の5倍以上でしょうか、ザーッと見て約3000人。

司会者の「一番遠くから来た方は!」の質問に「山口県」「福岡県」・・・w(゚o゚)w。
「三重県」からは富山県観光のコースになっているようで、ツアーのお客様が40人程(・∀・)ニヤニヤ。
なんだか、全日本チンドンコンクールも第58回を迎えて少しは全国的なイベントになって来たのかな。

Dsc_2480_1280x848
本戦に残ったプロチンドンマン8組が舞台に勢揃いです。
残念ながら富山のチンドンマンは残れませんでした。


Dsc_2482_1280x848
本戦の演技は、どの組も素晴らしかった!
前日、素人チンドンマンの演技が素敵だとお話しましたが、審査員の方から素人さんのチンドンは「仮装大賞」だと厳しいコメントがありましたのでプロの演技はどんな演技をするのか楽しみしていました。

全8組のトーナメント初戦を見て、素人との違いに圧倒されました。
予選を勝ち上がったプロのチンドンマンの演技は芸術と言ってもいいほどの完成度。
前日、素人をセミプロ級と言いましたが、プロの演技を見たらやっぱり彼らの演技は素人でした。
口上や動きが素人とプロでは出来が違い過ぎます。
演技時間3分30秒を使っての宣伝の仕方や小道具の上手い使い方、演技に引き付けられます。
プロとアマ、そんなに変わらないだろうと思っていた私が間違っていました。申し訳ありませんでした。

そして誠に申し訳ありませんが本戦の写真はありません。
プロの演技と笑いの渦に引き込まれてしまい写真を撮り忘れました。
真剣に演技する彼らにカメラを向けるのは失礼でした。途中でカメラを片付けました。
本当は動きが激しすぎて・・・遠くからではブレてしまいました。(´;ω;`)ウウ・・・。
それ程、プロの演技のインパクトは強かった!素晴らしかった。(*^ー゚)bグッジョブ!!

特に第58回全日本チンドンコンクールで優勝した大阪の「政丸」さんの演技は群を抜いていました。

« チンドンが笑いを運んで来た | トップページ | 富山はチンドンの聖地 »

富山の祭り百選」カテゴリの記事

コメント

芸魔人事務所のチンドンマンは、残れませんでしたか・・・

去年、震災の為、コンクールが中止になった際に、手弁当でチンドンを演じていましたね
(ニュース富山人で見ました)

R.Ptarmiganさん
作芸人磨心さんは、決勝には残れませんでした。
でも、パレードを見に来た人は、昨年の彼らの行動を知っているから、
彼らが現れると拍手喝采でしたよ!一番拍手が多かったかな。
良い話でしょう!富山の人達にもナイスですね。
コンクール本戦に残ったチームは、レベルが高い。

決勝に進めなくとも、万雷の拍手が送られた事で、NO.1ですね!

動画は、後ほど、ゆっくり拝見致します(病院で大分待たされたので、これから、晩飯です)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チンドンコンクール本戦:

« チンドンが笑いを運んで来た | トップページ | 富山はチンドンの聖地 »