2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 工事中だから見えた風景 | トップページ | 高岡おとぎの森のツル薔薇 »

2012年5月29日 (火)

長いベンチ

輪島へ向かう途中で見つけた看板、【世界一長いベンチ】に立寄りました。
世界一長いベンチは、1987年に石川県羽咋郡富来町の増穂浦海岸沿いに同町が設置した。
設置されたベンチは全長460.9mあります。

Dsc_5705_1280x858

富来町のベンチは海岸沿いのためいくらでも延長できるとライバルは挑戦を諦めたそうです。

Dsc_5706_857x1280

Dsc_5703_794x1280
昨年の8月28日に南砺市で木製ベンチの長さで世界一を目指す挑戦が行われました。

富山県内有数の木彫刻の産地・南砺市では「南砺市いなみ国際木彫刻キャンプ2011」が行われ、会場の一つである瑞泉寺で世界一長い木製ベンチをつくる挑戦が行われました。

Img_6506

制作には市民や地元の彫刻家ら300人が参加し、ドライバーなどで木の板をつなげて行きました。
それまでの世界記録はポーランドで記録された613.13メートルでしたが、それを約40メートル上回る653.02メートルを記録し、ギネスに認定されました。

Img_6507_2

富来町増穂浦の“長いベンチ”と南砺市井波の“長い木製ベンチ”
どちらもお見事、世界一!(*^ー゚)bグッジョブ!!
でも、井波の世界一長いベンチは、小さく切り離され町なかに飾られています。

« 工事中だから見えた風景 | トップページ | 高岡おとぎの森のツル薔薇 »

県外」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

世界一長いベンチですか、すごいですねえ。

いろんな町おこしのイベントがありますが、
一過性ではなく、あとあとまで記念に残るのが
いいですね。

祝!! 世界一

なかっちょさん
町起しなんて、京都には必要ないことですね。
でも、四条河原町の鴨川沿いに長いベンチ設置したらどうでしょうか!
鴨川の土手に座るアベックを橋の上から見るのも良いですが・・・
ベンチに座っていたらおかしいかな。

SILVIAおじさん さま
井波はここ10年ほどご無沙汰ですが、富来町のベンチは座ったことありますちゃ。

輝ジィ~ジ様
富山弁なんてお忘れですよね!私「・・・ちゃ」は子供のころ以来使う事は無くなりました。
私の勤務先にも元清水町の住民が2人いますよ。今は郊外に住んでいますが、彼らは、
やっぱり「町」の生まれの人です。言葉や身のこなし、考え方が違います。

この頃、感じる富山市の話しです。
富山市は合併で大きくなり過ぎて、昔は、「大沢野や大山とは違ういます。」と言っていた、
旧富山市の南部地区が今では、大沢野も大山も境が無くなり全部がヘンピな地区となりました。
富山市の開発が市街地に集中していて、元大山の人達は泣いています。
「やっぱり合併に参加しなかった方が良かったと!」

世界一があったんだね~
能登のベンチはみたことあるよ~♪ 
南砺市のは 知らなかったよ、
アリがトー♪富山の誇りだぁ♪ (v^ー゜)ヤッタネ!!

まぶちょんさん
世界一という言葉の威力は凄いよね!
世界一と書いてあると見てみたいと思わせ、足を運ばせますね。
町起しには最適ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長いベンチ:

« 工事中だから見えた風景 | トップページ | 高岡おとぎの森のツル薔薇 »