2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 飛騨古川町並みスナップ | トップページ | ねつおくり七夕まつり »

2012年7月26日 (木)

いたち川灯籠流し

7月24日、夕食後に「いたち川」の灯籠流しへ出掛けました。2年連続での見学になります。
富山大空襲で亡くなった人達の霊を慰めようと、戦後50年の1995年から始まりました。
地元の地蔵まつりに合わせて行われ、川沿い10カ所の地蔵側から約1千個の灯籠が流され、
富山市中心部を流れるいたち川の川面を柔らかな光が照らし出します。

Dsc_3898_1280x830_2

灯籠に「家内安全」や「無病息災」などの願い事を書き込んで、いたち川に灯籠を流します。

紙コップに入ったロウソクが川岸を照らす中を灯籠はゆっくり揺れながら下流へと進んで行きます。

見に来た人達は橋の上から静かに灯籠を見送ります。



Dsc_3899_845x1280_2

Dsc_3938_1280x848_2

Dsc_3939_848x1280_3

Dsc_3914_1280x848_2

Dsc_3965_825x1280_2

Dsc_3956_1280x846_2

Dsc_3920_772x1280_2

素晴らしすぎて、私のコメントは控えさせて頂こうと思いますが、

この灯籠流しが中心部で唯一、遠い祖先があって今の自分が生かされている事を感じさせてくれる。


NICON D7000撮影(5枚目は6秒露光、8枚目は15秒露光にて撮影) 

« 飛騨古川町並みスナップ | トップページ | ねつおくり七夕まつり »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

灯篭流しが行われているとは、知りませんでした・・・

改めて、地元、再発見ですね。

R.Ptarmiganさん

高岡の千保川でも灯籠流しやるんですよ!

こんばんは。
情報ありがとうございました。
来年、もう少し早く行きたいな。
長時間露光の写真とても面白いです。

morimoridxさん
私も同感で来年は、もう少し早く行こうと思います。
灯籠1000個と新聞に書かれていましたが、実際は100個ほどに思えました。 
雰囲気がとても素晴らしいかったですね。

本当にそうですね。いろいろな意味で縁がなければ、存在しないですものね。素晴らしい情景をありがとうございました。

こんにちは~!
とても幻想的で、すばらしい雰囲気ですね~!
灯篭のアップも一枚見たかったです~。
次回によろしくね~。

キハ58さん
「縁」を感じる歳になってしまいました。

りりさん
灯籠のアップ写真や、横で踊る「おわら」の写真も撮ったんですが・・・
ここは八尾よりも暗くて、全部ピンボケでした。

SILVIAおじさん さま
いたち川の灯篭流し、後始末が有りますが一つの行事として定着しているようですね。
1995年からと言うことで、小生は見たことが無く感慨深いものが有ります。
子供の頃は迎え火送り火のオショウライは毎年やっていましたし、お地蔵さんまつりは母親と
何回も行き、懐かしい思い出となっています。

実は、22日に義姉の49日法要が有り、いたち川の脇を何回か?通ったのです。
その時も地蔵さんまつりの縦鼻をしているところが有ったような・・・

輝ジィ~ジ様
富山に帰って来ておられたのですね。
お恥ずかしい話し、私、いたち川の灯篭流しは輝ジィ~ジ様が子供の頃からあるものと
思っていました。それ程、富山の夏の風物詩に定着しています。
見ていた人からも「きれい!きれい!カメラ持って来た。写真撮って!」の声が
沢山聞こえて来ました。
いたち川沿いの「地蔵祭り」と「灯篭流し」切り離せないものになりました。
久右衛門橋近くの町内では納涼祭を川べりで同時にやってましたよ。

はじめまして。突然のコメント。失礼しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いたち川灯籠流し:

« 飛騨古川町並みスナップ | トップページ | ねつおくり七夕まつり »