2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 高岡駅ビルの行方に進展 | トップページ | 秋なのに桜の話しです »

2012年10月11日 (木)

霞ヶ城と呼ばれた福井の名城

今日は、夏に書いてアップしてなかった記事です。3ヶ月間も保存してました。(* ̄ー ̄*)
全国に現存する天守を持つ城が12箇所あるそうです。その一つが福井県の丸岡城になります。北陸には他にはありません。北陸高速を石川県境から福井県に入ると左手に丸岡城の看板が見えてきます。でも丸岡城があるのは高速道路の右側、丸岡ICで降りて約1Kにあります。

Dscn0312_1280x960

丸岡城は、天正4年(1576年)一向一揆の備えとして織田信長の命により柴田勝家が甥の勝豊に築かせました。標高約17mの丘陵上に立地する平山城です。現存する天守閣としては最古のものだそうです。
大きさは富山城ほどですが、歴史的価値は全く違う、丸岡城は・・・元ですが・・・国宝ですよ。こんな城が富山に残ってたら良かったのにね!

Dscn0305_1280x960
丸岡城は霞ケ城の別名のとおり春の満開の桜の中に浮かぶ姿はとても幻想的です。実は以前、桜の季節に訪れ、その見事さに感激したものです。


Dscn0306_960x1280
全国に霞ヶ城(かすみがじょう)と呼ばれる城は3城あります。
二本松城(福島県二本松市)、  山形城(山形県山形市)、そして丸岡城です。

Dscn0309_1280x960
この日は、天守閣に上るつもりはありませんでしたが、城の前の広場で撮影しょうと思っていました。でも、途中で入場料のブースが現れました。想定外でした。 諦めて来た道を戻ることを選びました。桜の季節は、どうやら無料特別開放していたようです。
『桜の季節に観る丸岡城は本当にお勧めだよ!』 COOLPIX P310夏ごろに撮影

« 高岡駅ビルの行方に進展 | トップページ | 秋なのに桜の話しです »

県外」カテゴリの記事

コメント

福井と言えば、朝倉氏の本拠、一乗谷とか、羽柴秀吉が武将として名を上げた、
金ヶ崎城が思い浮かびますが、丸岡城の城主は、誰だったんだろうなあ・・・

R.Ptarmiganさん
丸岡城には著名な領主はいないんだろうね。
福井城の出城だったんでしょうね。「金沢城」と「富山城」のような関係かな。
「福井城」?・・・福井駅近くにお堀だけ残ってるよね。

福井城・・・?

結城秀康(徳川家康の次男。 越前松平の祖)が移封されてから、築城されたのかなあ?

朝倉の本拠、一乗谷(これは、史跡?があります)
柴田勝家が、お市の方(信長の妹)と、自刃した、北ノ庄

くらいしか、思い浮かばないので・・・

R.Ptarmiganさん
福井城址には、現在、県庁や県警本部があります。お堀や城壁が残っているんですけど、松平家の城だったようですね。
石高は65万石から始まって最終的には32万石だったようです。富山藩よりも大きかったとは、現在の福井市からは想像できません。他には坂本龍馬と16代藩主の松平春獄の関係を「龍馬伝」で知ったくらいで知識はありません。

SILVIAおじさん さま
高岡勤務時代ここは仕事の途中立ち寄りました。
一筆啓上火の用心 お仙泣かすな、馬肥やせ でも有名ですね。

輝ジィ~ジ様
私も仕事中の立ち寄りです。以前、福井の会社に勤務しておりまして、毎月の会議の際に高速から城を探していました。
でも、小さな城で見付からなかったです。富山にも歴史ある城が残っていたらと思いますが、東西が分岐する適う訳ない場所ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霞ヶ城と呼ばれた福井の名城:

« 高岡駅ビルの行方に進展 | トップページ | 秋なのに桜の話しです »