2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 霞ヶ城と呼ばれた福井の名城 | トップページ | 「越中飛騨三昧」 »

2012年10月12日 (金)

秋なのに桜の話しです

昨日、福井県丸岡市の丸岡城訪問の記事をアップしました。昔、撮った桜の写真がないかHDDを確認しましたら残っていました。平成21年の春の写真がありました。 『秋なのに桜の話しです。』

Dsc00220_928x1280

丸岡城は霞ヶ城と呼ばれていました。
「霞ヶ城」の名の由来は合戦時に大蛇が現れて霞を吹き、城を隠したという伝説によるそうです。

お静人柱伝説(ウィッキペディア)
丸岡城を築城する際に、天守台の石垣が何度も崩れて工事が進行しなかったため、人柱を立てることとなった。城下に住む貧しい片目の未亡人「お静」は、息子を武士に取り立てる事を条件に人柱となる事を申し出た。その願いは受け入れられ、お静は人柱となって土中に埋められ、天守の工事は無事完了した。しかし、柴田勝豊はほどなく移封となり、その約束は果たされなかった。それを怨んだお静の怨霊は大蛇となって暴れたという。毎年4月に堀の藻を刈る頃に丸岡城は大雨に見舞われ、人々はそれをお静の涙雨と呼んだ。城内にはお静の慰霊碑が残る。

Dsc00218_957x1280
伝説は後世になって作られたものや、書き加えられたものが殆どのようだけどね。さらに誰も見たことないのが伝説だから、勝手な解釈で誰もが喜ぶようなドラマが出来上がるよね。先日、TVで観た「忠臣蔵」は、吉良上野介が浅野内匠頭の奥さんに恋文を送ってたことになってたよ! もう何でも有りだよね・・・もっと凄いのは『黄門様は、本当は関東を出たことが無かった。』だけどね!

丸岡城周辺の「霞ヶ城公園」は日本桜の100選に選ばれています。

« 霞ヶ城と呼ばれた福井の名城 | トップページ | 「越中飛騨三昧」 »

県外」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
以前から丸岡城は、高速道路から見えるので、気になっていました。
日光に輝く桜と城、良い写真ですね。( ̄▽ ̄)
SILVIAおじさんさんのブログに、リンクをはらせていただいております。
今後もよろしくお願いいたします。

morimoridxさん
リンク有難うございます。
一緒に富山の魅力を県内の方、県外の方に発信して行けたら嬉しく思います。
でも、勝手な趣味ですけどね。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋なのに桜の話しです:

« 霞ヶ城と呼ばれた福井の名城 | トップページ | 「越中飛騨三昧」 »