2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« スイートイルミネーション点灯 | トップページ | 懐かしの「京阪特急」富山を走る »

2012年11月 6日 (火)

富山地鉄電車フェスティバル

11月4日、富山地方鉄道の電車フェスティバルが今年も開かれました。
場所は稲荷駅の車両基地です。この日は天気が良かったので出掛けて来ました。2年連続です。
昨年は映画「RALLWAYS」の公開間際で出演した役者さんも来場していたりと沢山の方が来ていました。1年経った今年は小さな子供を連れた方たちが殆ど・・・・ミステリー電車の運行もあったんですよ。でも想像していたよりも大勢の来場者たち、「電車王国」に根付き始めた電車人気は嬉しい限りです。私は特に電車が撮りたい分けではないんだけど・・・・見てみたい電車がこの日はありました。

Dscn2064_1280x960

昨年の映画公開に合わせて富山地鉄が内部の改装を行った「アルプスエキスプレス号」が車両基地に、この日展示されていると「富山地鉄の電車アテンダント」さんのブログに書いてありました。

Dscn2066_1280x960
一度は乗ってみたいと思っていましたが、残念ながら乗る機会がありませんでした。
走る電車を見ることはあっても、地元の人は乗ることが少ない特急電車です。
昨年の車両完成のお披露目の際も見に行かなかったから、見させて頂くのは今回が初めてです。


Dscn2037_1280x942

Dscn2040_1280x910

現在、大人気のアルペン号を運休して展示するなんて富山地鉄さんの行きな計らいです。
だから地鉄電車さんは地元から慕われ、絶大な人気があるんですね。


Dscn2034_1280x960

Dscn2044_1280x930

人気の電車といっても、西武鉄道さんから譲り受けた年代もの電車「レッドアロー号」を今からお金掛けて、内装を変えるなんて、最初聞いたときは信じられませんでした。
でもレッドアロー号時代のロマンスシートも人気があったそうだけどね。

Dscn2043_1280x942

Dscn2048_1280x937

車内には喫茶コーナーがあったり、床は木目でシートも落ち着いた色会いに、入口には暖簾があったり、窓に向かうカウンター付きシート・・・これだったらゆっくりと旅ができるなと思わせる空間でした。
富山地鉄の「立山駅」と「宇奈月駅」の間を往復する特急電車です。勿論、ICカード対応してますよ。

Dscn2052_1280x960

一度は乗車してみたいけど富山市の人にとっては乗りにくい区間を走っています。
アルプスエキスプレス号が「電鉄富山駅」を発着することが無いのが残念です。・・・続く。
COOLPIX P310撮影

« スイートイルミネーション点灯 | トップページ | 懐かしの「京阪特急」富山を走る »

鉄軌道王国・富山」カテゴリの記事

コメント

そうですね。 
いざ乗ろうとしても、区間的に、利用しにくいですよね・・・

距離的に、運賃も高くなりますし

R.Ptarmiganさん
電鉄富山駅から寺田駅に普通電車で行ってアルプスエキスプレスに乗り換えて宇奈月駅まで行くと往復すると3580円になります。
高いですね。考えたのは電鉄富山駅から新魚津駅へ普通電車と特急で850円、帰りはJR480円で帰って来ます。
これだと合計1330円です。駐車場代入れても2000円掛からないですね。チャレンジしてみますかね。

私もいまだに乗ったことはございません。
なかなか素敵な列車なんですね。
旅と鉄道好きの県外の友人がわざわざ地鉄に乗りに来て、
なんであんなのに乗りたいのか???
と思っていたのですが、好きな人にはたまらない路線なんですかね?

おっぺらさん
電車好きには堪らないと思います。車で走っていると地鉄電車の写真を撮っている人見掛けますよ。
昔は地鉄電車は冴えないと思っていましたが、
大手私鉄から譲り受けた車両を大事に使う地鉄の姿勢が現在のモノの考えかたにマッチしているんだと思います。

初代レッドアローの第二の人生・・・皆に大切にされているが嬉しいです!
電車の中ののれん、イイですー!

キハ58さん
人気があった初代のレッドアロー号ですが、富山地鉄さんは大切に使っていますよ。
そして富山の子供たちにも大人気です、みんな「地鉄のレッドアロー」と読んでいます。

こんにちは。

レッドアロー号は、東京時代にたまに乗りましたが、富山に来て
大幅にリニューアルしてたんですね。

最近は、立山や宇奈月に行くひとも車で直行する場合が多いで
しょうから、これくらいのインパクトがないと、もう電車には乗って
くれないんでしょうね。

なかっちょさん、コメントありがとうございます。
宇奈月⇔立山を直通の電車が存在していることすら実は最近まで知りませんでした。
北陸新幹線が開通すると新黒部駅→宇奈月温泉で宿泊→立山観光→富山駅の周回ルートができます。
考えたら今でもありますね。でも、宇奈月温泉とJR駅との連絡がもう一つですので大きく改善されるでしょうね。

カウンター部分があるんですね。地鉄電車って、こんなだったっけ・・。知らなかったぁ!

まぶちょんさん、コメントありがとうございます。「寒くなったね。お腹こわさないようにね。」

この地鉄電車は、昨年の映画公開を記念して改装が行われました。
座席数を減らして、カウンターや喫茶コーナー造ったりして、入口には暖簾が付いてたり、
木目が沢山使われていて風呂屋の脱衣場に入ったように感じましたよ。
座席数減らしても改装して良かったと思います。もともと満席になることは・・・少なかったのかな?
地鉄電車は市内電車やバスも全線がICカード化されました。ICカード使う人たち見てると富山じゃないように感じます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山地鉄電車フェスティバル:

« スイートイルミネーション点灯 | トップページ | 懐かしの「京阪特急」富山を走る »