2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« チューリップ公園・キラキラ | トップページ | 大沢野から見た中心市街地 »

2012年12月10日 (月)

上市町立山寺の栂並木

上市町にある大きな寺をもう一つ紹介します。以前にも記事にさせて頂いた「立山寺(りゅうせんじ)」です。
H23.8に書きました『さっかの寺の並木道は哲学の道 
http://silverman1022.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-b39e.html』。
今回も立山寺の栂(とが)並木だけになります。

Dscn2314_1580x1184

11月24日に紅葉巡りをした際に撮影。眼目(さっか)の寺に紅葉は少なかった。眼目の寺といえば、栂並木が知られています。でも、この奥にある本堂も立派なんだよ。富山の県東部で大きな寺と言えば、同じ上市町にある「大岩日石寺」さんと「立山寺」さんしか思い付かないけど、観光客を向かい入れるための案内や看板が少しづつ整備されて来たね。

Dsc_5692_1024x1580
「栂」の木とは北陸地区での呼び名で「モミ」の木だそうです。
樹齢400年、高さ20mの栂並木が立山寺の入口近くまで300mほど続きます。


Dsc_5698_1580x1022
目の前を農作業用の手押し車を押して通り過ぎていく農家のお母さん。どこから坂を上り始めたか分からないけど・・・近くを流れる上市川から、ここまで400mほど坂道が続いているけど、そこまで住宅なんて無いからね。車止めておくのも大丈夫だろうかと思う坂道だけど、歩いて登って来たんだろうね。

Dsc_5699_1580x1033
農村の人と街に住んでいる私たちとは足腰が違うんだろうね。特に年配の方は元気な人が多いよ。
ここは熊出没地域だけどお母さん熊鈴は鳴らしてなかったけど、大丈夫なんだろうね。まあ熊出没の要注意時間には少しだけ早い時間だったけどね。 私なんか、栂並木を歩くことさえ怖くて・・・。他には誰一人いないんだから。 
Nikon D7000撮影

« チューリップ公園・キラキラ | トップページ | 大沢野から見た中心市街地 »

上市町・立山町・舟橋村」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
なかなか素敵な並木ですね。
樹齢400年のもみの木、良いですね。(^^)

哲学の道の栂並木は上市町の観光スポットです。
本当に誰とも出会うことが無いこともあります。
奥にある立山寺も記事にしていませんが素晴らしいですよ。
冬の栂並木もなかなか!超寒いけどね。

こんばんは。

杉並木は、めずらしくありませんが、栂(モミの木)の並木は
見たことがありませんね。

400年も、風雪に耐えて育ってきたとは大したものです。

なかっちょさん
モミの木は40mを超える木もあるそうです。
クリスマスツリーに本物のモミの木を使っているのを見なくなりましたね。
そんなモミ並木も昨日から続く大雪で既に真っ白でしょうね。
雪の並木を撮りに行きたいですけど、残念ながら、そこに行くだけで大変です。

今晩は、立派な栂の木ですね。
300mの長さの並木を持つお寺、きっと伽藍も立派なのでしょうね。
地図を確認したら、剣岳は上市町にあったのですね!
新田次郎の小説に地名が出てきそう…。

お邪魔しました(^^)

ガーデンイールさん
昔、剱岳で遭難して亡くなられた富山大学の学生さん数人の遺体が立山寺に一時安置されたことがあると
年配の方から聞いたことがあります。
もう五十年近い昔の話のようで本当のことかは確認できませんが、とても悲しい話です。(u_u。)
この立山寺近くの道路を山側へ進んで行くと剱岳の登山口の「馬場島」に行き着きます。
馬場島の登山口には進む者に厳しさを伝えるように「鎮魂の碑」が鎮座しております。
又、近くには地蔵様や観音様があり、一般の者が甘い気持ちで近付けない雰囲気を感じます。
写真を撮るのも控えました。

…何か分かったような気がします。SILVAおじさんさんの写真の雰囲気が。
人に対する愛情と畏敬の念が作品を貫いているのですね。
ほんとコメント生意気ですみません…。

昔の会社(旅行会社ではありません)の同僚がマッターホルンで墜落死しました。
いつもトレーニングのため登山靴を履き、笑顔を振りまく人でした。
大学OB会の登山でヒマラヤ未登峰のアタックに失敗。
帰国前に挑んだ、多分遊びのつもりの結果でした。
帰国二週間後には職場復帰で机まで用意されていた人。
私は海に潜る方が大好きで、表面的なお付き合いしかなかったのですが…。

添乗員をしていましたから、小さな村ツェルマットは隅々まで知っています。
村唯一の教会の墓地も訪れましたが、先輩の墓碑は有りませんでした。

スイスへ行くと天候が唯一の気懸りでテレビ点けっぱなしなのですが、
夜のニュースショーで遭難の報道がON AIRされます。
いつも悲惨な画像が流れ、嫌悪感一杯だったのですが
これは「あなたにこの難しい山を登る資格があるのか?」
という問いかけだったのかも知れませんね。

ごめんなさい、「雪の夜話」でしたぁ~m(__)m

ガーデンイールさん、とんでもない。私、たいそうなこと書きましたが、山登りの経験もありません。
ガーデンイールさんの経験に比べたら・・・とても恥ずかしいです。私、知り得ていることだけを偉そうに書いてみました。
こちらこそ、ごめんなさい。(*´ェ`*)

重い話、すみませんでした(^_^;)
SILVAおじさんさんのお気持ちがうれしくて、
ついいらない話をしてしまいましたm(__)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上市町立山寺の栂並木:

« チューリップ公園・キラキラ | トップページ | 大沢野から見た中心市街地 »