2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 高岡駅の地下街はどうなる | トップページ | 再び上市町の種地区に »

2013年3月11日 (月)

屋根雪降ろし

今年の北陸は雪が少ないまま冬が終わろうとしています。
私が子供の頃は、富山の市街地にも沢山の雪が降りました。
38(さんぱち)豪雪・昭和38年は知りませんが、映像で見た38豪雪の時の富山は凄かった。市街地でも場所によっては3m近い積雪があったようで、雪の重みで街なかの商店街のアーケードが壊れたそうです。当然、一般の住宅も倒壊したのは間違いないでしょうね。

Dsc_6082_1580x1046

雪の重みで自宅の中の扉が締りにくくなってきたら要注意ですが、市街地では雪降ろしが必要なほど降ることはありません。
それと38豪雪時代とは住宅も道路も車も違うから当時のような大パニックにはならないだろうね。


Dsc_6067_1580x1046
自宅の屋根の上の雪降ろしは経験がありませんから、沢山の雪が降らないことを毎年祈っています。
でも沢山積もったら、お金を払って専門の方にお願いすることになると思うけど・・・。10万円近く払うことになるのかな。 降ろした雪の始末にも金が掛かるよね。


Dsc_6070_1046x1580
合掌集落まで行かなくても、富山市の郊外でも毎年、屋根の雪を降ろす地区があるそうです。毎年、1回~2回ほどの重労働だそうです。そこまでして郊外でも、雪深い地区にに住み続ける気持ちが分かりません。
Nikon D7000撮影

« 高岡駅の地下街はどうなる | トップページ | 再び上市町の種地区に »

南砺市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屋根雪降ろし:

« 高岡駅の地下街はどうなる | トップページ | 再び上市町の種地区に »