2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 雪が少ないから出掛けました | トップページ | 相倉で雪の多さに感動 »

2013年3月 6日 (水)

昔は街外れ今は中心市街地

金沢から富山に嫁いできた知人の奥様は「富山の街は金沢の倍くらい広く感じる。」 と言われます。残念ながら、そこまで広がってはおりませんが、私も、北陸で最大の街と言われて来た金沢の街より少し大きくなったと思います。同じ話を仕事中に、お客様としますが皆さん同じ意見ですね。
それと「金沢の“あの一角”の発達度には全く適わないけどね。」 で又意見が一致します。 富山市の市街地は子供の頃に比べると横幅や奥行きは3倍くらいには膨らみましたよ。

Dscn2847_1580x1185

富山市は街なかと呼ぶ地域に暮らすよりも、その少し周辺に暮らすのが「最も便利」です。
写真は、城南公園にある富山県の県立近代美術館さんと富山市の科学文化センターさんです。初めてお話ししますが富山市は「美術館の街」とも名付けられています。他の市町村に比べると極端に美術館が多い素敵な街なんですよ。

Dscn2846_1580x1185
城南公園がある場所には昔は富山刑務所がありました。
刑務所があったことが現わすのは、この場所は昔は市街地の街外れだったのです。でも現在では、この場所は富山市の中心市街地となりました。そして私が住む地域になります。市街地の中心部で生まれ郊外に越して来ましたが、その郊外も今では中心市街地です。
COOLPIX P310撮影

« 雪が少ないから出掛けました | トップページ | 相倉で雪の多さに感動 »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
金沢は観光ではない出張で随分昔にお邪魔しました。
遠い親族も香林坊にいるのですが…。

新幹線で想うこと。
ローカルの民放が数年前に放映したドキュメントを思い出しました。
東北新幹線途中駅の仙台と上越新幹線終点の新潟の対比です。
観光業に携わった人間として、佐渡とのアクセス拠点として以外の新潟に魅力はありません。
富山県は途中下車しても訪れたい魅力が満載の観光資源が存在します。

NHKが伝えた台湾直行便での観光アピール、
観光資源は石川・富山に、お米と日本酒は新潟で、連携ができたらいいですね。

ガーデンイールさん
金沢は北陸では最も栄えている街です。
でも、そんなに広くない道路が曲がりくねっていたり、坂がいくつもあったりと、限られた面積の場所に栄えた街です。
富山や新潟のように碁盤目状に広くて真っ直ぐの道路が行き届いている街とは全く違います。
それどころか、金沢の街の規模を碁盤目に造り直したら、新潟市の半分以下の街の様子になると思います。
富山の街よりは大きいだろうけどね。金沢、富山は実際は人口が50万人に満たない街ですので、当然の規模かも知れません。
新潟、富山、石川連携できたら良いけど、記事にも書いたことあるけど新潟が「遠い地」との意識がないのは富山市までです。
そこから先の加賀藩の意識が強い地域では、越後への意識が極端に低くなります。
彼らは「私たちとは歴史が違うから連携出来ない。」と言うと思いますよ。本当です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔は街外れ今は中心市街地:

« 雪が少ないから出掛けました | トップページ | 相倉で雪の多さに感動 »