2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 古城公園は冬だった | トップページ | 雪が少ないから出掛けました »

2013年3月 3日 (日)

私が住む地域と砺波市

先日の続きです。
「砺波市と富山市が本当に変わらないか比べてみますか!」 
と砺波市の人に返しました。
「砺波のこの場所から1㌔程の距離にあるコンビニ は1店だけど、私の住む地域では同じ程の距離にコンビニ 何店あると思う!」 

「そんなこと聞くくらいだから沢山あるのですか・・・5店ほどですか?」


近くにあるコンビニの店舗数で、街の規模の違いを現わすのは適当かどうか分かりませんでしたが、他に適当なものがあるでしょうか!学校の数やスーパーの数でも良かったかも知れないけどね。
単純に私たちが生活する中で、一番密着しているのがコンビニかなと思ってしまいます。

私は現在の富山市内でも『最も便利な場所』と言われている地域に暮らす住民。
「驚くかもしれないけど20店近くあるよ。それに、まだ増殖してるよ。」

これを聞いて砺波の人は退散されました。
富山市でも郊外は砺波市と変わらないと思うけど、富山の「街に住む人」へ言うことではなかったね。
でも、砺波平野の農村地帯に住む人たちはコンビニに便利性を感じていないような気もします。

私は毎日、コンビニは2回、スーパーも殆ど毎日1回利用する超買物好きです。男では珍しいですね。
どちらも歩いて行ける距離に沢山ありますのでショッピングカートが一杯になるような買い方はしません。

Dsc_2040_1280x848
写真は砺波市の市街地中心部です。ずっと奥に見える街は別の街だからね。
少しづつ広く大きくはなって来ていますが、周りは見事なほどの田園地帯です。
砺波市は砺波平野の中心として発展して来てるけど、富山の中心市街地との比較は無理だよね。

« 古城公園は冬だった | トップページ | 雪が少ないから出掛けました »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
新潟市の場合、政令指定都市になったといっても
中心市街地と田園地区(北区、西蒲区、南区、江南区)とは環境が全く異なります。
新潟市民は現在の古町を昔から「新潟」と呼び習わし、他とは異なるという意識が残っています。
(古くは長岡藩支配地と新発田藩支配地という藩の大小による差別意識もあるのですが)
万代地区や駅周辺が再開発により実情が逆転してもなお。

コンビニは比較対象が難しいですよね^^;
新潟も村上市郊外には未だ化石のようなコンビニが残っていて、
大きく進化しているローソンや増殖中のファミマ見たら、きっとお年寄りはビックリ(゜o゜)

テーマに関係ないのですが、お写真の富山の防風林、本当に美しいですね(*^_^*)

ガーデンイールさん
こんな難しい話にコメント頂きありがとうございます。
新潟のお話しを聞きまして、思ったのは先日も書きました県西部の高岡市のことです。
同じ富山県でも、富山市とは違って高岡市は加賀藩の前田の殿様のお膝元の住民の意識のさは驚くものがあります。
私たち富山市民は意識しておりませんが、高岡市民の富山市へのライバル意識は怖いくらいですよ。
加賀の地の金沢市の住民が、高岡市は私たちとも違うと言っているほど意識が強烈です。
藩制が終了し100年以上ですが、今でも当時の藩の繁栄ぶりが現代の都市の規模に影響していますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私が住む地域と砺波市:

« 古城公園は冬だった | トップページ | 雪が少ないから出掛けました »