2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 石動曳山祭へ立ち寄る | トップページ | 北陸随一の曳山は高岡御車山 »

2013年5月 2日 (木)

高岡御車山祭に出掛けました

5月1日、「高岡御車山祭」へ初めて出掛けました。
高岡御車山祭の写真を沢山撮りましたので何回かに分けて記事にさせて頂きます。
高岡御車山祭(たかおかみくるまやままつり)は、毎年5月1日に行われる高岡市の関野神社の春季例祭で、御車山と呼ばれる7基の曳山が囃子とともに高岡の市街地の中心部を巡行します。
4月30日には宵祭りが行われ、3町の山車がライトアップされます。

Dsc_7027_1580x480_2

高岡御車山は、1588年(天正16年)に豊臣秀吉から前田利家が拝領したものと言い伝えられており、それを加賀藩二代目藩主 前田利長が1609年(慶長14年)に高岡に城を築いて町を開いた際に城下の町民に与えて以来、山町(やまちょう)と呼ばれる高岡城下10ヶ町が手を加えながら代々受け継いできたものです。(ウィッキペディア参照)

Dsc_6922_1580x1046_4
Dsc_6956_1580x1046_2

Dsc_6928_1580x1046

Dsc_6962_1580x1046

Dsc_7011_1580x1046

Dsc_7054_1580x1046

片原町の勢揃いあたりから雨交じりとなりましたが、高岡の御車山は立派なものでしたね。
歴史都市「高岡」を象徴する祭り。もう少しだけ手を加えたら全国から見に来て頂けるだけの観光資産になると思います。それは何でしょうか、世界遺産登録は鎌倉が無理なんだから、高岡は、とてもとても。 
・・・続く。 Nikon D7000(H25.04.01)撮影

« 石動曳山祭へ立ち寄る | トップページ | 北陸随一の曳山は高岡御車山 »

高岡市」カテゴリの記事

コメント

今年は天気が心配でしたが、どうにか開催されたみたいですね。
高岡の御車山はちょっと雨が降ったらすぐに中止になりますからね。
一枚目のパノラマ写真素敵ですね。つないであるんですか?
今年は平日ということで見に行けませんでした。
私も高岡が世界遺産とは「何言ってんの?」って思います。

おっぺらさん
実はパノラマ写真ではありません。沢山の人がいましたので写真撮ると余分な人が沢山入りました。
仕方なく、ファインダーも覗かないで手を上げて撮影しましたら、一番左の山車が切れてしまうし、
丁度、雨が降って来て傘差す邪魔な人も入りましたので、思い切って綺麗に上下を処分しましたよ。(笑)

高岡御車山は平日だからか人は想像していたよりも少なかったです。石動よりは多かったですが・・・、
今日の八尾曳山と同じくらいでしょうか。今日は天気が良かったから八尾は・・・驚くほどの人でしたよ。
彫刻の素晴らしさは八尾の山車ですね。

山車がみなの力で方向を変えようとしている1枚は、おもわずこちらも力が入っちゃいました。

富山は曳山と獅子舞が伝統として地域に今も残っています。
特に獅子舞は全国一の数が残っていますよ。
獅子舞が一つの物語になっている地域もあります。
又、火の中をくぐるようなアクロバットな芸もありますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高岡御車山祭に出掛けました:

« 石動曳山祭へ立ち寄る | トップページ | 北陸随一の曳山は高岡御車山 »