2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 数千の灯りがともる提灯山 | トップページ | 富山に今も残る百万石の名残り »

2013年5月10日 (金)

富山県置県130年

富山県は、今から130年前の明治16年(1883年)の5月9日、お隣の石川県から分県しました。戦国時代から250年間続いた加賀藩による加賀国・能登国・越中国の支配からお別れしました。  もう130年経ってるんだね。まだ加賀の文化の名残りが強い地域が存在しているのが不思議だよ。

置県130年記念で5月9日~12日までは県の公共施設の入館料が無料や割引になるそうですよ。県民だけ対象だと思うけど・・・証明書だせと言うのかな。富山県は、そんな度量が小さくないよね。
この「花時計」は置県100年を記念して、県庁前の噴水公園に設置されたそうです。

Dscn3377_1580x1185

これまで富山には富山県の「日」がありませんでしたが、置県130年を記念し、毎年5月9日を「県民ふるさとの日」と設定しましたよ。
そして富山には県民の「歌」もありませんでしたが、富山県の歌「ふるさとの空」が完成しました。歌詞ぐらいは憶えないといけないね。


富山では凶悪な事件は、なかなか起こらないから花時計が動き出したことがニュースになります。

Dscn3378_1580x1185
今年の花時計のデザインは公募された中なら「虹の中に浮かぶチューリップ」に決定したそうです。これは?チューリップじゃなくて・・・パンジーだよね。(周りにチューリップも有りましたよ。)
COOLPIX P310(H25.04.19)撮影

 

« 数千の灯りがともる提灯山 | トップページ | 富山に今も残る百万石の名残り »

富山県」カテゴリの記事

コメント

県民ふるさとの日は初耳でした。
定着するには時間がかかるとは思いますが、
なんかイベントでもやっていくんですかね。

おっぺらさん
今さら「富山県民の日」創らなくても良いと思いますよね。
でも、県外の人によると県民の日が無い事が不思議だそうです。
なんでも何県かは分かりませんが「県民の日」があって学校は休みだそうですよ。
秘密のケンミンSHOWの話しではないですよ。

SILVIAおじさん、こんばんは☆
『県民ふるさとの日』、全然知りませんでした。5月9日の新聞読み返しても全然記事がないですね。もっと先だったのかな。読売だからかな…。
おじさんのブログからはいつも色々な情報がもらえてとても勉強になりますよ。
「置県130年記念で5月9日~12日までは県の公共施設の入館料が無料や割引になるそうですよ」⇒もっとアピールしてほしいですね。それにもう少し長い期間(1か月とか…)だといいのになぁ~、と思いました。

ikuさん、ありがとうございます。
私も「県民ふるさとの日」についてネットを確認してたけど、詳しく載っていなかったですね。
以前何かで見ましたが記事書きながら少し不安でした。でも、テレビでしっかりと先日言ってましたね。
でも、他県のように「県民の日」として学校が休みになるような事はないようですね。
「ふるさと」が入っていますからでしょうか!将来、150年目あたりに大きくPRされるかもね。
明日、12日に式典が予定されていますので・・・楽しみです。すごい発表が有ったりしてね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山県置県130年:

« 数千の灯りがともる提灯山 | トップページ | 富山に今も残る百万石の名残り »