2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 大境洞窟居住跡 | トップページ | 砺波夜高突き合わせ(動画) »

2013年6月16日 (日)

五穀豊穣を願う田祭り

6月14、15日に行われた、砺波の夜高祭りの突き合わせに出掛けました。
夜高祭りは砺波平野に残る五穀豊穣を願う「田祭り」です。
砺波地区の福野、庄川、津沢で5月、6月と夜高祭りが行われますが最後が「砺波夜高祭り」です。

昨年は初日に出掛けてましたので「突き合わせ」は見れませんでしたが、今年は午後8時45分から行われる突き合わせだけを目的に家を出発しました。沢山の写真を撮りましたので何回かに分けます。

Dsc_7353_1580x1029

現地に到着したけど、沢山の人達がやって来ているのか駐車場が空いてなかった。
砺波市の街なかには有料駐車場が殆どありません。
車を有料駐車場に停める意識が低い・・・、砺波市には必要ないそうです。

北陸銀行前で見た「春日町(かすがちょう)」VS「南町」さんの突き合わせ突き合わせが行われる通りに到着したら沢山の人・・・砺波市民全員が来ているのではと思うほど。

Dsc_7374_1580x1046
「ドーン」
と鈍い音を立てて、夜高が揺れた。

Dsc_7391_1580x1046
夜高の上で男が「ヨイヤサ!ヨイヤサ!」と男達を鼓舞する。

Dsc_7400_1580x1046
上になった春日町の山車が南町の行燈を壊す。

Dsc_7409_1580x1046
見ていたら周りの人から南町の行燈が「倒れる!」と声が掛かり人が下がる。

Dsc_7415_1580x1046
ルールが分からないけど春日町さんの勝利だったようです。

田園地帯に暮らす「大人しい男達」が日頃の鬱憤を発散させるのが「夜高祭り」のような気がします。
田園地帯は間違いないけど、ここで夜高に参加する男達は砺波市の一番の街なかに住む男達だよ。
ここで発散させる事ができるから砺波では大きな事件が起こらないんだろうね。

でも、富山市の中心市街地に住む私達には「不思議」「意味が分からない。」のが夜高祭りです。
・・・続く。Nikon D7000撮影

« 大境洞窟居住跡 | トップページ | 砺波夜高突き合わせ(動画) »

富山の祭り百選」カテゴリの記事

コメント

まだ砺波の夜高は日中ちらっとは見たことがありますが、夜は見たことがありません。
なかなかに激しいお祭りだとか。
やはりお祭りの熱意は自分の町内に対する愛情にほかなりません。
よそに負けたくない、自分の町が一番。そうやって競い合うことでどの祭りも発展してきたのだと思います。
高岡の御車山だって八尾の曳山だって競い合うからこそあれだけの絢爛豪華さに発展したのだと思います。
富山市街地に住む人に比べればやっぱり田舎の方がいろいろ土地に縛られながら生きているんですよね。
良きにしろ悪しきにしろ。

おっぺらさん
今日、私の会社で砺波の夜高の話しとなりました。
あの祭りの雰囲気は、昔、祭りを仕切っていた地元のヤ~さんたちの影響もあるとの結論に至りました。
そうでないと、祭りの場で見る男達の勇ましさは、日頃見る砺波の大人しい男達からは想像できませんね。
町内会で夜高を作成する段階から、男達だけではなく町内の老若男女が関わることで、祭りに掛ける熱意が生まれるのではないでしょうか。そして男達は祭りで鬱憤を晴らす。祭りを中心とした地区運営のスパイラルがあるのではないでしょうか。

おっぺらさん、驚くかも知れませんが、私が住む中心市街地にスパイラルは存在しません。
中心市街地に住んでいるのは自慢ですが、自分が住む町内への愛情は誰も持っていないと思います。
だから、人によっては悪質な事件を起こしたり、隣の家で人が死んでいても分からない・・・寂しい事です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五穀豊穣を願う田祭り:

« 大境洞窟居住跡 | トップページ | 砺波夜高突き合わせ(動画) »