2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 50th戸出七夕まつり | トップページ | 帝釈天参道と記念館 »

2013年7月10日 (水)

帝釈天で産湯を使いました

先日、東京へ出掛けました。2年振りだと思います。
東京にも、東京メトロにも、JRにも全く詳しくないから、うちの奥さんと珍道中でした。
COOLPIX P310で沢山、撮影しましたので何回かに分けてアップします。よろしかったらご覧ください。

京成電鉄金町線の「柴又駅」に向かいました。
『男はつらいよ』を全話鑑賞済みの私としては、以前から「葛飾柴又」を訪れてみたいと思っていました。

Dscn3893_1580x1185_3

柴又の駅から左に進んで、信号を渡った先の参道の突き当りにあるのが「帝釈天」さん。
『私、生まれも育ちも葛飾柴又、帝釈天で産湯を使い・・・』「柴又帝釈天」さんです。

Dscn3901_1580x1185
佐藤蛾次郎演じる「源公」が箒で境内を掃いていそうでしたよ。

Dscn3912_1580x1154
柴又帝釈天は、日蓮宗の寺院で正式名称は経栄山 題経寺(きょうえいざん だいきょうじ)だそうです。

Dscn3904_1580x1162_2
笠智衆さん演じる「御前様」『これトラ』と声を掛けてきそうな。
笠さんは、映画のシリーズ終盤では既に亡くなったおられたそうですが、幻の御前様として存在させていたそうです。
「男はつらいよ」の出演者が亡くなられたニュースを聞くたびに時の流れを感じます。


Dscn3917_1580x1185
寅さんシリーズ終了してから随分経つから観光客も減っているそうです。
映画での観光客誘致は48作続いた大シリーズでも、やがては・・・という事だね。


Dscn3908_1580x1183_2

この廊下は何回も登場しているように思います。
御前様の娘・冬子さんがマドンナだった回の、この廊下でのやり取りを想い出します。


Dscn3911_1580x1181
柴又帝釈天さんは「男はつらいよ」の映画に撮影された、そのまま時間が止まっているように感じました。
ただ、映画の世界では帝釈天参道は沢山の人で賑わっていたように憶えているけど、今では・・・続く。
COOLPIX P310撮影

« 50th戸出七夕まつり | トップページ | 帝釈天参道と記念館 »

県外」カテゴリの記事

コメント

寅さんはあんまり詳しくなくて作品もいくつかしか見たことはないのですが、「帝釈天に産湯を使い」のくだりは知ってます。
もちろん帝釈天には行ったことはありません。
自分が見た映画のロケ地なんか見ると、その場面が思い起こされますよね。

おっぺらさん
そうですか、寅さんシリーズはあまり見られたことないのですね。
私は面白く見ておりました。いつもワンパターンの展開が、不思議と温かく感じられました。
柴又駅から、参道を通って帝釈天まで、広大な範囲と想像しておりましたが・・・意外と狭いのに驚きました。
それと映画の舞台だったことを、もっとPRすればと思うくらいに寅、寅・・・寅はしていませんでした。

帝釈天、おみくじはしませんでしか。
凶が多いんですよー、でも厄落としにもなります!

キハ58さん
帝釈天の門を入った先に、お御籤やお守りを販売している小屋がありましたが
素通りしてしまいました。買ってみたら良かったですね。
いろんな神様にお願いしていますので今回は遠慮してしまいました。

SILVIAおじさん さま
BSやDVDで寅さん、一応全作見ました。

帝釈天のの近くの川魚料亭で宴会したこともあります。
帝釈天2度行きました。
あれから既に二十年位は経ってしまいました。
今は昔の思いでです。

輝ジィ~ジ様
私も全作を同じ様に見ました。
ただ、中学生の頃に映画館で一作だけ見た記憶がありますが・・・何作だったか記憶がありません。
「松竹映画」ですので、映画館は富山では中央通りになりますが、今では映画館の名残があるだけです。
その場所に映画館があったことを知る人は既に少なくなったと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帝釈天で産湯を使いました:

« 50th戸出七夕まつり | トップページ | 帝釈天参道と記念館 »