2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 福岡つくりもんまつり | トップページ | 福岡つくりもんまつり2 »

2013年9月30日 (月)

『おわら風の盆』最終記事

Dsc_8488_1580x10469月も最終日ですので「おわら風の盆」の記事で引っ張るのは終了したいと思います。
最後は残っていた写真で閉めさせて頂きます。
年齢を重ねた男が弾く三味線で、美しい浴衣を着て笠を被った若い女が踊る。
越中八尾にどうして、素人が行う、こんな素晴らしい芸能が発展したのでしょう。
「越中八尾おわら文化」に違いありません。

Dsc_8528_1580x1046

東町で花を打たれた家に角付け踊りを披露していた今町さんですが、残念ながら自宅から踊り場を照らすライトが強過ぎて完全な逆光撮影は厳しかったです。

Dsc_8493_1580x1046

東新町さんの町流しを後ろから撮影したけど、東新町さんを見掛けたのは今年はこの時だけでした。

今年「おわら風の盆」には前夜祭を入れて計5度の八尾通いでしたが不完全燃焼でした。
「おわら風の盆」の長い記事にお付き合い頂きありがとうございました。
Nikon D7000撮影(今町・H25.09.02)

« 福岡つくりもんまつり | トップページ | 福岡つくりもんまつり2 »

越中八尾おわら風の盆」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした。
天候に左右される「おわら風の盆」仕方ないですね。
「月見のおわら」も終わったようで、こちらにもツアーのパンフレットが入っていました。
町催なのかと思ったら、某旅行会社主催なんですね、驚きました。

しゅうちゃんさん、ありがとうございます。
「月見のおわら」は出掛けて行くつもりでしたが、予定が入り直前になって断念しました。
天気が良かったので行けれればよかったと後悔しております。
一日4000人のみで2日間と見学し易いように感じられるかも知れませんが、
通りには提灯もなく寂しいのと、諏訪町通りと上新町通りしか使いませんので凄い人なんです。
クラブツーリズム主催で、おわら保存会は「関係していません。」と言う不思議な月見の祭典です。
また来年頑張りたいと思います。

SILVIAおじさん さま
今に時代 残念ながら仕方が無いかもしれませんが、虚しさを感じます。
多分 越中おわら があまりにも素晴らしすぎるのでは無いでしょうか?
某クラブ・・・何とかが幾らかの金を投資して自社の為に改めて開催 小生そのようなおわら見たくありません。
とは言いながら、新潟長岡の日本一を謳う“大花火”でクラブ・・・何とかが、自社提供をPRするスターマインを打ち上げるのです。
参加者は自分の花火と思うことでしょう。小生には解らない時代になりました。
八尾の将来も????

輝ジィ~ジ様
「月見のおわら」を主催するクラブツーリズムですが、今日の夕方のニュースで関係者10人が、
高岡伏木の勝興寺を見学したと放送していました。
来年からは、「月見のおわら」と翌日は高岡見学がセットになるかも知れませんよ。
東京さんの考え方は越中人には分かりません。
そして、今年気になったのは、「風の盆」の本祭の際にクラブツーリズムが諏訪町通りの民家の一部を
借り上げていました。今年初めて見ましたが、いよいよ本祭にも乗り込んで来るのかも知れません。
時代が変わっていく始まりを感じました。正解であれば残念なことです。

今年もたくさんのおわらの記事お疲れさまでした。
楽しくそしていろいろ勉強させてもらいながら拝見いたしました。
素敵な写真も一杯でした。
そういえばもうおわらも終わってから一ヶ月経つんですね。
早いものです。

おっぺらさん、ありがとうございます。
昨日の「月見のおわら」で今年のおわらは終了です。
今年は気が付いたら前夜祭が始まる少し前でした。(* ̄ー ̄*)
おわらの時期がやって来るのが、なんだか怖く感じています。
おわらは自分が見て楽しければ良いのかも知れません。
写真に撮ろう、上手く撮ろうと考えると怖くなります。また来年です。

一連の記事、ありがとうございました。
見に行ったことがないので、お写真で雰囲気を味わえました。
明日から10月、秋本番ですね。もうちょっとで立山辺りでは雪でしょうか・・・。

キハ58さん、ありがとうございます。
今年も全国から沢山の方々に越中八尾にお出掛け頂きました。
全国に富山県が誇れる祭りは「おわら風の盆」しかありません。
富山県=おわら風の盆と言われるのも事実です。
そんな「おわら風の盆」を富山県の祭りとして県民でバックアップして行くべきと思いますが、
富山県内どころか、富山市内でも関わらない人が多いのが、徳島県の阿波踊りと違うところでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『おわら風の盆』最終記事:

« 福岡つくりもんまつり | トップページ | 福岡つくりもんまつり2 »