2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 坂の町はアートでも県内一 | トップページ | ○○(まるまる)魚津へ行く »

2013年10月19日 (土)

花街の栄華・杉風荘

『坂のまちアートinやつお2013』で訪れた鏡町さんにある「杉風荘(さんぷうそう)」でもアートが展示されていました。以前から是非とも建物の中を見てみたいと思っていた杉風荘さんに始めて足を踏み入れました。

Dscn4579_1580x1182

昔、鏡町は八尾の花街として栄えた町で「杉風荘」も明治40年頃に料亭「杉下楼」として建築されたそうです。当時は他にも沢山の「料亭」や「置屋」や「検番」も存在していたそうです。

Dscn4580_1580x1152_2

分かりづらい写真ですが、当時の「検番」の写真で2階では花街の芸者たちが暮らしていた「置屋」があったと説明書きがありました。

Dscn4592_1580x1184_2

鏡町の町内の中には「検番跡」と記した場所がありますが、既に面影はありません。

Dscn4606_1116x1580

「杉風荘」は現在では富山市八尾町のコミュニティセンターの分館となっています。
・・・続く。 COOLPIX P310撮影 

« 坂の町はアートでも県内一 | トップページ | ○○(まるまる)魚津へ行く »

富山市」カテゴリの記事

コメント

花街、置屋はかつていたる所にあったと思いますが、
どちらかというとなかったことにされてしまいがちなのは残念です。
本来は地域の文化を語る上では欠かせない存在なのですが。
そこのところをどのように後世に伝えていくかというのは大切なことのような気がします。

おっぺらさん、素晴らしいコメントを頂いて嬉しく思います。
花街があったことを、今の時代に残さない方が良いと考えた時代があったのかも知れませんね。
でも、それは間違えだったと私は思います。おっぺらさんもコメントされたように、そこに文化があった事を
隠しては行けない。忘れさせないで後世に伝えるべきだと思います。
立派なお仕事ですよ。その場で富山の知事や国会議員が決められたかも知れませんよ。
鏡町はかつて花街であり、多くの料亭が存在していたことを、今年になって町内の中に掲示を始めました。
訪れる人達にかつての栄華を自慢し、今、一番美しい踊りを披露できる歴史を誇るようにです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花街の栄華・杉風荘:

« 坂の町はアートでも県内一 | トップページ | ○○(まるまる)魚津へ行く »