2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 水の国・富山の東西水じまん合戦 | トップページ | 風の盆の大吟醸酒 »

2013年10月27日 (日)

今更、新幹線列車名決定の記事です

先日、JR東日本・西日本から北陸新幹線の列車名が発表されました。
他の方が書かれた北陸新幹線の名前に付いての記事を見させていただきました。私は電車はあまり詳しくはないので私も記事を準備しておりましたが、今更の記事になります。

東京駅⇔金沢駅間の直通列車速達(ひかり)タイプを「かがやき」
東京駅⇔金沢駅間の各駅停車(こだま)タイプを
「はくたか」
富山駅⇔金沢駅間のシャトル列車を「つるぎ」

東京駅⇔長野駅間は北陸新幹線(長野経由)を「あさま」

Nhokurikushinkansenlarge570_568x234

「かがやき」は、
皆様の記事を読んでいると、まさか「かがやき」の再登板という番狂わせで、予想できなかったと書かれている方もいました。 1997年まで金沢駅⇔長岡駅を結ぶ特急の列車名で、長岡で上越新幹線に乗り換え東京と結んでいました。

『沿線住民になじみの深い列車名と書かれている方がいましたが、私は思ったこともありませんでした。

「はくたか」は、
立山連峰の開山伝説(白鷹伝説)に登場する白い鷹の“白鷹”から来ています。1997年に“ほくほく線”開通以降、金沢駅⇔越後湯沢駅を結ぶ特急の列車名で、越後湯沢で上越新幹線に乗り換え東京と結んでいました。

『流石に長岡は遠かったから“ほくほく線”の開通は本当に嬉しかったです。山間を行く列車で景色を見た記憶が薄いんだけど。

「つるぎ」は、
富山県上市町の地元住民が日頃から信仰している、北アルプス「剱岳(つるぎだけ)」で間違いありません。立山連峰にある標高2999m。日本国内で「一般登山者が登る山のうちでは危険度の最も高い山」と言われます。特急「つるぎ」は、1961年10月に大阪駅⇔富山駅間を結ぶ準急列車として運転を開始し1996
年に廃止されたそうです。
『“つるぎ”の列車名は聞いたこともありませんから、乗車したことは勿論ありません。富山駅には停まらなかったそうだから仕方がないよね。

お隣の石川県には申し訳ないけど、「はくたか」と「つるぎ」は富山県に関係する列車名になりました。 新幹線の恩恵を受けるのは、終着駅がある石川県が大きいだろうから列車名だけでも・・・JRさんの粋な計らいでありがたいことです。

« 水の国・富山の東西水じまん合戦 | トップページ | 風の盆の大吟醸酒 »

北陸新幹線」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

わたしも、「はくたか」と「つるぎ」は順当かとも思いましたが、
「かがやき」は意外でしたね。

「かがやき」の語感はそれほど悪くはありませんが、あまりに
ばくぜんとした言葉なのでねぇ

金沢の次は、福井まではそのうち延長されるでしょうけど
敦賀から大阪までのルートは、3案がお互いにつぶしあい
して、いつ決着するんでしょうか

なかっちょさん、コメントありがとうございます。
「かがやき」は未来に向かって輝くだと聞きましたが、漠然とした言葉で地域性は感じれませんね。
富山県民としては「らいちょう」は選ばれなくてもよいけど、得票一位の「はくさん」が選ばれなくて良かったが本音でしょうか。結果は富山県民が喜ぶ結果に落ち着いたようです。投票する必要もなかったような気もしています。金沢から先の・・・福井も敦賀も情報を知りませんでした。

東北新幹線も出来た頃は「やまびこ」「あおば」だけ
今は「はやて」「やまびこ」「なすの」にプラス「つばさ」「こまち」
たぶん金沢まで開通して、しばらくすると運行形態、名前も変わる可能性あるんでしょうね?。

しゅうちゃんさん、
しゅうちゃんさんの記事も参考にさせて頂きました。
その通りだと思います。金沢駅から先まで延伸して行くと、更に別の列車名が出てくるでしょうね。
福井駅終着になると「はくさん」や「えちぜん」の名前が登場するかも知れませんね。
私としては富山⇔長野を往復する新幹線を設けて欲しいけど、
目的は・・・富山市は長野市と観光連携するそうだからね。
金沢⇔長野は間違いなく企画されるだろうと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更、新幹線列車名決定の記事です:

« 水の国・富山の東西水じまん合戦 | トップページ | 風の盆の大吟醸酒 »