2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 長慶寺さんの五百羅漢 | トップページ | 今年も平和通りから立山 »

2013年11月19日 (火)

五百羅漢の紅葉少しだけ早く

五百羅漢の紅葉は昨年くらいから色付きがあまり良くないような気がしています。数年前に見た五百羅漢の紅葉は本当に赤く・・・赤く・・・色付いていたんだけど・・・。 今年は、もう一度だけ訪れてみたいと思います。朝陽が良いんだけど・・・会社あるから。(u_u。)

Dsc_8892_1580x1046_2

4年連続で訪れておりますが、今年は例年よりも10日ほど早くの訪問でした。結果は紅葉が赤くなるのには少しだけ早かった。(カメラのホワイトバランスを曇りにして赤みを出しています。)

Dsc_8890_1580x1046

Dsc_8906_1046x1580

Dsc_8921_1580x1046

Dsc_8929_1046x1580
最高の天気なのに訪れるカメラマンは不思議と少なかった。その代わりに昨年までと違って、家族やカップルなどの撮影しない人が紅葉見学に来ていました。 Nikon D7000(H25.11.16)撮影

« 長慶寺さんの五百羅漢 | トップページ | 今年も平和通りから立山 »

富山市」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
赤みが足りない理由は、気温でしょうか。
先般、天生峠へ行ったとき現地の方が
「今年は台風が多く、葉が散ってしまった」と
おっしゃっていました。
もしかすると赤くない理由のひとつかもしれませんね。

morimoridxさん
富山で一番赤いモミジを見ることが出来る場所はどこでしょうか・・・高岡の古城公園のような気がします。
県内に真っ赤に燃えるようなモミジと古寺などがあれば良いのですが、ご存知でしたら教えて下さい。
内山邸が良い候補と思いますが、紅葉する木が少なくて絵になりませんね。
大沢野の寺家公園は今週末が見頃です。真っ赤にはなりませんが、オレンジ色が綺麗ですよ。
また、大岩日石寺の紅葉も悪くありません。最高は植物園かも知れませんね。毎年、この時期はこんな事を考えます。

はじめまして・・・隣県のものです。
先日初めて眼目山立山寺に行ってきました。
いろいろ調べているときにこのブログを拝見して思わずコメントさせていただきました。

表題の500羅漢というのはどこにあるのでしょうか?
呉羽山の長慶寺というところですか?

寺家公園の紅葉、何年前かに偶然みて、あまりの見事さに驚きました。
見ごろがいつなのかよくわからず、その後行けずにましたが、そろそろ見頃という記事で行ってみたくなりました。
どうもありがとうございました。
500羅漢のこと、お教え願えたら嬉しいです。

ばんばさん、コメントありがとうございます。
五百羅漢は呉羽山の長慶寺で間違いありません。寺家公園も長慶寺も今が本当に最高です。
両方とも少しづづ散り始めております。どうして分かるかと言いますと、今、両方ともを訪問して帰って参りました。明日も天気が良さそうですし、是非訪問下さい。もう来週は無いと思います。寺家公園を隣県から訪問頂き嬉しく思います・・・ブログ拝見しましたが、南側の隣県のようですね。南側の隣県は富山市とは昔からの長い付き合いで、人の交流も盛んですよね。これからもよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

いやぁ…残念ながら、来週でなければ出られないんです。
もう紅葉は終わってますね、きっと・・・
来年の手帳の、行きたいところに記載しておくことにします。

はい、どちらかというと富山のほうがなじみのあるところに住んでおります~
どうぞよろしくお願いいたします~

ばんばさん
ブログを拝見しましたが、何回も富山に来て頂いているようで嬉しく思います。
飛騨地方は私達、富山市とは鰤を運んでいた時代から交流が盛んです。大沢野に「塩」と呼ぶ地名があります。昔、飛騨に鰤を運ぶ為の塩蔵があったそうです。ただ、運ばれたのは鰤だけではなく言葉も伝わったようで、高山市民と富山市民が使う言葉は本当に良く似ておりますよ。最後に私の家内の親戚は福地温泉で民宿をやっております。県境を越えた人の交流があるのが富山市にとっての飛騨です。同じ富山県内にある市町村よりも・・・近く感じますよ。忘れていましたが、うちの会社に飛騨から通勤する人が数名いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五百羅漢の紅葉少しだけ早く:

« 長慶寺さんの五百羅漢 | トップページ | 今年も平和通りから立山 »