2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 今年は暖冬かも知れません | トップページ | 富山も安全では無くなった »

2014年1月27日 (月)

富山駅前の飲み屋街

今年は、ここまで雪がない暖冬の富山市内です。この日(1月25日)は曇り空でしたが気温が上がり(最高気温14.4℃)、南風が吹いて異常気象です。富山駅近くに車を駐車してカメラを持って歩いてみました。飲み屋さんが多いから、当然だけど午前中だから人は少ないね

Dscn5143_1580x1185

富山市の飲み屋街として有名なのは、もう少し南へ行ったところにある富山NO.1の歓楽街「桜木町」だけど、近頃は富山駅前(駅南)の「桜町・新富町」周辺に新しいお店が集合して来ているよね。

Dscn5136_1580x1136 
地元の人達が「飲み」に行くのは桜木町が多いように思うけど、桜町や新富町周辺には「食べる方」の魅力あるお店が多いよね。仕事帰りの人や、若い学生達が夜に集まってるのを見掛けるよ。

Dscn5138_1185x1580

富山駅から歩いて来れるのと飲み屋街の中に幾つも大きなホテルが建っていたり、居酒屋やダイニングレストランが沢山あったりして観光やビジネスで富山に来られた人達にも人気のようだね。  COOLPIX P310(H26.01.25)撮影

« 今年は暖冬かも知れません | トップページ | 富山も安全では無くなった »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

駅前に新たに飲み屋街が増えつつあるのは、やはり、新幹線開通を睨んで、でしょうね。
開通して、観光客が増えるか、それともストロー現象で他の観光地に吸われていくか、いよいよ勝負の時が近づいていますね。

やいっちさん
正月の新幹線関連の番組をご覧になりましたか。金沢駅周辺の地価の上昇率が全国一だったそうです。
それと金沢駅近くのビルはテナントの入居率が既に100%だそうです。でも、それは金沢駅周辺への賑わいの移動を現していて、金沢へ来た人達は駅周辺だけを見て帰ってしまうそうで、金沢こそピンチと言っていました。富山はそれ以前の問題なのは間違いないと思いますが、新幹線開業の一年前にも関わらず富山市は「ものづくり」、「ビジネス」でやって行くと表明しているようです

我等が富山市。地元だけに贔屓目に見ようとしますが、観光都市とは到底いえない気がします。これは、という目玉が見当たらない。やはりビジネス中心の対応になるのかな。コンベンションとかに力を入れるとか。
水の都、ガラスの都、を念頭に、ガラスと水の宮殿を造るとか。エッシャーの世界を水とガラスで実現する、なんてどうでしょう。

素晴らしい発想だと思います。全国展開している企業が多い富山市は、東京で行っていた社員全体の集まりを富山市で行うことや、大学の学会誘致、研究機関を富山に置くなどが、富山市の最大の新幹線効果と考えているようですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山駅前の飲み屋街:

« 今年は暖冬かも知れません | トップページ | 富山も安全では無くなった »