2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 北陸新幹線開業1年前 | トップページ | とやま見つめてプロジェクト »

2014年2月28日 (金)

富山地鉄「月岡駅」

2011年12月に上映された富山県の東部を舞台にした映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人達』ラストシーン。定年後も運転手として働き続けることになった滝島徹(三浦友和)が運転する電車から、看護師として患者さんの家へ向かう滝島佐和子(余貴美子)に手を振る素敵なシーンでした。

ラストシーンはチューリップが咲く5月の初めが舞台で、電車が進んで良く先には雪が残る立山連峰が綺麗に映し出されていました。今年は暖冬とはいえ周辺には沢山の雪がありました。 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

Dscn5253_1280x954

ラストシーンが撮影されたのは、富山地方鉄道の上滝線にあります「月岡駅」になります。場所で言いますと富山市の南部地区のど真ん中になります。

Dscn5244_1280x960 Dscn5254_1280x957
映画館で観て以来でしたけど、2年経ったけど色褪せないストーリーと、日頃から目にしている雄大な大自然は・・・今更だけど運転手になれば良かったと思います。 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

« 北陸新幹線開業1年前 | トップページ | とやま見つめてプロジェクト »

鉄軌道王国・富山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
渋い佇まいです。
このまま朽ちずに残ってほしいですね。

父は国鉄職員一筋でした。父の雄姿を写した写真がいっぱい。テレビにもちょっと出たっけ。
息子の小生にも目指して欲しかったらしいけど、全く違った道へ。別に後悔はしてないけど、父には申し訳なかったなーって、思うことがあります。

富山地鉄は、絵になる場所が多いですよね。
そんな電車が運転出来たら、最高です。

運転手って、昔の子供の頃のあこがれ・・・そういえば、いすみ鉄道で数百万円を払って運転手を目指した皆さんもいらっしゃるし、魅力あるんですね。

そう言えば、加山雄三が「卒婚」とか。
なんでも物は言い様ですが、RAILWAYSも卒婚と言えばそんな感じですね。
辞める事を「卒業」というのは最近の風潮ですね。
私は生活力がないので、妻に卒業されると、人生卒業かも・・・。

morimoridxさん
こんばんは、映画の撮影場所に月岡駅が選ばれるとは思っていませんでした。それもラストシーンにですよ。
月岡地区は人口がドンドン減っていて、10年先には1/3がいなくなってしまうのではと言われています。
そんな日がやって来たら駅も綺麗に無くなるでしょうね。

やいっちさん
父親が電車の運転手さんの人が私の周りにもいますが、彼は運転手ではありませんが電車好きですよ。
やいっちさんは違う道を歩んだけれど、どこかに父親の思いを受け継いでいると思いますね。
「ガッタン、ゴットン」と音を聞くと血が騒ぐとかはありませんでしょうか。

しゅうちゃんさん
富山地鉄さんは地道な運営をしておられますが、地域の人達に愛されています。
地鉄電車の運転手さんが主役の映画でしたが、それ以後も本物の運転手さんが脚光をあびることはありませんでした。電車の内装の変更や、新車両を購入するなど、経営が厳しいなか立派ですよ。いつの日か富山地鉄さんの取り組みがドキュメントで紹介されたり、映画になったり・・・映画は撮り終えていましたね。もっと応援したい気持ちにさせられます。

キハ58さん
運転手が不足している話は聞いた事がないですね。昨年、在来線運営会社の「あいの風鉄道」さんが職員を募集しておりましたが、運転手になる人がいないとの話は聞かなかったですね。人気の職業なんでしょうね。でも飛行機のパイロットのように高給ではないですね。

おっぺらさん
なんだか、この歳になりますと、昔は遠いことだと思っていました定年の日が、なんだか見えて来たような気がしています。この映画の中で米倉さんが言っていた定年した後が「長いぞ!」の言葉が・・・心に残っています。60歳で定年を迎えた後、自宅にいると奥さんから嫌がられると思います。かといって60歳を越えた人を新たに採用してくれる会社など、これからの社会では無いでしょうね。やっぱり、そこからが長いでしょうね。

このページは何故か拝読いたしていませんでした。失礼致します。お写真を拝見いたしまして、胸がジーンとしてまいりました。今から六十年前頃にタイムトンネルを潜りました。父、母も若くて家族が皆揃うていました。心に甦ってまいりました。貧しかったですが楽しかったです。忘れずに生きて行きたいと思います。素敵なお写真ありがとうございました。m(_ _)m

赤津姫さん
富山地鉄の「月岡駅」の写真に昔を想い出して頂き嬉しく思います。富山地鉄の駅には、昭和を想い出させるノスタルジックな駅が現役で沢山残っております。若い頃は、早く建て替えればと思っていたものですが、今ではこのままで良いのではとさえ思います。地域の方に愛される「地鉄の駅」として長く使い続けて行きたい「富山遺産」だと思います。新しいものが必ず良いとはいえないと自分が歳を重ねて思えるようになりました。
私も父と母を人よりも早く亡くしておりますので、赤津姫さんの思いがよく分かります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山地鉄「月岡駅」:

« 北陸新幹線開業1年前 | トップページ | とやま見つめてプロジェクト »