2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 電鉄富山駅に撮り鉄がいた | トップページ | 環水公園 Winter Fantasia »

2014年2月 2日 (日)

姿を消すシネマ食堂街

富山駅北にある環水公園のイベントに参加した土曜日の午後6時過ぎに富山駅前を通りました。富山駅周辺に食事や飲みに行く人達が沢山歩いていて、驚くほど賑わっていましたよ・・・・雪がない冬の有難さです。富山市の中心市街地で飲みに行くといったら「桜木町(さくらぎちょう)」が昔は中心だったけど・・・うちの奥さんが言っていたけど「桜木町のイメージはオジサン。」だそうです。先日も記事にしましたが、今は駅前周辺に美味しい店や昭和の懐かしい店が揃っています。

以前記事にしました『富山の昭和「シネマ食堂街」』 です。 

富山駅前の桜町一丁目の三角地帯に昭和34年から続く、映画館と食堂街からなる「富山シネマ食堂街」があります。映画館はかなり前に閉館しておりますが、当時は成人向け映画を上映していた憶えがあります。現在も食堂街の数店舗が営業を続けております。富山駅前の一等地にありますシネマ食堂街は再開発で今年中に姿を消します

Photo

Dscn5110_1580x1184

Dscn5123_1184x1580

現在も営業する「東横インJr.富山駅前やシネマ食堂街などがある約3400平方メートルの三角地帯を取り壊し、東横インを建て替え、下層階に飲食店、高層階をマンションとする複合ビルが建設されます。

Dscn5116_1580x1185

Dscn5114_1580x1181
いつの間にか解体工事が始まりそうな気がしたから、少し早いけど最後の訪問をして来ました。再開発で懐かしい「昭和の富山」が消えて行きます。 COOLPIX P310(H26.01.25)撮影

« 電鉄富山駅に撮り鉄がいた | トップページ | 環水公園 Winter Fantasia »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

風情が無くなっちゃうのは、ニーズがなくなちゃったからでしょうか。
環境未来都市に選ばれているからかもしれませんね!

キハ58さん
「コンパクトなまちづくり戦略」で私が住むような中心市街地は便利になるし、街が綺麗になるし、イベントがモリ沢山で楽しいですよ。私はマンションではありませんが、街なかのマンション生活の居住環境の良さは素晴らしいそうで、郊外から街なかへ「住み替え」する方が多くなって来ました。郊外はスーパーが地域に無い・・・生活困難状態に突入のようです。人口の減も加速しそうで10年すると郊外は機能できないでしょうね。名前を変えた「郊外切捨て計画」で間違いありません。 

映画を富山で見ることがなかったので、実際に駅前の映画館通りのお世話にはなりませんでしたが、再開発の波はしょうがないですね。
食堂街は姿を消しても、このように写真や記録そして、記憶として残っていくのでしょうね。

おっぺらさん
この一等地の三角地帯にはHOTELやマンションなどの複合ビルではなく、できたら30階ほどのオフィスビルが良いような気がします。でも富山市のオフィス需要は充足気味だと思いますので、やっぱりHOTEL・・・でもHOTELも既に沢山あり過ぎですね。造れば完売のマンションは需要が高いのですが、駅を出たところにタワーマンションでは味気ないですね・・・結局は敷地が大き過ぎますので複合ビルにならざるを得ないのだと思います。どうやら大原の学校も入居するそうです。もっと街に人口が居てくれたら・・・違う使い道があると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姿を消すシネマ食堂街:

« 電鉄富山駅に撮り鉄がいた | トップページ | 環水公園 Winter Fantasia »