2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 昭和タイムスリップ「新世界」 | トップページ | 雪国事情いろいろ »

2014年2月16日 (日)

頑張って高岡市さん

太平洋側で大雪の為に、体育館などの屋根が落ちたとのニュースをやっていましたが驚きです。随分前に建てられた体育館で老朽していたのではないかと思いますが恐ろしいですね。利用している人いなくて良かったですね。

私達が住む雪国の住宅は頑丈に造られているのは間違いないことだと思います。柱が太かったり、壁が厚かったり、重い雪が積もることを想定して建てられているから、雪の重さで住宅が壊れたニュースは聞いた記憶がありません。納屋や倉庫が壊れた話は聞くけどね。北陸でも山沿いに住んでいる方達は、やっぱり一冬に何回か屋根の雪降ろしをされています。家の中にいて、扉や障子戸が動きにくくなったら合図だそうです

今日は人口の話になります。これからは人口が減って行く時代、どれだけの人口を持っているかが重要です

『富山県の人口移動調査(県外) H23.10~H24.9』
                   
           増減数    転 入     転 出
富山県      △1071   17003    18074
富山市       △115    8404     8519

高岡市     △330     2680     3010 (とやま統計ワールドより 単位:人)

残念ながら富山県は県外からの転入者数と転出者数の増減は、この年は1071人の減で7年連続減だそうです。移動数が最も多いのは当然、人口が多い富山市になりますが、増減数のワースト減だった市町村は・・・高岡市の結果でした。これは富山で言う『旅の人(転勤族)』が多い結果だと思います。きっと高岡市には全国区の大きな会社が多いのかな?


Dscn5202_1280x960
富山県への県外からの転入先のベスト3は、①石川県 2051人 ②東京都 1726人 ③愛知県 1056人 となります。石川県は、富山県の隣県の中でも最も行き来し易い場所。特に県西部に住む人達にとっては石川県との関係は今も強いものがありますので当然だと思います

Dscn5195_959x1280

高岡市の話で驚いたのは、出生数と死亡数の増減数が891人の減と、人口が2.5倍いる富山市の数字と同程度になっています。子供を生む世代が少なく、高齢化が進んでいる・・・若い世代が高岡を出て他の市町村に移り住んでいるのかも知れませんね

「若い人達が県内外から移り住んでくれるような魅力的な街」を造ることに市町村単位で取り組むことが重要だと思います。頑張ってね県西部の中心都市の高岡市さん
COOLPIX P310(H26.02.11)撮影 記事の内容と写真は関係ありません。

« 昭和タイムスリップ「新世界」 | トップページ | 雪国事情いろいろ »

富山県」カテゴリの記事

コメント

車、カーポートなど雪国仕様があるくらいですからね。
ただ、太平洋側で降る雪は、水分を含んで非常に重いので、倒壊しやすくなるんでしょうね?
それにしても、2週続けて、すごい雪です。

しゅうちゃんさん、雪が大変だと思いますが頑張って下さい。
神戸の震災の際に、富山から応援に出掛けた建築の専門家が、富山の住宅だったら倒壊数はもっと少なかったはずと言っていた言葉が印象に残っています。
車にも雪国仕様の車があることを20年以上前に知りましたが、購入したいなと思いましたが富山では販売していなかった記憶があります。雪国仕様車は気温が低い地域用だそうで、そこまで気温が低くならない富山には必要はないそうです

私のブログでも最近記事にしましたが、富山県の除雪体制がいかに優秀か、旅先で身をもって実感しました。ちょっと除雪が遅れたら富山県民はブーブー文句を言いますが、雪に対する備えはやはり雪国らしく上等なものだと思いますね。
今回の関東の大雪は交通機関が壊滅的に麻痺しましたが、富山だとあれだけ降っても普通に生活しているでしょう。
これも住みやすさに関わるアピールポイントかもしれませんね。

おっぺらさん
お帰りなさい。私も次の記事に「雪国」の話しを取り上げました。北陸の雪に対する備えを全国の人達に自慢したかったですね。北陸の中でも富山県は特に優秀だと思います。富山県内でも、特に私の会社がある砺波平野の人達は、「雪を苦にしない。雪を楽しむ。・・・」、彼らの心構えは富山市民には分かりませんが、大したものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頑張って高岡市さん:

« 昭和タイムスリップ「新世界」 | トップページ | 雪国事情いろいろ »