2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« のぞみ川の枝垂れサクラ | トップページ | 環水公園のサクラ »

2014年4月20日 (日)

カメラ館横の岸渡川サクラ

富山サクラの季節は終わりましたが、もう少しサクラの写真がありますので続きます。
今年の冬は雪が少なかったからサクラに影響がでるかも知れないと心配していましたが、綺麗な花を付けて楽しませてくれました。それも花が咲いてから散るまでの時間が長かったとさえ感じるほど綺麗でした
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

Dscn5531_1280x960

県西部を流れる岸渡川(がんどがわ)沿いに咲くサクラです。
撮影したのは高岡市福岡にありますミュゼふくおかカメラの横になります。鉄度写真家・中井精也の「1日1鉄!」写真展が開催されています。

Dscn5515_1280x960_2
今年のサクラ開花前に富山サクラの名所として県内で一位になっていた岸渡川サクラです。富山市の中心部をユックリと流れる松川沿いのサクラとは違って、岸渡川は流れが速いのと川岸に降りて歩くことは出来ません。

Dscn5512_1280x960
富山サクラのランキングの結果は地元からの組織票が大きく関わったと噂していますが・・・初めて見た満開の岸渡川サクラは想像していたよりは綺麗でした。岸渡川サクラは県西部では最高だと思いますCoolpix P310 H26.04.12撮影 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

« のぞみ川の枝垂れサクラ | トップページ | 環水公園のサクラ »

高岡市」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
今年は綺麗な桜をたくさん見せていただいてありがとうございます
中井靖也さんは、よくテレビで拝見します。
少し前に、我が故郷の阿蘇や人吉での鉄道写真を撮るドキュメンタリー風の番組が
放映された時には、それこそ、食い入るように画面をみて、そしてとても
感動し、それ以来、中井さんのファンになりました

一昨年からかな? 岸渡川も、船に乗っての川下りが出来ますね
(400円だったかな。 受け付けは、15時まで)

ここのは、乗る事が出来ましたが、最後尾に座る事になったので、
前の人の頭が、フレームに入ってしまい、まともな写真が撮れませんでした

ターコイズさん、コメントありがとうございます。
ターコイズさんは「火の国」ですよね。富山は新幹線の開業一年前で関連テレビ番組が沢山放送されます。その番組で紹介されるのは、新幹線で成功した都市の一つ「熊本」です。私達、北陸人は鹿児島よりも熊本に行ってみたいと思っているでしょうね。「新幹線に終着駅効果はない。」の言葉が富山県民をどれだけ喜ばせたことでしょう。
中井精也さんは、本当に素晴らしいですね。あんな写真が撮ってみたいと思います

R.Ptarmiganさん
北日本新聞の富山サクラランキングの記事をご覧になられましたか、①岸渡川1500票、②舟川・・・あとは忘れましたが、岸渡川以外は50票ほどで、古城公園は20票でベスト10にも入っていなかったと思います。どう考えても保存会の組織票が大きく順位に影響を与えました。その結果を公表する新聞社も・・・そんなランキング企画することからオカシイですね

その時に新聞で紹介された写真が岸渡川を行く遊覧船でした。400円ほどだったら乗ってみたいですね。人が人力で漕いでいるようでしたから、流れが速いから上流に戻るのが大変でしょうね。

秋田から特別列車を走らせた中井さんの車掌さん姿が良かったです。
ミュゼふくおかカメラ館、こういうところだったんですね!

キハ58さん
今、思い出しましたが、中井精也さんが秋田から特別電車の車掌になったことを紹介されていたのはキハ58さんでしたね。ミュゼふくおかカメラ館にも来館されたそうです。時間があえば行ってみたかったのですが、ここは富山でも西の端に位置しています。訪問した日も休館日で、写真展も6月末までですので、また出掛けてみたいです。

もう随分県内の桜は散ってしまいましたね。平野部での桜のシーズンは終わりですね。
ずっと晴天が続いたので、散った桜の花びらが、べっちょり張り付くのではなく、ふわっと風に舞う様子も今年は楽しめました。

今は、読売新聞をとってるので、北日本新聞の記事は読んでないです
(北日本新聞と、読売新聞を、半年サイクルで、取ってるのです)

川下りの時は、竿を使ってましたが、戻る時は、エンジンで乗り場まで、遡っていました。

1.上流側にある、駐車場に車を停める。

2.下流にある受付まで歩いて、受け付けを済ませる。

3.救命胴衣を受け取り、上流の乗り場へ、車で移動(ピストン輸送)

4.船に乗って、下る

5.下流から歩いて、駐車場へ戻る。

徒歩 7~8分なので、川下りの距離は短いですね。

おっぺらさん
サクラの時期を楽しみに待っていましたが、あっという間に通り過ぎて行きました。そんな風に感じます。やっぱり雪が少なくて、春がやって来た感激が薄かった影響でしょうか。富山は四季が色濃いのが自慢ですが、冬が厳しくなく、春も肌寒い日があって・・・全国の人達は、こんな四季を送っているのかも知れませんよ。

R.Ptarmiganさん
北日本と読売を半年サイクルで交代しているのが面白いですね。地域との関わりの結果でしょうか、両方を立てる気持ち理解できます。県西部では特に全国紙の読売が強いですよね。私達、県東部では7割以上が地方紙の北日本のような気がします。ですので新聞の記事の話となると共通の話題になりますが、県西部では、そうは行かない事を学びました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラ館横の岸渡川サクラ:

« のぞみ川の枝垂れサクラ | トップページ | 環水公園のサクラ »