2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 花の森・天神山ガーデン | トップページ | 富山城は築60年 »

2014年4月27日 (日)

富山・新潟合区(案)

4月26日の新聞に参院選挙の改革案として一票の格差を縮小するのに人口が少ない選挙区を隣接する選挙区と統合する合区(案)について書かれた記事がありました。ネットの記事です。
「富山×2」は隣接する「新潟×4」と合区して「富山・新潟×4」とすると書かれていたけど・・・これ読んだ富山県民は驚いたことだと思います。(案)だから、これから議論されるだろうけど・・・現職の県内(県西部)選出の参院議員さんは「土地の歴史・文化的背景を考慮する必要がある。(新潟との合区は)あり得ない、という印象だ」と不満をにじませた。(北日本新聞記事)

富山県民の誰もが最初は驚いたと思うけど、県東部の人は冷静に考えたら不満をにじませるほどのことは無くて・・・私でさえ新しい時代が来ても良いかなと思えて来たり・・・会社の連中は新潟とは昔から強い繋がりがあるから妥当な内容かなとも言っていますね。逆に土地の歴史や文化が違い過ぎるからと言い出す国会議員は勘弁して欲しいよね
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

富山県は東日本とも西日本とも・・・どちらにも捉えられることがあったり、県のなかでも東西に文化が分かれているなど・・・・日本地図の東西の分かれ目という地理にある県だから異論が出ても仕方がない・・・・とも思います。

Dscn5618_1280x960
県庁前公園の花時計、テーマーは「感動ありがとう 富山第一高校」です。

全国的には○○県と○○県で合区はあり得ないとの不満の声も上がっているそうだけど、隣県といえど県が違えば当たり前のことだよね。早ければH28の参院選挙から導入のようですけど慎重に検討してほしいですね。でも県境を越えた合区は歴史や文化が違い過ぎて一緒なるのは難しいと思います。一つの県のなかでさえ随分と違っていると感じる富山県民より。
Coolpix P310 H26.04.27撮影 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

« 花の森・天神山ガーデン | トップページ | 富山城は築60年 »

富山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山・新潟合区(案):

« 花の森・天神山ガーデン | トップページ | 富山城は築60年 »