2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 立山信仰・立山博物館 | トップページ | まんだら遊苑・陽の道 »

2014年5月15日 (木)

まんだら遊苑・地界

県民ふるさとの日の無料開放日に、立山町の施設を選んだのは空いているだろうの予測と、立山博物館には周辺にも施設があって、合わせて無料の美味しい特典があるからです。立山博物館の周辺にある「まんだら遊苑」と「遙望館」と周辺一帯が博物館と言われています。

Dscn5805_1280x960

まんだら遊苑は立山に伝わる立山曼荼羅の世界を五感(見・聴・香・触・空)をテーマーに沢山の芸術作品や効果音、照明、香りなど立体で表現した施設です。(パンフレットに書いてありました。)

地界 ⇒ 陽の道 ⇒ 天界 ⇒ 闇の道の4つのエリアで構成されています。
「最初は地界からスタートです・・・。」


閻魔堂ー地獄百景

Dscn5769_1280x959
閻魔堂ー音界閻魔

Dscn5770_1280x960
閻魔堂ー音触鬼

Dscn5774_1280x960
「昔初めて来たときは驚いたけど、もう3回目の訪問だから・・・でも面白いよ。怖~い声が聞こえて来るし、暗くするところは半端ないほど真っ暗!危ないような気もするよ。」

餓鬼の針山

Dscn5776_1280x960
精霊橋「揺れて怖かったよ!」

Dscn5783_1280x960
20人まで渡ること可能と書いてあったけど、20人なんて簡単に越えてしまいそうだけど・・・。次回は陽の道 ⇒ 天界 ⇒ 闇の道へ・・・続きます。

« 立山信仰・立山博物館 | トップページ | まんだら遊苑・陽の道 »

上市町・立山町・舟橋村」カテゴリの記事

コメント

こんな施設があったのですね。

まだまだ、勉強が足りませんね

昔は、人を拒むような険しい山を信仰の対象としたんでしょうね。
あまり、パンフレット等では紹介されていない施設のようですね。

R.Ptarmiganさん
この施設は私が結婚する前に奥さんと行きましたので、既に20年以上前からあります。
ある人はブログに大人のテーマーパークと書いていましたが、全くそんなことはありません
是非、出掛けて見て下さい。県の施設としては意外と面白いですよ。

しゅうちゃんさん
この施設は立山曼荼羅(掛け軸式の絵画)に書かれた世界を再現しているそうです。
昔、芦峅寺や岩峅寺にあった宿坊の人達は立山曼荼羅を用いて立山信仰を全国に広めていったそうです
今でも、この地域一帯は立山信仰が残る地区で「語り部」のような方が実際におられます。

一昨年だったかなぁ・・・
雄山神社へ行った後、ここへ行こうかどうしょうか迷って・・・
結局怖いもの見たくなさ(!)に止めました
続き、楽しみにしてます・・・
続き次第では…いやぁ~~やっぱよう行かんかも・・・\(;゚∇゚)/

ばんばさん
このテーマーパークをご存知でしたか、嬉しいです。
恐怖心を誘うように音とかは工夫されていたり、最後の闇の道などは真っ暗で驚かれるかも知れません。
陽の道⇒天界⇒闇の道は写真が撮れませんでしたので・・・ばんばさん、ご主人と出掛けて下さい。
昔は立山登山をする方達の宿坊が沢山あった信仰の地域になります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まんだら遊苑・地界:

« 立山信仰・立山博物館 | トップページ | まんだら遊苑・陽の道 »