2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 遙望館から見えた景色 | トップページ | 昭和ノスタルジック生地 »

2014年5月25日 (日)

越中黒部清水の里・生地

5月24日に黒部市生地『生地まち歩き』をして来ました。生地は黒部川扇状地の伏流水がいたるところで湧き出している町。この湧水を生地では「清水(しょうず)」と呼び、きれいな水を守りながら、水と共に暮らしておられます。生地の町の住民の皆さんの自慢の清水です。

Dscn5934_1280x961

5月25日に『黒部名水マラソン2014』が開催されました。その前日には、シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さんと一緒に生地のまち歩きをする『Qちゃんと一緒に生地の魅力を探Q』のイベントがあって、AM11:30からの抽選で一緒に歩く50名が選ばれると書いてありましたので出掛けて行きました。

Dscn6001_1280x916

希望者の列に並んでいたら、当選者残り10名で自分の番になったけど・・・引いた割り箸にピンクの印はありませんでした。富山市の中心市街地⇒黒部市の生地まで一時間以上掛けて行きましたのに見事ハズレです。でもQちゃんに会いに私よりも遠い県外からの方もいたそうです。(o^-^o)

Qちゃんと一緒に生地まち歩きはできませんでしたが、この日は清水の各町内さんで素麺や冷奴を無料で準備して下さって・・・美味しかったです。

Dscn5985_1280x960

海の駅・生地の『とれたて館』には神秘の富山湾のホタルイカが沢山、今年は食べなかったような気がします。富山市でも市街地に住む私達は、ホタルイカと言いますと茹でられたパック詰めを想像すると思います。・・・続きます。

« 遙望館から見えた景色 | トップページ | 昭和ノスタルジック生地 »

黒部市」カテゴリの記事

コメント

黒部の清水、初めて知りました。
郡上八幡を訪ねた時、町全体で名水を大事にしている様子を見ました。
黒部でも同じようですね。
名水は、湧き出る場所だけでなく、山の維持管理が大事ですからね。

しゅうちゃんさん
黒部の清水は、立山連峰に降った雪や雨が地中を通り、数十年後に湧き出しています。
黒部生地の地上では16ヶ所に清水があり、人々は水と共に生きているが本当の表現です。
この辺りは、何処を掘っても湧水があると思います。

地上と書いたのは、黒部周辺では海の中からも湧いて出ていまして、そこに魚や貴重な生き物が集まっているそうです。神秘の海・富山湾の真実はここにあります。立山連峰3000mから富山湾3000mに続く、標高6000mの途中の僅かな平野に黒部や魚津は位置しております。世界中に、こんな環境の場所は他にないと聞いております。

今年はまだホタルイカ食べていないのですか?
もうシーズンは終わりですね。
私はそこそこ食べましたよ。

SILVIAおじさん さま
以前から生地の清水巡りをしてみたいと思っていましたが、今年は実現したいもの。
高速道が出来て便利さの反面、機会を失うことも多々ですね。
Qちゃん、新潟マラソン(10キロ ハーフ フル)にも例年ゲスト。ランナーとハイタッチしてたでしょう。

おっぺらさん
富山を代表する春の名物のホテルイカですが、嫌いなわけではありませんが数年に一度程度しか食べません。
多分ですが、新湊にお住まいの、おっぺらさんに比べますと魚介類を食べる機会が極端に少ないと思います。
私達、富山市民の家庭ではスパー等で作った惣菜(中食)を食べることが、富山県内のそれ以外の市町村よりも数段多いと思います。砺波の女性が、富山市のスーパーに入ったら、惣菜コーナーの広さと豊富さに驚いたそうです。信じられないでしょうが、近頃はセブンイレブンの“金のおかずシリーズ”が我が家の食卓に並びます。

輝きジィ~ジ様
今年の黒部マラソンからはフルマラソンも実施されました。計8000人の方が黒部を走ったそうです。カーター記念と言わなくなったのが残念です。
富山は北陸新幹線開通を記念したマラソン計画が沢山あるようです。一番大きいのが来年、開催される「富山マラソン」で高岡を出発して新湊大橋を通り、最終は富山市街地にゴールします。何万人規模を予定しているようです。是非、走りにお越しください。

北陸新幹線ですが、先日レールが東京から金沢まで繋がりました。それを記念して富山駅でセレモニーがありましたが、本当に間もなくです。(* ̄ー ̄*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 越中黒部清水の里・生地:

« 遙望館から見えた景色 | トップページ | 昭和ノスタルジック生地 »